当研究所について

日本に生息する冬虫夏草属は500種類以上。N.M.I.自然薬食微生物研究所は、冬虫夏草属の人工培養による実用化に世界で初めて成功し、現在まで250種類以上の培養を可能にしてきました。自然であること、そして安全性と高品質を第一に健康寿命延伸に寄与するため研究を続けています。

歩み

  • 冬虫夏草の研究を開始する

    1967年、親族を白血病で亡くした時、その悔しさが矢萩禮美子の研究の原点となりました。その女性は33歳の若さで同い年でした。幼い娘もおりました。血を分けてやることしか出来ない自分の無力さを知ったといいます。
    一方、病院薬剤師として働く矢萩信夫を介して、がん患者さんが化学合成薬(抗がん剤など)の副作用で苦しんでいる実状を知り、疑問を持つようになっていました。『がん患者さんにとって西洋治療は、かえって治す力を封じ込めてしまっているのではないか』 『人間が本来持ちあわせている治す力を引き出して穏やかに効くものはないか。自然界には必ずあるはず』と、夫、信夫と共に探し始めました。
     免疫力を強め、生涯にわたってそれを維持できれば病気とは無縁で不老長寿が叶います。不老長寿の代表である冬虫夏草の働きに興味を持つようになったのも自然の成り行きでした。

    1990年代 山中で冬虫夏草を探す矢萩夫妻
    1990年代 山中で冬虫夏草を探す矢萩夫妻

     また、人類は、病気と形状の似ているものを薬に使ってきたという歴史があります。胃がんの民間薬として日本で使われてきたサルノコシカケなどは、まるで木の幹にできたしこりのようです。冬虫夏草もそう見えないこともありません。
    ただ、サルノコシカケは植物に寄生するのに対して、冬虫夏草は活発に動きまわる生きものに寄生します。後者の方がより人間に近く、働きも強いのではないかと直感したのです。
     日本でも数百種類(現在は500種類以上が確認されています)が生息することを知りました。すぐに冬虫夏草の大家である清水大典先生に師事し山中を駆けまわりました。しかし、日本でも、空から落とした一本の縫い針を大きな山から探し出すようなもので、希少さに変わりはありませんでした。これでは、動物実験の試料にするなど夢のまた夢でした。

  • 冬虫夏草の人工培養に成功

     それでも目的達成のため、矢萩夫妻は決して諦めることはありませんでした。失敗の連続でしたが、試行錯誤の末、世界で初めて人工培養による量産化に成功しました。1976年のことです。

    人工培養に取り組む矢萩信夫博士
    人工培養に取り組む矢萩信夫博士
  • 冬虫夏草のひとつに抗腫瘍性があることをつきとめる

     ついに動物実験に漕ぎ着け、1977年には冬虫夏草のひとつCY4に強い抗腫瘍性があることを突き止めました。この結果は学会発表後、この年のサイエンス6月号にも掲載されました。

  • 「冬虫夏草の会」を立ち上げる

     1980年、矢萩夫妻は、清水先生、鈴木安夫氏、武田桂三氏、渡部正一氏と共に冬虫夏草の会を立ち上げています。6人で始めた会でしたが、現在は200名を超える大所帯になっています。

  • 東北大学と共同で動物実験を行う

     独自の量産法により実験は飛躍的に進みました。1983年に東北大学と共同で行った動物実験では、CY18に強い抗腫瘍性が見つかっています。

N.M.I.
聞く