子宮ポリープ

子宮ポリープを自然消失された方のお話も含まれています。冬虫夏草や自然療法、代替療法にご興味のある方々です。

高橋美里さん(薬剤師 秋田県在住 仮名)の場合

 「年に一度健康診断を受けており、2009年に子宮筋腫が見つかりました。自覚症状はありませんでした。今から思うとおりものが若干気になってたかな。『子宮内膜が厚くなっているね』と言われました。それでも、手術するまでではなく、経過観察扱いになったのです。

 それから2年が経過し、2011年12月。今度は子宮頚から異常な細胞が見つかりました。異形細胞と呼ぶそうで、HPV(ヒトパピローマウィルス)感染が原因で正常細胞が変化したものだそうです。前がん状態で、それが数年から十数年でがん化していくものらしいです。この段階で処置すれば子宮を温存出来ます。たとえがん化してもごく初期の段階でしたら温存は可能だそうです。IMG_1245_SP0001.jpg

しかし、私の場合は子宮筋腫を抱えています。この際、子宮を摘出してしまえば、一挙に解決するということで摘出をすすめられました。

手術に踏み切れば、入院から復帰まで1か月はかかります。仕事は?家庭は?いろいろな人達に迷惑や負担をかけてしまう。自分のことより、そちらの方で頭がいっぱい。すぐに手術に踏み切るという気持ちにはなれませんでした。

 さて、異形細胞がどのレベルにあるのか、検査法によって呼び名が変わってきます。がんになる何ぽ手前なのか、はたしてがんになってはいないのか。アルファベットと難解な日本語で分類されているため、複雑で分かりにくくとまどいました。

検査には①細胞診(検査)②コルポスコープ診(検査))(膣拡大鏡診ともいいます)③組織診(検査)があり、①で注意以上が出ると、②→③と進みます。

①の検査で私は、HSIL(高度扁平上皮内病変)という高いレベルでした。(表①参照)これは(中等度異形性~微小浸潤がんの疑いあり)とされます。③の組織検査に進むと、高度異形性か上皮がんのどちらかであると予想されます。ところが一週間してその検査をすると、CIN1(軽度異形性)とCIN2(中度異形性)レベルの結果がでてきたのです。(表③参照)

少しだけホッとしました。日本冬虫夏草を飲み始めたのは2月からです。

3月になると①細胞診ではLSIL(軽度扁平上皮内病変)で、③組織検査ではCIN1(軽度異形性)のみの結果で明らかにレベルが低くくなっていました。(表③参照)


① 細胞診の分類:ベスダ法(システム)

結果 NILM   ASC-US
(アスカス) 
ASC-H
(アスカス-ハイ) 
LSIL  HSIL   SCC  
日本語の意味   陰性  意義不明な異型扁平上皮細胞   HSILを除外できない異型扁平上皮細胞   軽度扁平上皮内病変  高度扁平上皮内病変  扁平上皮癌 
推定される顕微鏡レベルの異常   腫瘍性の異常はない。炎症のある時がある。  軽い扁平上皮内病変の疑い   高度の扁平上皮病変の疑い   HPV感染軽度異形成  中等度異形成~微少浸潤癌の疑い   扁平上皮癌  
従来のクラス分類  Ⅰ、Ⅱ  Ⅱ~Ⅲa   Ⅲa~Ⅲb   Ⅲa   Ⅲa、Ⅲb、Ⅳ、Ⅴ    

 

③ 組織診の分類

子宮頸がん

取り扱い規約分類
正常 異形成 dysplasia 上皮内がん
(CIS)

経度
(DL)

中等度
(DM)
高度
(DH)
CIN分類 正常
CIN(上皮内腫瘍)

 

 私は、これまでの生活を振り返ることにしました。2009年頃から、娘が中2病となり、神経を使うようになりました。目が離せなくなったのです。受験勉強では常に寄り添いサポートしました。

フルタイムの仕事をしてましたし、夫はさらに忙しい仕事を抱えていましたので家事も一人でこなし、受験勉強もとなると睡眠時間を減らすしかありません。平均睡眠3~4時間ぐらい。4時間眠れば良い方でした。食事にも時間をかけられず、かきこむようにお腹に入れ、常にどこ入っていったか分からない状態でした。

GL139_L.jpgある日、夜中に娘の勉強部屋を出て寝室に向かう時、『こんなことを続けていたらいづれがんになるかも』という予感がよぎったのを覚えています。志望校に合格してからも娘の心は不安定でした。自立を期待する私とこれまでのように関心を持って欲しい娘との間に葛藤が生じました。時間こそが解決してくれると覚悟はするものの、私自身の心が休まることがずっと無かったのです。

ストレスと睡眠不足と栄養不足が原因なのは明白でした。娘のためにも自らの病気を治すことを優先しよう。娘からはいよいよ手を引くことにしました。自分の時間を作り、ニィーチェやパスカルなどの哲学書から仏教の本を読み、NHKの[100分de名著]で紹介されたヴィクトール・フランクルの[夜と霧]に夢中になりました。私は長いことこのような寄り道をしたことがありませんでした。いつの間にか読書に没頭して現実を忘れてる自分に気が付きました。何かに集中して、余計なことを考えない時間は心地よく、充実していました。

健康書も読みました。[10時に寝る法]関連、[病気は自分で治す]関連の複数の書籍はは実践に役立ちました。

ヒトの体は自然と一体になることにより健全に保たれています。普段そう意識して生活してる人はあまりいないでしょうね。私もそうでした。例えばメラトニンは、睡眠を誘導するホルモンであると同時にがんの増殖を抑制する物質ですが、ヒトは朝日を浴びることで、14時間後にメラトニンが脳の松果体から分泌され、眠くなるしくみを持っています。ただし、分泌には日没後の暗闇というもう一つの条件が必要となります。そうやって夜に活発になるというがん細胞への対応も出来ていたのです。光と闇の2つが揃わなければメラトニンは分泌されず、ヒト本来の能力を発揮できない。『太陽の子』というわけなのでしょう。

私は、夜10時にはベッドルームの照明を消して休むことにしました。夜中まで起きていた生活のリズムを一変させるのは気合HJ114_L.jpgだけでは無理でした。この際、リーゼ(精神安定剤)という薬の力を借りることにしました。夜中に目が覚めることなく、朝まで一直線に眠ることが出来ました。眠りの質も良かった。職場では一日中心穏やかでいられました。イライラしてしまう原因に睡眠不足があるのだと気が付いたのは収穫でした。

眠るための薬は、作用する時間の短いもの、いわゆる軽いものほどクセになり、止められなくなります。リーゼはまさにそれで短期勝負です。1錠だと便秘になったので半分にし、その後1/3錠に減らして3か月服用しました。

 ヒントを探しに健康セミナーにも足を運びました。遺伝子レベルでがん予防について学びました。
 ①私達生物は古い細胞を新しい細胞に置き換えながら生き続けますが、新しい細胞を作る時に、細胞の核にある遺伝子のコピーがうまくいかず、どうしてもコピーミスが生じてしまいます。こういう細胞はがんのリスクになりますが、修復能力を持っているので大丈夫。即刻修復されます。ただ、強いストレスがかかると修復しにくくなるといわれています。

 ②P-53のような抑制遺伝子(分ってるだけで30種類)が備わって体内で活躍していますが、これもヘルシーなライフスタイルから遠ざかると働かなくなるそうです。がん遺伝子(120種類以上ある)も持っていますが、むやみに恐れることなく、がん抑制遺伝子や免疫システムにしっかり働いてもらえばいいのです。

 ③がん遺伝子の発現を抑えるにはVC(ビタミンC)の点滴が有効のようです。

 

 ストレス対処とい自然な生活リズム、手作りの自然な食事はなんとか実現出来ていました。(お肉・乳製品・お菓子等はほとんど食べません)私は、早速、VCを取り入れてみようと思いました。野菜や果物だけでは不十分と考え、服用するタイプで顆粒のVC製剤を使いました。実際、体は快調でした。

 さて、2012年4月に思わぬことが起こりました。女性は月経の周期があるために検査の際に隠れて見つからない場合があるそうですが、この時の検査でどうやらこれまで隠れていた小さな子宮のポリープが1個見つかったというものでした。すぐにポリープだけを切除することになりました。手術前、さすがに心細くなりました。どうしょうもなくなって心の内を看護師さんにぶつけました。すると看護師さんは、私の気持ちを温かく受け止めてくれたのです。気持ちが落ち着き、勇気と気力が湧いてきました。この日は日帰り手術でした。白衣の天使とよく言うけれど、自分が患者になって初めてその大きな存在を知りました。

 

異形細胞消失。子宮頸がんの不安から解放。

 それから3か月が過ぎ、2012年7月28日。再び検査です。結果を聞くまで悪くなっていないだろうかといつもドキドキします。こういった思いをしてる人が世の中にどれほどいるのかな。取り越し苦労になるといいのだけれど。

すると結果は呆気ないもので、異常なし。子宮頸に異形細胞は見つからず、正常細胞だけになっていたのです。その日は開放感でいっぱいになり、寄り道をして帰りました。晴れ晴れとした気持ちでショッピングを楽しめたのはずいぶん久しぶりのことでした」

2012年9月1日のお話より

 「その後元気にしています。今日の検査でも無事、異常なし。安堵しています」

2013年4月13日のお話より

 「娘は高校3年生となり、再び受験勉強にいそしんでいます。3年前と比較するとずいぶん落ち着き、大人になりました。私がやってあげれることは『ささえているよ』という雰囲気づくりぐらいかな。今回は自分にブレーキをかけなくてはと肝に銘じています。日本冬虫夏草は量を減らして続けています。子宮筋腫の方も大きくならず、心配はないということで、この度は、先生から『内膜が柔らかくなっていますよ』と言われ、むしろ良い方向に向かっています』

2013年8月17日のお話より

/M_T_001.jpg 「試験まで日数もわずかとなり、娘の気持ちはナーバスになってきています。それを受けとめようとすると、どうしようもなく心が消耗します。そこで私は、無理もないことと割り切って、時間を見つけてはドライブに出掛けることを心掛けています。心をリセットするのです。新鮮な空気を求め、深呼吸。そして、美しくのどかな風景で心を癒します。短時間のひとり旅ですが、これこそが本当の薬なのではないかと思っています」  

 2013年10月13日のお話より

 「経過順調です。定期検査も3か月毎から6か月毎に延びました。油断しないように頑張ります」

2014年1月1日の年賀状のコメントより

 「秋田の桜もやっと咲き始めました。娘の入学式も終わり、やっと自分の時間が持てそうです。睡眠不足も大分続きました。メンテナンスしなくてはと思っています」

2014年4月22日のお手紙より

 「半年に一度の検査がありました。異常なしの結果でした。異型細胞が消失してから無事2年が経過しました」

2014年8月3日のお話より

 「12月に検査がありました。異常なしでした。」

2014年12月26日のお話より

 「この度の検査結果も良好でした。子宮頸がんの原因のHPV(ヒトパピローマウィルス)も全く検出されませんでした。当初、『ウィルス検査をやっても高い数値が出て当たり前だからあえてやりません』と言われていました。よって、半年に一度の検査が一年に延びました」

2015年7月15日のお話より

 「年に一度の検査を無事通過いたしました。昨年の秋は海外旅行の夢が叶いました。ハワイで娘と乗馬体験をしたのです。この秋は、台湾旅行を計画しています。5年前はこんな日が来ることなど考えられませんでした。気を抜かず体を大切にしていくつもりです。日本冬虫夏草も続けています」

2016年8月29日のお話より



 

img_taka_10_a.gif

※異形細胞を顕微鏡で見たイメージ 

img_taka_01.gif

細胞も比較的大きさが揃っています。
核も大きさが揃っています。全く異常はありません。
次回は1年後の検診で結構です。 

img_taka_02.gif

核がやや大きくなったりします。
炎症があったりホルモンのバランスがくずれたり、ポリープがあったりすると
出てくることがありますが、良性であることは間違いありません。
一応、半年後に再検査を勧められることがあります。 

img_taka_03.gif

基本的にはクラスⅡの仲間ですが、少しクラスⅢaに似ている所がある時があります。
3~6か月後に再検査をうけるように勧められることが多いようです。

img_taka_04.gif

正常細胞ではありません。
やや顔つき(細胞質、核)に異常があります。
細胞に何らかの力が働き(例えばパピローマウイルスなど)活動力がより活発になった可能性があります。このままクラスⅢa→Ⅲb→Ⅳと進みがんに進む可能性は低く、正常に戻る確率の方がずっと高いと考えられております。しかしこれが出た時は定期的(例えば3か月毎)な検診や、念のための精密検査が必要な事もあります。クラスⅡ以下になるまでは通院しましょう。

img_taka_05.gif

クラスⅢaに比べるとやや顔つきが悪くなります。
しかしこの時点では明らかな悪性細胞とはいいきれません。
いわば悪性の予備軍。この状態になると時期の早いか遅いかは別にして約20%の方が将来初期のがんになる可能性があると考えられています。但し注意しなければいけないのは、初期のがんなのにこの分類に入る入ることがある事で、クラスⅢbになったら精密検査は欠かせません。

img_taka_06.gif

初期のがんが疑われる細胞です。
膣拡大鏡診や組織検査をうけて、どの程度のがんか精密検査を受けることが必要です。早期のものであれば子宮を残す手術が可能の時もあります。

img_taka_07.gif

明らかな悪性細胞です。
細胞の大きさや型もいろいろ多彩な形態をとることがあります。病変が子宮にのみ限局しているか周囲に広がっていないか、リンパ腺はどうかなど調べた上で、早期の治療方針を立てることが大切です。

 

 
img_taka_10_b.gif

 

小林祥子さんの場合

 ※花粉症は中盤。腎結石のお話は末尾にございます。

 「2008年9月12日に子宮がん検診を受けました。結果は異常なし。気になっていた生理不順も自分の中で『更年期のせいかな』と片付けていました。この時、1年間の予定で休職にも入っています。

 翌年2009年5月。生理が2か月ぶりにやってきたのですが、普段とは違っていました。出血が1か月経っても一向に止まらないのです。これは何かが起きているなと思い病院で調べてもらうことにしました。GK056_L.jpg

検査したのは6月25日。病院では『後日、結果を報告します』ということで、その日はホルモン剤と鉄剤を受け取って帰りました。実は30年前に遡りますが、ホルモン剤を注射して具合が悪くなり倒れた経験があったのです。そこで鉄剤だけの服用にとどめておくことにしました。
  
このことを薬剤師をしている友人にも相談しています。彼女は私の症状を聞き、まだ結果が出てないにしろ、すぐにでもなにか対処したほうがいいと考えてくれたようです。その時、日本冬虫夏草の話が出ました。子宮筋腫にしろ、子宮がんにしろ、自然に治った人が日本冬虫夏草を飲んでたのを知っているというのです。

私も6月30日から日本冬虫夏草を飲み始めました。翌日『元気だな』と感じました。明らかに前日と体調が違います。それから一週間して、過日の結果を聞きに行くと『子宮壁が厚くなっています。子宮体にポリープも見つかりました。これががんに変化していく可能性があるので経過を観察していきましょう。3か月に一度検査に来て下さい』と言われました。

 実家の母に報告すると『悪い方に考えたら悪くなるから良い方に考えたらいいのよ』という言葉が返ってきました。母はとてもポジティブな人間です。子育てで迷っていた時も『いい子いい子と言って育てればいいのよ』といった調子。今になってそれは間違いではなかったと実感しています。この度も、『病気のことをくよくよ考えるのはよそう、忘れて過ごそう』と決めました。

そうしてるうちにいつの間にか出血が止まっていったのです。

 9月に入ると予定通り職場に復帰しました。GK056_L_2.jpg仕事は事務のデスクワーク。9時~5時のフルタイムで働きます。当初『病気を抱えてるし、久々の職場で体が慣れるまでしんどいだろうな』と思っていました。ところが、一日が終わる頃に全く疲れを感じないのです。元気なままなのです。しばらくして仕事量が増えてきてもそれは変わりませんでした。以前働いてた時もこのような感覚はありませんでした。

 10月に入ると息子の通う中学校で新型インフルエンザが流行し、学級閉鎖という事態になりました。息子も感染し、症状が出て寝込みました。ところがたちどころに回復していったのです。息子は日本冬虫夏草を350ccは飲んだと思います。私は、息子を隔離することなく、咳をされてもマスクもせず普段通り接してたのですが、発症することなく済みました。何事もなかったかのようにこの危機が通り過ぎて行ってくれました。

 そんな諸事情があって、10月は検査のタイミングを逃し、4か月の月日が流れていました。でも『早く病院に行かなくては』とあせる気持ちはなくて、『こんなに元気なんだし、生理も正常に戻ったし、自分は大丈夫』という自信のようなものがあったのです。

 

ポリープ消失。手術必要なし。

 当初の『手術と言われたらどうしよう』という心細さは無くなり、同行をお願いした薬剤師の友人にも頼ることなく、11月7日にスケジュールの都合が付き、一人で病院に行きました。検査後、医師から『子宮体にあるポリープが消えて子宮壁の厚さが正常に戻っています。きれいになっていますよ。3か月に一度の検査にはもう来なくていいですよ』と告げられました。予想はしてたものの正直びっくりしました。

 病気の原因は何だったのかなと振り返ると、人間関係のストレスが大きかったのではと思います。くよくよ考えずに忘れること。考えるときは物事を良い方向で考えるよう心のコントロールをすること。それらが功を奏したのではと思います。それと日本冬虫夏草を飲んだことぐらいしか思い当たる節がありません。日本冬虫夏草は量を減らして現在も続けています。

 この頃は肌の調子も良く、顔がつるつるで柔らかくなった気がします。馴染みの化粧品屋さんを訪ねた際、機械で肌診断をしてもらったら『以前より弾力が増しましたね』と言われました。若返ったということでしょうか。女性にとっては何より嬉しいことです」

2010年2月1日のお話より

 

花粉症から解放された。

 「毎年、スギ花粉が飛散する頃になると鼻水やのどのゴロゴロ、涙や目のかゆみに悩まされてきました。花粉症との付き合いは20年間にも及びます。今年も薬をいただき、心の準備をしながら待ち構えておりました。花粉は2月の中旬から飛び始めたと思います。
 ところがこの度は、目のゴロゴロを感じるぐらいで他に何も症状が出ないのです。あんなに苦しんでいたのがウソのようにピタリと治まっているのです。薬も飲まず仕舞いです。身近に花粉症の方が結構おりまして、皆さん症状がひどいようですから、私も確実に花粉を浴びているはずです。
 子宮ポリープと一緒に花粉症も治ってしまいました。何かやったかと尋ねられれば、日本冬虫夏草を続けてることぐらいです」

2010年2月29日のお話より

 

【経緯】

2008年 9月 1年の休職に入る。生理不順有り。
  9月12日 子宮体がん子宮頸がんの検診。異常なし。
2009年 5月 2ヶ月ぶりの生理。出血が止まらない。
  6月25日 出血が1ヶ月経っても止まらず病院で検査。結果は後日とのこと。
  6月30日 日本冬虫夏草を飲み始める。
  7月7日 6月25日の検査結果を聞きに行く。子宮壁が厚くなり、子宮体にポリープ見つかる。これががんに変化する可能性有り。3か月に一度経過を観察することに。
  9月 職場に復帰も疲れ知らずで元気なのが不思議。
  10月 息子が新型インフルエンザに感染、発症するが自身は無事。
  11月7日 4ヶ月以上経っての検査。ポリープは消え、子宮壁の厚さも正常。きれいになっている。
2010年 2月1日 肌が若返る。
  2月29日 20年間悩み続けた花粉症がピタリと治まった。

 

「現在、休職していまして、自宅でのんびりと過ごしております。あれから再発とも無縁で元気にしております」

2012年5月28日のお話より

 

腎結石が再発。前回のような苦痛は無く。

 「2007年に腎結石を経験しました。痛みを表現するとしたら、死ぬほどの痛み。痛み止めを処方されたものの治療は無くて、先生から『水を飲んで治しましょう』と言われ、そうやって治まりました。自然排泄されたのだと思います。『5年後に再発の可能性あるよ』とクギを刺されたのを覚えています。

 HS185_L_SP0000.jpg それからまさに5年後、2012年10月。会社の人間ドックで再び結石が見つかりました。自覚症状は全くありませんでした。ですからほったらかしにしていたのです。痛みが出たのはクリスマスの夜中。病院で調べると尿管にある結石は1㎝以上の大きさで、腎臓内にも複数見つかりました。

衝撃波を当てて破砕する方法を提案されましたが、年末年始は予約でいっぱい。2013年1月4日に何とか予約をすべり込ませました。しばらく休んでいた日本冬虫夏草から別の菌類に変更して飲み始めたのは12月31日からです。破砕治療に備えようと思ったのです。この間、痛み止めの座薬を使ったのは2回だったでしょうか?

 2013年1月4日。45分で2000発の衝撃波を照射して尿管の結石を砕きました。この治療は、輪ゴムで軽くはじかれるような皮膚感覚があるだけです。腎内の結石には当てていません。直後に血尿が出ますが、3回ほどトイレに行った後は正常に戻ってました。5年前は確認できなかったのを反省して、おしっこをビーカーに採って観察することにしました。最初薄っぺらな結晶が現れてから粉状のものが出てくるようになりました。排泄する際、出口でピリッとする痛みがあったのも最初だけです。振り返ると2007年のような耐え難い苦痛は皆無でした。以前より石のサイズが大きかったにもかかわらずです。

破砕治療は1回で終了ではなく、次の予定もありましたが、レントゲンで確認すると全て排泄されたということで1回で済みました。そして腎臓内にあった結石まで消えていたのです。予想外のことでした。

 その頃、主人が会社を早退して帰ってきたことがありました。熱を測ると39度を超えています。すぐさま安静にさせ、自分が飲んでいたものを飲ませました。翌日には病院に行きインフルエンザの診断を受けるのですが、この時すでに平熱に戻って元気になっていたのです。考えられない程の急回復でした。

 私は比較的日中トイレに行かない方ですし、水分もあまり摂らない方だと思います。この頃は再発のないように生活改善に努めております」

2013年4月12日のお話より

 

【あとがき】
病気になったとき、本人や家族がかかえる不安と動揺ははかり知れません。できることなら静かな気持ちでより良い治療を選択し、原因をつきとめ、生活改善にも取り組んでほしい。そのためには、同じ病気になった人はどのような医療を受け、どのような経緯を辿るのかをよく知ることが前提となるはずです。そのような思いから、自らの経験が役立つのならと貴重な情報を寄せてくださった方々です。特定の治療を推奨したり、特定の治療を否定するものではございません。
体験談の虚偽記載は一切ございません。

当研究所の技術を真似た偽造品やコピー品にご注意下さい。

ご注意下さい