貧血・抗がん剤による貧血・スポーツ貧血

冬虫夏草や自然療法、代替療法にご興味のある方々です。

森朱里さん(アスリート)の場合

 

 がん患者さんの多くが抗がん剤の副作用で辛い思いをしていた頃、そのダメージからいかにして体を立て直せるか探っておりました。各地を旅して回り、中国で造血機能活性植物のヒントを得たのは1995年のことでした。そして、その頃スポーツ貧血という聞きなれない言葉を耳にしました。

___________________________________________________________________________

 一流の選手になればなるほど、貧血の頻度が高くなるそうで、その原因として

  ①運動により、足底の赤血球が踏み潰されて赤血球減少が起こること。

  ②食事制限のために赤血球をつくる材料であるタンパク質や鉄分が不足するこ
   と。

  ③筋肉合成のためにタンパク質が大量消費され、発汗によって鉄分の大量 流出
   が起こり、再び不足に陥ること。

  ④激しい運動による尿中への出血。

などがあるそうです。
筋肉は赤血球の運ぶ酸素によって動かされますから、これらの原因で赤血球が減り、筋肉に酸素が届かなければ運動能力が低下します。それがそのまま記録に響いてくるわけです。

____________________________________________________________________________

 国体選手である宮城県在住の森朱里さん(24歳、2000年当時)は、長いことスポーツ貧血に悩まされていました。高校生の時からめまいや立ちくらみが頻繁にあり、鉄剤を服用していimg021 - コピー_SP0001.jpgましたが、目に見える改善はみられなかったといいます。

 97年4月から鉄剤と共に日本冬虫夏草と落花生種皮抽出物を使用しました。食事にも気を付けるようにしました。その日何を食べたか書き出しておくと、何が不足しているのかが見えてきたといいます。そして半年が経ち、9月に入ると変化が出てきました。その頃は10000m走の種目に出場していました。

 

 

「今までの試合ではヘロヘロの状態でゴールするのが常でしたが、ゴール間近でもスタミナが残っており、踏ん張りがきいてここぞという時に力が出せるようになりました。自己ベストが出ました」と嬉しい報告が入ります。「心と体は一体で、スタミナが無いとあきらめの気持ちが先に生まれてしまい、心が弱くなって、勝負どころで負けてしまうのです。ところがスタミナに余裕ができると気持ちも強くなり、勝負に挑んでいけることが分かりました」

 その後、彼女は山岳競技に転向し、98年の国体では8位 、99年の国体では5位の成績を収めています。 あれからめまいや立ちくらみからも解されていて、今年はさらに上位 を狙っていくそうです。今後も日本冬虫夏草と落花生種皮抽出物を継続していくそうです。

 

朝日ウィル(北燈社)2000年8月22日号より 

 

img020_SP0001.jpg 

        国体優勝!       

 2001年の国体で、ついに努力が実り、優勝に輝きました。左上写真はNHK放送局のインタビューに答える森選手。右写真は登はん競技(ロッククライミング)中の森選手。国体の山岳競技とは1チーム3人の、縦走・登はん・踏査(とうさ)の3種目の合計得点で競い、チームの順位が決まります。チーム3名中一人必ず2種目の出場が義務づけられます。チーム中一人でも力を抜けば優勝はできません。競技の内容もさることながら、プレッシャーのかかる厳しい競技です。

2001年10月17日

 

_______________________________________________________________________________

 

 その後を取材しました。

 「仕事でもプライベートでもスポーツに関わって暮らしています。プライベートでは、月に1~2回のペースで各地のマラソン大会に参加しています。常に大会に出るという目標を立て、それを目指し、張り合いを持って暮らしていきたいのです。img022_SP0001.JPGこの前は梅の里マラソン(山形県 真室川町)に参加しました。ここでは親子マラソンに出場しました。その時の様子が町の広報に掲載されています。(右写真 先頭を行く母子)二人で同じ706のゼッケンを付けています。6月にはサクランボマラソン(東根市参加者約1万人)で走る予定です。20kmのハーフを完走したいと思います。

現在は貧血も無くなりすこぶる元気にしております。

 一昨年は羽黒山石段マラソン全国大会(一般の部30歳以上49歳以下 女子2部)で2位の成績を収めております」

羽黒山石段マラソンは、修験の山の2,445段の石段を一気に駆け上る極めて過酷な競技です。まさに修行。さすが山岳競技で鍛えた健脚ですね。加えて、さくらマラソン(温海町 30代女子10km)では1位。梅の里マラソン(真室川町 一般女子5km)でも1位の成績だったそうです。素晴らしいです。

2010年5月30のお話より

 

 「2010年12月5日、いわぬまエアポートマラソンに親子で参加し、息子は未就学の200mで147人注18位。私はハーフマラソンで141人中10位の成績でした」
                                  2010年12月13日のお手紙より

 

 「羽黒山石段マラソン全国大会で2位の成績でした」  2011年9月22日のお話より

 

 「2011年10月16日、羽黒山石段マラソン全国大会(一般の部30歳以上49歳以下 女子2部)でついに1位の成績を収めました」        2012年7月27日のお話より

 ___________________________________________________________________________

  「2012年秋。酒田シティハーフマラソン(一般女子10㎞ クラス10)での優勝を目標に上げていました。久しぶりに、日本冬虫夏草と落花生種子抽出物を1ヵ月余りの間、集中して飲んでみようと思いました。2012年9月28日から飲み始めました。フルタイムで仕事をしてますので、練習時間のやりくりには本当に苦労します。加えて出張もこなさなくてはなりません。10月中旬には岐阜で開催された全国障害者スポーツ大会にコーチとして参加しました。責任を課せられる仕事と、朝4時起床のタイトなスケジュール。『はたして、体力的に持つのだろうか?』と不安がよぎりました。しかし終わってみると以外でした。疲労感が全くないのです。そして一日の休日もなく大会当日にに突入しました。

 2012年11月4日。酒田シティハーフマラソンの朝。がっかりすることが起こりました。のどに痛みがあり、鼻水も止まらないのです。『やっぱり無理をしたかな?』とここ1ヵ月を振り返りました。スタート地点に立った時、『IMG_3894_SP0000-1.jpg今日の優勝はないな』とあきらめの気持ちでいっぱいでした。

 ピストルの音が鳴り、沈んだ気持ちで駆け出しました。すると、思いもかけない現象が起こったのです。どんどん身体が軽くなっていくではありませんか。するすると調子が上がっていくのです。そして、そのままゴールまで駆け抜け、気付いたら一位で入っていました。高校生から39歳までの女子46名がエントリーしていました。目標を達成することが出来ました」

                                                                                     2012年11月4日のご報告より

 まさに有言実行ですね。素晴らしいです。

 

  

 

 

 「年末は合宿や練習会で指導者として忙しく過ごしております。年明け1月17日の全国都道府県対抗女子駅伝に向けての準備です。当日は山形県チームのコーチのひとりとして同行いたします」

2015年12月12日のお話より

 

IMG_1738_SP0000.jpg

2016年全国都道府県対抗女子駅伝の模様

 

 

 

 

 

IMG_1739_SP0000.jpg

 

 

佐々木由美さん(1998年当時14才・仮名)の場合

000092-a.jpg 温暖な千葉県には珍しくドカ雪が降った1998年の冬のこと。中学校に通う佐々木由美さん(14歳・仮名)は、生理出血が止まらなかったため、病院で検査を受けることになりました。すると止血の役目をする血小板が2千(正常値13万/mm3~35万/mm3)まで減少しており、急性骨髄性白血病と診断されました。

 赤血球、白血球、血小板を作る工場として骨髄がありますが、造血幹細胞を原料にして、これらの血液細胞を生産しています。しかし、ウイルスや放射線、抗ガン剤などの発ガン性を持つ薬物などが体内に入ってくると、生産ラインに故障が生じて、まともな製品が作り出せなくなり、工場の内外が不良品であふれかえってしまいます。かといって迅速に工場をストップさせることもできない。それがこの病気で、不良品のことを白血病細胞と呼んでいます。

このように血液細胞のバランスが崩れるために、白血病の判断材料の一つとして末梢血中の白血球数が1万/mm3以上、(白血球が減る場合もあります)赤血球中の血色素量が10g/dl以下、血小板が10万/mm3以下という数値が目安になります。

 由美さんは発病の直前に、インフルエンザに感染し、寝込むという経緯がありました。積雪や厳しい寒さに慣れていない土地柄もあったのでしょうか、中学では防寒着なしで雪はきをさせられたり、一部の生徒の責任問題で教室の暖房を丸一日切られたこともありました。運動部での厳しい練習に耐えるなど肉体的ストレスもあり、免疫力が弱っていたのでしょう。インフルエンザは1週間で治りますが、その間抗生剤と解熱鎮痛剤の使用がありました。

 すぐに入院が決まり、第1回の抗ガン剤を投与するまで4、5日ありました。その間、日本冬虫夏草を飲みました。すると1万6千あった白血球が1万2千まで減ったので、母親の洋子さんはこのまま様子をみようかと思ったそうですが、病院の治療と縁を切る勇気はなかったそうです。

 治療は、抗ガン剤で不良品の白血病細胞を壊し、工場自体も空っぽにしていくという方法です。その後、正常な細胞が生まれるのを待ち、再び抗ガン剤で空っぽにするのを約8回ほど繰り返します。この治療は約1年の行程になります。場合によっては骨髄移植もありますが、体とそりが合わず受け入れてもらえないため、拒絶反応に苦しむことも少なくありません。これらの治療は、抗ガン剤の副作用で食事がとれずに体重が減少し、治療が終わってようやく食欲が出始める頃に次の治療に入るわけで、太る暇がありません。1年後には骨と皮ばかりになって、退院しても体力的に学業についていけないのが現状だそうです。

母親の洋子さんは周りを見渡したとき、医療現場だけに求めてもこのリスクは回避できないと感じていました。そこで由美さんが1年後に体重減少なく元気一杯で退院するまで、ある工夫を続けることになりました。

朝日ウィル(北燈社)2000年9月19日号より

 

病院任せにしない。フォローする。

 抗ガン剤というのは、細胞分裂の盛んな骨髄、毛根、腸、胃、精巣、卵巣などにダメージを与えていきます。急性骨髄性白血病の佐々木由美さん(14歳・仮名)も初回の治療で頭髪が抜け始めました。しかしすぐに一転。予想外のスピードで生え出し、旺盛な食欲もすぐに戻り、減少した血小板も予定していた輸血がキャンセルされるほどの回復ぶりで、周囲を驚かせました。問題の白血病細胞は消滅して0になっていましたが、体のどこかに残っている可能性を考えて、治療は8回繰り返すことになります。8回というのは、白血病細胞の再発生の可能性が無くなるかなという目安です。

母親の洋子さんは、この治療は抗ガン剤の副作用との戦いであり、ダメージをいかに減らせるか、受けたダメージからいかに早く立ち直せるかが勝敗の鍵を握ると考えていました。初回の出来事は、そのために行った自分のフォローが間違いではなかったと確信させるものでした。


000092-c.jpg 白血病細胞を叩くことだけに集中しがちな現在の治療は片手落ちで、造血機能を活性化するもの、免疫を上げるもの、速やかに血に造り変わる食材、薬剤の代謝を助けるもの、薬剤で死滅した体内の微生物を補うもの、粘膜など正常細胞の傷害を予防し、治すものが抜け落ちている気がします。由美さんは、日本冬虫夏草、コウボエキス、玄米、丸麦、ヒエ、アワの雑穀類などの自然物を毎日摂取しました。

 昔の水疱瘡のウイルスが再燃するアクシデントがあったものの、心配していた感染症もなく退院する頃には1年の月日が流れていました。中学2年の丸1年登校していないことになりますが、最近は不登校の生徒が多いせいもあって、中学3年にすんなり進級できました。ただ中学3年になるとすぐに受験態勢に突入するわけで、病院側からは受験勉強するのは無謀、体力的についていけないから無理しないようにと厳重注意されました。

 「実は娘は、入院中もベッドで勉強しておりました。さすがに抗ガン剤を投与している最中はできませんでしたが...。体力のことを心配されて、病院側から勉強しないようにと注意を受けることもありました。しかし自分の娘だから良くわかるのですが、子供ですし、気分が悪く、弱っているのであればやる気なんて起きてこないものです。娘は体力が落ちないように数々のテクニックに支えられてたようです」

 そして1年後に手紙が届きました。「由美は長い闘病にもかかわらず、学校に復帰してからは寸時を惜しんで勉学に励み、志望校に合格することができました。同じ中学から若干名だけが合格という狭き門でした。思えば闘病中は高校入試が受けられるなどとは思いもよらず、ただ生きていてくれさえすれば何もいらないという思いで看病してまいりました。入学式の写真を送らせていただきます」

 現在由美さんは生徒会役員で、この度の文化祭でも大活躍だったとか。その後の血液検査では正常を保っており、母親の洋子さん療法は継続中で、家族の皆が風邪をひいても由美さんだけはひかないというお話をうかがいました。

朝日ウィル(北燈社)2000年10月24日号より

 

 由美さんは、その後再発もなくお元気で、日本冬虫夏草の方も続けています。お母様の洋子さんよりお手紙が届きましたのでご紹介させていただきます。「娘はお陰様でとても元気に高校生活を謳歌しております。勉強に、生徒会に、友達との付き合いに、全てに生き生きと明るく・・・(中略)・・・ 三年前、突然の発病に気も動転し、わらをもすがる思いで矢萩先生にお電話をかけたことが、昨日のように蘇ります。まだまだ気の抜けない毎日ですが、精一杯守っていきたいと思っております」

2001年9月7日

 

 お母様の洋子さんよりお手紙が届きました。
「一応、医者から言われている退院後5年の目標まであと1年半。気を抜くことなく日々の生活を送らねばと思っております。お陰様で由美は今のところ風邪ひとつひかず元気に過ごしております。現在高3ですが、高1から高3の1学期までの通算の成績が全校で4番でした(生徒数300人中だそうです)。塾等も通わずひとりでコツコツと努力した成果と、娘の頑張りを褒めてやりました。親としては成績よりも体の方に気が向いてしまい、勉強の方はノータッチなのですが、由美は本当にひとりでよく頑張る子に育っております。当初から矢萩先生の励ましがなければ、母子ともにここまでこれなかったと心より感謝いたしております」

2002年7月31日

 

 早いもので高校3年生ですか。進学するとなると受験勉強が大変ですね。体のことが心配です。
母親の洋子さんの話:「学校の授業が終わってから塾に通うというのは、体のこともありますからね。これまでやらせてこなかったんです。娘の勉強に関してはノータッチで通していました。その代わり娘は自宅で地道に日々努力していたんですね。この度それが報われまして、推薦を受けて大学に進学となりそうなんです」 無理な受験勉強を避けられたんですね。賢明ですね、日々の努力の積み重ねに優るものはありませんね。

2002年8月25日のお電話より

 

 「退院から3年10ヶ月が経ちました。この間大きな風邪等もひくことなく元気に過ごすことができましたこと、心より嬉しく、皆様のお蔭と手を合わせる毎日です。 また、今年は受験を前に推薦で希望大学への入学を早々と決めることができました」

2002年12月31日のお手紙より

 

000092-d.jpg 4月から大学生となりこれまでと変わらずお元気に過ごされているということです。

2003年8月14日のお電話より

 

 由美さんは変わらず元気に大学生活を送っているそうです。再発もなく4年9ヶ月が経過、まもなく5年を迎えます。

2003年12月9日のお電話より

 

再発なく元気に5年が経過。

 「大学も2年になり、最近は外を飛び回っていて、家に落ち着くということがありません。元気良すぎるくらいです。変わらず元気に過ごしています。目標だった5年がついに経過しました。さらに7年目を目指します。振り返ると発病したときは地獄に突き落とされた思いがしたものです。このような日々が迎えられるとは、想像もできませんでした。感謝の毎日です」

2004年8月5日 お母様の洋子さんのお手紙より

 

 「大学4年になり、就職活動を精力的に頑張っています。目標の7年を越えました。最近では発病した当時のこと、お世話になった人たちの話を理解できるようになり、感謝の気持ちも生まれてきているようです」

2006年8月11日のお電話より

 

 「実は、娘は医療ソーシャルワーカーを目指して専門学校に通っておりました。お陰様でで来年の4月から病院で働くことになりそうです。もらった命と思っています。今度は病気をかかえる人の相談役として返していけるものがあればと思っています」

2007年12月16日のお母様のお電話より

 

 「娘は親元を離れて暮らし、病院のソーシャルワーカーとして元気に務めを果たしております。再発なく10年が過ぎました。」

2009年9月8日お母様のお電話より

  「中学生の頃から今日まで大変お世話になっております。お蔭様で元気に働いています。今、千葉に帰省しています。お正月は両親と一緒に過ごすつもりです」  お元気な由美さんご本人の声が聞けました。さわやかなお声でした。とても嬉しかったです。

2009年12月31日のお話より

 「異常に暑い日が続いておりますが、変わらず元気にしています」     

2010年9月4日お母様のお話より

 「ソーシャルワーカーの仕事は大変ですが、とてもやりがいがあります。今年も元気で働くことが出来ました。中学生だった当時のことはよく覚えていますよ」   再発無く元気でもう11年の歳月を越えられたのですね。            

2010年12月29日の由美さんのお話より

 「娘は、暑さに負けず元気で働いております。再発無く、12年になります」                          

  2011年9月3日お母様のお話より

 「この冬も元気に頑張っています」        

     2011年12月31日お母様のお話より

          GQ078_L.jpg                           

 「娘はとても良い方と巡り会うことができまして今年結婚いたしました。幸せに暮らしております。」

2012年12月25日お母様のお話より

 

 

元気な男の子を出産。

 「9月半ばに無事男の子を出産いたしました。母子ともに元気でおります」

2013年9月27日の由美さんのお話より

 「孫は、娘の母乳が良く出てますのでたっぷり飲んで大きくなりました。表情も豊かです。白血病の治療で薬を使ってますから、娘が子供を授かることは、これまで考えられませんでしたし、考えていませんでした。また、妊娠が分かって出産するまでずっと心配でした。一方、娘は動じない性格といいますか、のほほんとしてるんです(笑)。15年前の治療の時もそうでした。大人でさえきついといわれる検査でも決して弱音をはかない。入院中は笑顔を絶やすことなく、笑ってばかりで。この性格は誰に似たのか分かりません(笑)」

2013年12月29日のお母様のお話より

 

 「息子はよちよち歩きができるようになりました。みんな元気でおります」

2015年1月1日の由美さんの年賀状より 

 

 「由美も孫もとても元気に幸せに過ごしております。孫はもうすぐ2歳になります。」

2015年9月14日 お母様の洋子さんのお手紙より

 「由美は今年の2月に第2子を出産いたしました。元気な女の子です。早いもので、長男の方はもうすぐ4歳になります」

2017年7月15日 お母様の洋子さんのお話より

【あとがき】
病気になったとき、本人や家族がかかえる不安と動揺ははかり知れません。できることなら静かな気持ちでより良い治療を選択し、原因をつきとめ、生活改善にも取り組んでほしい。そのためには、同じ病気になった人はどのような医療を受け、どのような経緯を辿るのかをよく知ることが前提となるはずです。そのような思いから、自らの経験が役立つのならと貴重な情報を寄せてくださった方々です。特定の治療を推奨したり、特定の治療を否定するものではございません。
体験談の虚偽記載は一切ございません。

当研究所の技術を真似た偽造品やコピー品にご注意下さい。

ご注意下さい