冬虫夏草とは

生きた昆虫に寄生する菌

 冬虫夏草とは動物性キノコにつけられた名前です。 学問的には昆虫に寄生するコルジリア菌の総称であり、昆虫に寄生し、キノコに姿を変えて、その身を地上に現します。 虫から生える草のように見えるから、"冬虫夏草"とはうまい名前をつけたものです。古来、中国ではキノコである菌株も植物として草と呼んでいました。

冬虫夏草の歴史

 漢方の故郷である、中国では紀元前2000年、殷の時代より前から冬虫夏草の存在が知られていました。 泰の始皇帝(紀元前259〜紀元前210)や楊貴妃(紀元後719〜756)も不老長寿の秘薬として好んだといいます。 中国の冬虫夏草は、コウモリガの幼虫に寄生したものをいいます。 コウモリガはチベットやネパール、ヒマラヤ山系、四川省などの4000メートル級の高山地帯にしか棲息しない昆虫で、そのため冬虫夏草は非常に貴重なものとされていました。

 1722年、北京で布教活動をしていたイエズス会宣教師がヨーロッパの友人に宛てた手紙の中に「冬虫夏草を買うにはその4倍の重さの銀が要る」と言う記述があります。 当時いかに冬虫夏草が珍重されていたかを知る資料といえるでしょう。

 このように中国では古くから知られていた冬虫夏草ですが、日本での歴史は浅く、文献に登場するのは1723年、青木昆陽著「続昆陽漫録補」で紹介されたのが最初とされています。 その後、冬虫夏草といえば中国からの輸入品。 しかも、滋養強壮のための漢方薬と考えられた時代が長く続きました。 僅かながら、日本にも冬虫夏草の仲間が自生しているのが分かったのは、冬虫夏草の歴史全体から見れば、ごく最近と言ってよいでしょう。

 昆虫に寄生する動物性キノコという広い意味での冬虫夏草は、日本で350種類(2019年現在、500種類)以上発見されています。 自然薬食微生物研究所は、世界的に見てもまだ数の少ない冬虫夏草の研究機関。 昭和42年(1967年)から、この不思議な生態を持つキノコの研究を続けています。 当時は冬虫夏草の科学的研究者はほぼ皆無に等しい状況でしたが、私たちが研究を開始して40年以上(2018年現在 50年の半世紀)経った今、大学でもその成分の詳細な研究がされ、価値は大きく変わってきています。

冬虫夏草は特定の虫を生きたまま乗っ取るキノコ

 日本冬虫夏草は、生きた虫の体に寄生して生えるキノコです。また、虫なら何でもいいというわけでもありません。

N.M.I.
聞く