腎結石・尿路結石・尿道結石

山内正徳さん(1998年当時仙台ホテル・梅華園料理長)の場合

  ※腎結石のお話は後半にございます。

000054-a.jpg

 「身内の中から次々とがんになる人が出始めたのは、1995年頃からでした。最初は母親のS字結腸がんでした。次に妹で子宮がん。それから父の尿道・膀胱がんと続きました。私は、何かしてあげれることはないかと思い、当時東北大学で生薬の研究をしておられた近藤嘉和先生のもとを訪ねました。

すると、日本冬虫夏草の話をしてくださいました。日本冬虫夏草の研究は、まだ誰もやっていない分野で、先生はその先駆者でした。 

半分の時間で退院

 私は、腫瘍の臓器圧迫や排泄障害を解消するための手術はやむを得ないと思っていましたが、抗がん剤に対しては賛同できませんでした。それで主治医に掛け合って、家族には抗がん剤を使わないという約束を取り付けたのです。

手術の前から日本冬虫夏草を飲んでもらって、3人に共通したことは、『普通 の人の約半分の時間で退院できるもんだな』ということでした。

なにしろ術後の感染症に悩まされることもなく、手術の傷も早くきれいに塞がりましたからね。すっかり健康を取り戻し、再発もなく、母は今年で7年。妹と父は5年目を迎えています。日本冬虫夏草は続けていますが、風邪を引くこともなくなって、がんになる前より元気になったようです。皆、私よりずっと元気じゃないですか?(笑)母や妹は少し太りました。

 

料理人仲間の家族に心臓膜腫瘍と胆のうポリープ

 それから時期を同じくして、料理人仲間の奥さんが、心臓膜に良性の腫瘍が見つかったとの知らせが入りました。自覚症状が全く無く、気付かないでいたそうですが、実はそれは子どもの頃からあって、加齢とともに大きくなる性質のものらしいです。その時点で子どもの握り拳の大きさにまで成長し、心臓を圧迫し始めていました。

たまたま風邪をひいて、胸のレントゲン撮影をしたため発見されたのだそうです。摘出手術の後から私のすすめで日本冬虫夏草を飲んでもらいました。

この話には後日談があります。退院の際に検査をしたら、今度は胆のうにポリープが見つかったそうです。でもそのままにして日本冬虫夏草を続け、1年後に調べたら小さくなっちゃってて、主治医から『もう心配はないよ』と言われたというのです。手術から今年で6年目。50歳を迎えられましたがなお元気で、第一線でバリバリと仕事をされています。やはり風邪をひくこともなくなったそうです。

 

腎臓結石との付き合い

 一方、その頃の私はというと40歳を越えたぐらいで、持病の腎臓結石の症状が出始めていました。結石のために2度の入退院を経験していますが、この痛みはなった人にしか分からない。とにかく頻繁にやってくるこの痛みに、自分のことも何とかしなくてはいけないなと思い始めていました」

DK192_L.jpg

 腎尿管結石の原因は血液の汚れといわれています。この病気でいちばんの問題は激しい痛みです。シュウ酸カルシウム、リン酸カルシウム、マグネシウムアンモニウムリン酸塩、尿酸、シスチンなどが腎で結晶化し、大きいものだと尿管にひっかかり激しい痛みにおそわれるのです。山内さんは、このために何度か病院に運ばれたことがあるといいます。(以下、山内氏談)

 「初めの発作は1997年のことで、明け方、目が覚めました。普通 、痛みって弱くなったり強くなったり、波がありますでしょ。でもこれは、どんどん一方的に増していくだけ。いつか治まるだろうなんて余裕はないの。

脂汗が出て、うなって、救急車を呼ぼうと思ったけど、マンションに住んでいることもあって、静かにタクシーを呼び、病院まで運んでもらいました。この時は薬剤投与ですぐに石は落ちたんです。

腎臓結石、ストーンと落ちる

 2回目の発作はそれから1年後のことでした。入院して同様の治療を受けて。でも今度は2週間しても石は落ちてこない。そこで最終的に衝撃波を当てて石を砕いて落としたんです。この病気で入院してる人の中には銀行員もいましたし、結婚式を間近に控えた若い女性もいて様々でした。『どんな人でもなる病気なんだなぁ』と思いました。

発作の度に入院していては仕事にならないし、何か打つ手はないかと考えました。日本に生息する冬虫夏草は500種類以上といわれています。両親と妹が飲んでいる日本冬虫夏草の種類ではなく、別の種類を試すことにしたんです。毎日170ccぐらい飲みました。

ある時、腰痛があって『あっ石が動き出したな』と分かりました。10日ぐらいしてから、飲む量を倍以上に増やして集中的に飲むと、3日目に赤い血が出てきました。もう少しだなと思ってコップ2杯の水を飲んでその時を待ちました。

いよいよとなり、トイレに行くと、米粒大の四角の角張った石がポロリところがり出たんです。見ると以前、病院の治療で排石されたものより大きいじゃないですか。それなのにあの耐え難い激痛は一切無く、普段どおり仕事をしていたわけですから、『こんな不思議なこともあるもんだ』と狐につままれたようでした。

そして昨年。再び米粒よりやや小さい石が同じように自然排石されました。それだったらと結石で悩んでいる前出の料理人仲間に、同様のものを勧めてみました。すると、やはり目立った痛みが無く自然排石されて。『いつも病院に行くしかなかったのに、こんなことは初めてだ』と驚いていました。

 

 日常的には誰でも、小さな結晶は気づかないうちに自然排泄されているものですが、大きな結晶にまで成長させてしまう人がいます。私にとってこういう結晶は1年に1回のペースで動き出し、落ちてくるようです。母のがんに始まり、妹、父のがん。そして私の結石と続きましたが、皆無事に元気に過ごしています。これからも日本冬虫夏草等と付き合っていくつもりでいます」

朝日ウィル(北燈社)2001年4月10日号より

000054-b.jpg 仙台ホテルで「山内料理長の究極爆蒸美食」会が催されました。山内さんの本格中国料理の技の数々に感動しました。

その中に「山海珍味壺蒸」というスープがありました。冬虫夏草、鹿の角、朝鮮人参、フカヒレ、乾し貝柱、あわび、なまこ等が入っていて美味で絶品。おかわりを何杯もしました。その晩は眠らなくても平気なほど元気で、朝まで仕事をしていたくらいです。

その元気は24時間保ちました。24時間目にプツリと切れたのがわかりました。

 日韓ワールドカップでは、韓国チームが最後の最後まで体力が落ちることなくねばりを出して勝ち進んでいます。選手達は毎日冬虫夏草と朝鮮人参を食べていると聞きました。やっぱりと思いました。日本チームにこのスープを飲ませてあげたいという思いにかられました。

2002年6月24日

 山内さんのお母様は再発もなく元気に9年目、お父様と妹さんも再発なく元気に7年目を迎えました。日本冬虫夏草は現在も続けているということです。

2003年12月6日

父の晩年について

 2008年のこと。母は手術から13年、妹と父は11年、再発なく元気に過ごし、克服し、がんとは縁が切れたと思っていたころ、父の腎臓にがんが見つかり、片腎を摘出する手術を受けました。

それより3年前、2005年から心臓にステントを4本入れる手術をし、心筋梗塞の薬を服用し続けていました。

そして、2010年に尿道にがんが見つかった時、私は『今度も悪いところを手術で取って長生きしてもらいたい』と思っていましたが、当の本人は『手術はもう結構』と拒んだのです。

振り返れば、病院嫌い・医者嫌い・検査嫌い・薬嫌いの父が『よくここまで頑張ってきたもんだ』とつくづく思いました。『自分の人生の幕引きは、自分で決めて思った通りにやる』という父の希望をかなえようと思いました。父の尊厳を第一に考えようと思ったのです。

家を建て替え、晩年を新しい快適な住まいで過ごさせることができました。父は、痛みが出るようになると麻薬系の鎮痛剤の使用を選択し、安らかに84年の生涯を閉じました。

その後の皆の様子

 一方、母はがんの手術から25年、妹は23年、再発なく元気に過ごしています。母は90歳になりました。

EZ146_L.jpg食が細くなったための栄養補給と腰痛予防を兼ねる、私が考案した特別なゼリーと羊羹を毎日食べています。

ゼリーのレシピは、『ノンシュガーの甘酒・日本冬虫夏草・コンドロイチン末・グルコサミン末・朝鮮人参・ゼラチン』です。

また、アレンジに『コンドロイチン・グルコサミン・かぼちゃ・さつまいも』もあります。

羊羹のレシピは、『かぼちゃ・ココナッツミルク・ゼラチン』です。いずれも冷凍保存したものを解凍して食べます。

腎結石の発作を繰り返していた私と料理人仲間は、結石で病院にかかることはなくなりました。彼の奥さんも元気にしています」

2020年10月17日のお話より

坂梨健吾さん(大学教授 仮名)の場合

 「2016年5月中旬のことでした。午5時半ごろ、大学の研究室で仕事をしていると、腹部右下に、今まで経験したことがない激痛が急に走りました。椅子に座っているのもままならず、ソファーに横になっていました。

治まらない激痛、額からは脂汗。救急車を呼ぼうかと迷ったのですが、大学に救急車を呼ぶのもためらわれ、しばらく横たわっていました。2時間ぐらいで痛みも治まり、何とか家に帰ることができました。それから、右下腹部に多少の違和感と軽微な痛み、そして、右足に多少のしびれがありました。

JG127_350A_SP0000.jpg

 友人の内科医のところに行き、腎臓のエコーなどをしてもらいました。若干の腫れが認められるが、特段の異常は無いので、痛み止めだけもらいました。日常生活には支障はなかったので、そのままにしていました。

すると、再び、外出先での激痛。痛む場所が右腹部から右の背中、足まで広がっていました。2時間ぐらい痛みに耐えていると、何とか車が運転できるぐらいに治まりました。その夜は血尿も出ました。赤ワインの飲みすぎかと思ったぐらいの色でした。こうなると、恐ろしい病気ではないか、痛みがまた来るのではないかという不安が襲ってきます。

 

腎結石・尿管結石。水を飲んで出すしかないのか!

 次の日、内科医のところに行くと、尿路結石かもしれないので、泌尿器科を紹介してくれました。泌尿器科でレントゲンとCTをとって詳細に診てもらうと、腎臓と尿管に結石がいくつかあるとのことでした。『手術するには小さすぎる。水をたくさん飲んで、出すしかない』と言われました。『出るときは痛いですが、死ぬことはないので・・』とのことでした。また、背中や足の痛みは、腎結石の放散痛との診断結果に安堵した半面、また痛みが来るという不安、他に方法はないのかという思いでした。

 そんな時、日本冬虫夏草のことを知りました。友人の医者に聞いてみましたが、『がん患者が飲むことは聞いたことがあるが、医学的な働きはよく分からない』とのことでした。

HB014_L.jpg

 

医学・臨床心理学には、『プラセボ効果』というものがあります。『これを飲めば治ると信じていると、心理的に作用して、病気が治ることもある』というものです。それに期待することにしました。

最初は、山内正徳さんが使用した種類を、毎日3回飲みました。不思議なことに、1週間ぐらいから腹部や右足・背中の痛みが無くなりました。血尿も無く、尿の量も多くなりました。さらに、病気の不安が無くなったお陰か、身体的・精神的にも元気になり、仕事もはかどるようになりました。

 

 

 

腎結石・尿管結石が消えた。

 途中から、異なる日本冬虫夏草の種類も追加して飲み続け、2か月経った頃。痛みは無くなりましたが、休めない大事な仕事が続くため、泌尿器科で再度検査を受けました。医師は『石が消えていますねぇ。流れたようです』と少し驚きの様子でした。私も驚きました。石が流れるときは痛みがあると思っていたのですが、痛みは全くなかったのです。石が小さくなり流れたようです。プラセボ効果だけではないと思います。

日本冬虫夏草等を飲み始めてから不思議と一度も激痛は無いのです。右の腎臓の腫れも無くなりました。友人の内科医も驚いています」

2017年3月27日に届いたお手紙より

 

小林祥子さんの場合

 花粉症は中盤。腎結石のお話は末尾にございます。

 「2008年9月12日に子宮がん検診を受けました。結果は異常なし。気になっていた生理不順も自分の中で『更年期のせいかな』と片付けていました。この時、1年間の予定で休職にも入っています。

 翌年2009年5月。生理が2か月ぶりにやってきたのですが、普段とは違っていました。出血が1か月経っても一向に止まらないのです。これは何かが起きているなと思い病院で調べてもらうことにしました。GK056_L.jpg

検査したのは6月25日。病院では『後日、結果を報告します』ということで、その日はホルモン剤と鉄剤を受け取って帰りました。実は30年前に遡りますが、ホルモン剤を注射して具合が悪くなり倒れた経験があったのです。そこで鉄剤だけの服用にとどめておくことにしました。
  
このことを薬剤師をしている友人にも相談しています。彼女は私の症状を聞き、まだ結果が出てないにしろ、すぐにでもなにか対処したほうがいいと考えてくれたようです。その時、日本冬虫夏草の話が出ました。子宮筋腫にしろ、子宮がんにしろ、自然に治った人が日本冬虫夏草を飲んでたのを知っているというのです。

私も6月30日から日本冬虫夏草を飲み始めました。翌日『元気だな』と感じました。明らかに前日と体調が違います。それから一週間して、過日の結果を聞きに行くと『子宮壁が厚くなっています。子宮体にポリープも見つかりました。これががんに変化していく可能性があるので経過を観察していきましょう。3か月に一度検査に来て下さい』と言われました。

 

 実家の母に報告すると『悪い方に考えたら悪くなるから良い方に考えたらいいのよ』という言葉が返ってきました。母はとてもポジティブな人間です。子育てで迷っていた時も『いい子いい子と言って育てればいいのよ』といった調子。今になってそれは間違いではなかったと実感しています。この度も、『病気のことをくよくよ考えるのはよそう、忘れて過ごそう』と決めました。

そうしてるうちにいつの間にか出血が止まっていったのです。

 

 9月に入ると予定通り職場に復帰しました。GK056_L_2.jpg仕事は事務のデスクワーク。9時~5時のフルタイムで働きます。当初『病気を抱えてるし、久々の職場で体が慣れるまでしんどいだろうな』と思っていました。ところが、一日が終わる頃に全く疲れを感じないのです。元気なままなのです。しばらくして仕事量が増えてきてもそれは変わりませんでした。以前働いてた時もこのような感覚はありませんでした。

 10月に入ると息子の通う中学校で新型インフルエンザが流行し、学級閉鎖という事態になりました。息子も感染し、症状が出て寝込みました。ところがたちどころに回復していったのです。息子は日本冬虫夏草を350ccは飲んだと思います。私は、息子を隔離することなく、咳をされてもマスクもせず普段通り接してたのですが、発症することなく済みました。何事もなかったかのようにこの危機が通り過ぎて行ってくれました。

 そんな諸事情があって、10月は検査のタイミングを逃し、4か月の月日が流れていました。でも『早く病院に行かなくては』とあせる気持ちはなくて、『こんなに元気なんだし、生理も正常に戻ったし、自分は大丈夫』という自信のようなものがあったのです。

 

ポリープ消失。手術必要なし。

 当初の『手術と言われたらどうしよう』という心細さは無くなり、同行をお願いした薬剤師の友人にも頼ることなく、11月7日にスケジュールの都合が付き、一人で病院に行きました。検査後、医師から『子宮体にあるポリープが消えて子宮壁の厚さが正常に戻っています。きれいになっていますよ。3か月に一度の検査にはもう来なくていいですよ』と告げられました。予想はしてたものの正直びっくりしました。

 病気の原因は何だったのかなと振り返ると、人間関係のストレスが大きかったのではと思います。くよくよ考えずに忘れること。考えるときは物事を良い方向で考えるよう心のコントロールをすること。それらが功を奏したのではと思います。それと日本冬虫夏草を飲んだことぐらいしか思い当たる節がありません。日本冬虫夏草は量を減らして現在も続けています。

 この頃は肌の調子も良く、顔がつるつるで柔らかくなった気がします。馴染みの化粧品屋さんを訪ねた際、機械で肌診断をしてもらったら『以前より弾力が増しましたね』と言われました。若返ったということでしょうか。女性にとっては何より嬉しいことです」

2010年2月1日のお話より

 

花粉症から解放された。

 「毎年、スギ花粉が飛散する頃になると鼻水やのどのゴロゴロ、涙や目のかゆみに悩まされてきました。花粉症との付き合いは20年間にも及びます。今年も薬をいただき、心の準備をしながら待ち構えておりました。花粉は2月の中旬から飛び始めたと思います。
 ところがこの度は、目のゴロゴロを感じるぐらいで他に何も症状が出ないのです。あんなに苦しんでいたのがウソのようにピタリと治まっているのです。薬も飲まず仕舞いです。身近に花粉症の方が結構おりまして、皆さん症状がひどいようですから、私も確実に花粉を浴びているはずです。
 子宮ポリープと一緒に花粉症も治ってしまいました。何かやったかと尋ねられれば、日本冬虫夏草を続けてることぐらいです」

2010年2月29日のお話より

 

【経緯】

2008年 9月 1年の休職に入る。生理不順有り。
  9月12日 子宮体がん子宮頸がんの検診。異常なし。
2009年 5月

2か月ぶりの生理。出血が止まらない。

  6月25日

出血が1か月経っても止まらず病院で検査。結果は後日とのこと。

  6月30日 日本冬虫夏草を飲み始める。
  7月7日 6月25日の検査結果を聞きに行く。子宮壁が厚くなり、子宮体にポリープ見つかる。これががんに変化する可能性有り。3か月に一度経過を観察することに。
  9月 職場に復帰も疲れ知らずで元気なのが不思議。
  10月 息子が新型インフルエンザに感染、発症するが自身は無事。
  11月7日 4か月以上経っての検査。ポリープは消え、子宮壁の厚さも正常。きれいになっている。
2010年 2月1日 肌が若返る。
  2月29日 20年間悩み続けた花粉症がピタリと治まった。

 

 「現在、休職していまして、自宅でのんびりと過ごしております。あれから再発とも無縁で元気にしております」

2012年5月28日のお話より

 

腎結石が再発。前回のような苦痛は無く。

 「2007年に腎結石を経験しました。痛みを表現するとしたら、死ぬほどの痛み。痛み止めを処方されたものの治療は無くて、先生から『水を飲んで治しましょう』と言われ、そうやって治まりました。自然排泄されたのだと思います。『5年後に再発の可能性あるよ』とクギを刺されたのを覚えています。

 HS185_L_SP0000.jpg それからまさに5年後、2012年10月。会社の人間ドックで再び結石が見つかりました。自覚症状は全くありませんでした。ですからほったらかしにしていたのです。痛みが出たのはクリスマスの夜中。病院で調べると尿管にある結石は1㎝以上の大きさで、腎臓内にも複数見つかりました。

衝撃波を当てて破砕する方法を提案されましたが、年末年始は予約でいっぱい。2013年1月4日に何とか予約をすべり込ませました。

日本冬虫夏草はしばらく休んでいました。山内正徳さんが使用した種類を飲み始めたのは12月31日からです。破砕治療に備えようと思ったのです。この間、痛み止めの座薬を使ったのは2回だったでしょうか?

 2013年1月4日。45分で2000発の衝撃波を照射して尿管の結石を砕きました。この治療は、輪ゴムで軽くはじかれるような皮膚感覚があるだけです。腎内の結石には当てていません。直後に血尿が出ますが、3回ほどトイレに行った後は正常に戻ってました。5年前は確認できなかったのを反省して、おしっこをビーカーに採って観察することにしました。最初薄っぺらな結晶が現れてから粉状のものが出てくるようになりました。排泄する際、出口でピリッとする痛みがあったのも最初だけです。振り返ると2007年のような耐え難い苦痛は皆無でした。以前より石のサイズが大きかったにもかかわらずです。

破砕治療は1回で終了ではなく、次の予定もありましたが、レントゲンで確認すると全て排泄されたということで1回で済みました。そして腎臓内にあった結石まで消えていたのです。予想外のことでした。

 その頃、主人が会社を早退して帰ってきたことがありました。熱を測ると39度を超えています。すぐさま安静にさせ、自分が飲んでいたものを飲ませました。翌日には病院に行き、インフルエンザの診断を受けるのですが、この時すでに平熱に戻って元気になっていたのです。考えられない程の急回復でした。

 私は比較的日中トイレに行かない方ですし、水分もあまり摂らない方だと思います。この頃は再発のないように生活改善に努めております」

2013年4月12日のお話より

 

【あとがき】
病気になったとき、本人や家族がかかえる不安と動揺ははかり知れません。できることなら静かな気持ちでより良い治療を選択し、原因をつきとめ、生活改善にも取り組んでほしい。そのためには、同じ病気になった人はどのような医療を受け、どのような経緯を辿るのかをよく知ることが前提となるはずです。そのような思いから、自らの経験が役立つのならと貴重な情報を寄せてくださった方々です。
実名とポートレート(ご自身の写真)、尚且つ実物の検査データや画像を添えて公開して下さった方、苗字を除き名前(実名)だけの方、また仮名の方など、体験者の意向を尊重しております。

特定の治療を推奨したり、特定の治療を否定するものではございません。
体験談の虚偽記載は一切ございません。