臨床試験

[1995年6月] 『日本冬虫夏草の人工栽培および動物実験による薬理解明と癌闘病者に対する臨床調査』

1995(平7)6月・日本東洋医学会学術総会(金沢市)
伊丹仁朗(岡山・柴田病院)広瀬薫(千葉・香澄診療所)他

000028-a.jpg 1994年10月〜1995年2月にかけて臨床調査を行った。ハナサナギタケを主体とした日本冬虫夏草培養液抽出物数種類を1ヶ月以上服用した全国のガン患者約300名のうち、症状が改善、あるいは改善された可能性のある98名に調査を依頼した。協力に応じたのは22名。その22名中、X線やCT 撮影などで患部の縮小などの客観的なデータを提供してくれたのが7名。その7名はいずれも転移が進んだ末期ガンであった。

 以下臨床調査データを報告する。
(資料提供:(株)エフェクト)

調査に応じた22名について(X線、CT等客観的データ提供者7名を含む)
      
○22名中、ガンの進行状況
・ステージⅡ...2名
・ステージⅢ...3名
・ステージⅣ(末期ガン)...17名

○22名中、ハナサナギタケ抽出液の治療症例
・改善した...6名
・著明に改善した...10名
・悪化した...6名

○ハナサナギタケ抽出液使用以前の治療について
・主な治療をしていなかった...6名
・化学療法(抗ガン剤)を行っていた...10名
・放射線治療を行っていた...2名
・化学療法と放射線治療を併用した...4名

○この22名は化学療法、放射線治療を打ち切りハナサナギタケ抽出液の治療に専念することになった。その後の生活について調査を行った。
・家事、軽作業(勤務者も含む)可能...12名
・身の回りができる...1名
・日常看護を要する...3名
・日常寝ている...2名
・死亡...4名

また、X線、CT等客観的データ提供者である7名の末期ガンの症例を報告する。

(症例1)卵巣ガン(Malignant teratoma)O.K 21歳・女性
93年9月右附属器摘出手術、すでに腹膜、膀胱転移を指摘された。化学療法は無効との診断で、在宅治療中。同9月中旬より本培養液服用を開始、現在も継続中。現在は全身状態良好で、家事・軽作業ができ、画像診断上癌腫増大や転移所見なし。

(症例2)腎臓ガン(Renal cell Carcinoma、下大静脈にも癌腫塞栓)I.S 47歳・男性
93年1月右腎摘出、下大静脈の癌腫は残存。術後α-IFN600万U14回注射。同2月より本培養液服用を始め、現在も継続。下大静脈の癌腫塞栓が縮小し、95年2月のCTではほぼ消失。全身状態良好で普通の生活。

(症例3)非ホジキン型悪性リンパ腫(Diffuse Large cell type)A.Y 36歳・男性
93年7月頸部リンパ腺腫で発症、両肺内にも病巣を認め専門医に、予後不良で余命数ヶ月といわれる。放射線治療・化学療法を受けるも、全身状態不良となる。94年6月より本培養液単独服用開始。同9月頃には全身状態改善、両肺の病巣もCT上消失。同11月職場復帰。

(症例4)喉頭ガン、両肺転移(Squamous cell carclnoma)M.M 50歳・男性
93年3月、頸部リンパ腺腫大にて発症、放射線療法後同7月に喉頭ガン並びリンパ腺摘出手術、化学療法、94年11月両肺計2カ所の転移、同時点より本培養液単独服用療法を開始。全身状態の改善と共に両肺転移巣縮小(6ヶ月間で右直径2.3→1.0cmへ、左 1.5→0.8cmへ)を認めている。

(症例5)胃ガン、ガン性腹膜炎(Signet ring cell carcinoma)A.M 31歳・男性
94年8月腹水で発症、試験開腹にて腸間膜、後腹膜に転移、多量のガン性腹水を認めた。以後在宅生活で、UFT、MMCと並行して本培養液を同9月より現在まで服用中。全身状態良好で、通常の日常生活をしている。

(症例6)スキルス胃ガン、ガン性腹膜炎 K.S 65歳・女性
93年8月腹痛にて発症、手術不能で短期間化学療法剤の点滴。IVHと並行して、本培養液を同12月より投与。在宅での小康状態が続いたが、94年11月再入院、94年12月永眠。主治医は延命効果を認めている。

(症例7)胃ガン、肝転移(Undifferenclated adeno carcinoma)I.Y 41歳・男性(95年4月以降も継続調査)
94年11月胃部不快で発症。同12月生検で未分化ガン(ガン細胞)を確認、手術不能と診断。95年1月より化学療法剤の点滴、経口投与を行うが、すぐに打ち切りに。同時点より本培養液を現在まで服用中。95年2月までは変化が見られなかったが、4月のUGI 検査で潰瘍性隆起性病変の縮小傾向が見られ、その後、2ヶ所から細胞を取り生検するがガン細胞が見つからず、悪性所見なしと見なされた。CT上多発性肝内転移の最大径の部分も3cm→1.8cmと縮小。その後CT画像にて腫瘍消失を確認している。仕事、生活とも発病前と同じ普通通りの生活を過ごしている。(※I.Yさんからお借りした資料等をご覧になりたい方はお問い合せください)

以上の臨床結果は1995年6月の日本東洋医学会にて伊丹仁朗医師が発表した。
また同年9月15日、アメリカ、ワシントン市のNIH(国立衛生研究所)内に3年前に発足したAOM(代替療法調査部)に公式訪問し、矢萩禮美子が発表した。
 AOMはNCI(国立ガン研究所)と協力し、世界中からガンの代替療法を探し、臨床実験を始めている段階だった。


000028-b.jpg日本東洋医学会での発表後、NIHに公式訪問し研究発表をする矢萩禮美子
(左)NIH(国立衛生研究所)日本担当部長ロバート・ケネラー博士
(中央)NCI(国立ガン研究所)主任マリィ・マッキャーベ博士