肝臓がん

肝臓がんを自然消失された方のお話も含まれています。冬虫夏草や自然療法、代替療法にご興味のある方々です。

遠藤清さん(80)の場合

000051-a.jpg 秋田県井川町の遠藤清さん(80)は、肝臓がんを克服されて今年で6年目を迎えます。遠藤さんの肝臓にミカン大の腫瘍が見つかったのは1995年の暮れのことでした。それは、7つある大腸ポリープの摘出手術をするために入院した時、たまたま発見されたものでした。

 「それまでの生活は、決して楽ではない農作業の中で、タバコを1日に2箱、3度の食事の時と10時と3時のお茶の時間にコップ酒を飲むのが楽しみで、その習慣が長い間のうちに消化器系や肝臓に無理を重ねることになったのでしょう。毎年、大腸ポリープの手術を繰り返して3年、半年前には喉のポリープ手術も行っていました。大腸ポリープは取っても取ってもまた現れるモグラタタキのモグラのようでした。

 日本冬虫夏草を使用したのは肝臓がんの診断が下ってすぐ。病院側には「番茶を飲んでる」と応えました。病院での治療はカテーテルを用いて肝臓に直接抗ガン剤を注入するもので、1回30分の治療でした。しかし、ちょうど入浴が災いして風邪をひいたこともあり、吐き気や発熱の症状が出たため、これは2度目で打ち切りとなりました。それ以外の治療はやっていません。
 

肝臓がん消失

飲み始めてから1ヵ月後、CTで検査すると、ミカン大あった腫瘍は100円玉 大に縮小していました。このとき主治医の先生は、肝臓がんがこのように劇的に縮小するのは滅多に無いことと頭をかしげて大変不思議がっておられました。大学病院の先生にこのことを報告させてくださいともおっしゃっていました。そしてそれから1ヵ月後、ついに腫瘍はきれいに消失してしまったのです。

 そこで後回しにされていた大腸ポリープの手術に、ようやく取りかかることになりました。しかし内視鏡で、あるはずの患部を探してもどこにも見つからないのです。こちらも7個全てが消失していました。以前手術したところは穴のような跡が残っているのに、今回の自然消滅した場所には何の痕跡もなくなめらかでした。

 悪いところは皆消えて晴れて退院する時、毎日飲むようにと抗ガン剤を渡されました。治っているのにどうしてという気持ちと、タバコやお酒であれだけ腸や肝臓を痛めつけてきたのに、いまさら化学合成薬で痛めるわけにはいかないという思いから服用はしませんでした。

 当初、私は肝臓がんの告知はされておりませんでした。家族にだけ知らされたようです。家族は、入院中も一向に喫煙を止めようとしない私を見かねて、病名を教えることにしたそうです。わがままな頭と、治そうとしてる体とがバラバラでは、治るものも治らないと考えた末のことでした。病名を知ってからというもの、自分を管理するようになりました。今までの生活に原因があるとするならばと生活を一転させました。アルコールやタバコを一切排除して、仕事の心配もできるだけしないように心がけました。なるようになると割り切るようにしたのです。あれから再発もなく、毎年悩みの種だった大腸ポリープの出現もなく、6年の月日は流れました。日本冬虫夏草は現在も続けています」

 秋になると遠藤さんの育てた新米が私のところに届きます。その美味しさには、惜しみなく注がれた手間暇と、稲作にかける熱意が込められていて、遠藤さんの人柄がしのばれます。

 今年の7月の酷暑が続く中、久しぶりにお電話すると娘さんが出られて「父は田んぼに出てます」というお話。「この暑さの中大丈夫ですか」と心配になりましたが「あれ以来、体の方は何事もなく元気で、周りから驚かれています」という返事。タバコもお酒も以前の量 に及びもしないが、最近は少したしなんでいるということでした。それはちょっと気になりますが、それも元気の証拠でしょう。今年も遠藤さんの美味しいお米が無事に実ることを祈っています。 

朝日ウィル(北燈社)2001年8月21日号より

 


 

 遠藤さんご夫妻と、息子さんにお会いしました。
清さんは再発もなくお元気で、今年で8年目をむかえられ、83歳になられるということです。毎朝3時に起きて田んぼの水を見に出かけ、バイクで走り回っているということです。「何にも束縛されずに、自由にゆったり暮らしている。それがいいんでしょ」清さんの言葉でした。

2003年6月10日


尾原正芳さんの場合

 「C型肝炎ウイルスに感染したのは19歳の時でした。肺結核を患いましてね。手術の際に受けた輸血が原因なんです。肺結核の方は完治しまして、10年間は何事もなく過ごしました。

 30歳になって、肝機能の検査データに異常が出始めた時、『A型肝炎ウイルスでもなければ、B型肝炎ウイルスでもないね。それでも確かに何者かが住みついてますね』という非A非B型という診断をされたんです。まだ世の中でC型ウイルスが発見されてなかった頃ですからね。C型ウイルスと確定されたのはそれから15年後の1992年のことです。


000052-a.jpg C型のキャリアーとわかってから長野県に転勤になり、単身赴任を余儀なくされました。茨城の自宅は新築したばかり、子どもたちは受験を控えていて経済的にも一番きつい時期でもありました。

 1996年初夏。とうとう肝臓に2センチ大の腫瘍が発生しました。患部は手術によって切除されましたが、これが1回目の手術となります。以前からインターフェロンの勧めはありました。でもうつ病等、精神的な副作用も出るきつい治療というでしょう。単身赴任の身の上であったし、避けて通ってたんです。

 手術から3ヵ月して、やむにやまれずインターフェロンの投与をスタートさせました。皮膚に薬疹が出て、痒みに悩まされましたが、私の場合はC型ウイルスの中でもインターフェロンが効き易い2b型ということで、3ヵ月でウイルスは陰性になりました。ウイルスがいなくなってもすでに肝細胞のあちこちが傷ついてるということなんでしょうね。手術から1年後に再び肝臓の5ヵ所に腫瘍が現れました。妻の勧めもあって、日本冬虫夏草を飲み始めたのはこの直後のことです。

 2度目の手術は10時間以上を要しました。朝8時に病室を出て戻れたのは夜中の12時。『手術はこれが最後。3度目はできないよ』と言われました。そんな中、不思議なことが一つありました。切除した5ヵ所のうち3ヵ所からガン細胞が全く見つからなかったというのです。大変な手術だったにもかかわらず、傷口の治り具合も前回より早いように思いました。

 このとき、同じように入院して手術をされた方が3名おりました。ところが1~2年の間に全員亡くなられたそうです。それを知ったときはとても残念で、手術だけでは不十分なのかなと思いました。

 その後もミリ単位~数センチ大の腫瘍が1年ごとに発生しますが、その都度、肝動脈塞栓術、エタノール注入、放射線治療で対応し、仕事を続けながらその場を切り抜けてきました。

 ところで、塞栓術では抗ガン剤も使用されますが、約2週間の治療の間、副作用がとても少なく、スケジュール通りの治療ができたことに主治医もビックリしていました。妻は『仕事の代わりはいくらでもいるんだから休んじゃえばいいのよ』と言っていましたね。私は典型的な仕事人間で帰宅するのはいつも10時~11時。結婚当初からそうでした。たまに8時、9時に帰宅したものなら子どもたちから『お父さん、今日は早いけどどうしたの?』と不思議がられる始末です。妻はせめて単身赴任がなかったら発ガンは避けられたのではないかと思ってたようです。 
 

病院の治療を一切やらずに消失

000052-b.jpg 2001年6月。5~6ミリ大の腫瘍がまたしても現れました。そして、『3ヵ月後に再検査して、それから治療しましょう』ということになったのです。その頃私は、単身赴任から解放されて、いいかげんだった食生活を妻の考案した健肝食にガラリと変えていました。無農薬野菜、玄米、自家製のシジミエキス、ゴマ等の種子類、海草類です。肉は1ヵ月に1回食べるかどうかです。また、一人の時と違って、家族と一緒ですと仕事上の責任や対人関係のトラブルからくるストレスもずいぶん軽くなるんですね。飲んでいた日本冬虫夏草の内容を変えたこともありました。

そうしたら3ヵ月してMRIで再検査をすると、『あれっ、この辺にあったのに見当たらないね』と言われて。あったはずの腫瘍がきれいに消えていたのです。この間、病院の治療は一切ありません。それからというもの、再発とは無縁で今日に至っています。私は、タバコとお酒は全くやりませんが、仕事中毒はやめられないようです。それでもストレス解消、日本冬虫夏草、妻の健肝食にささえられて再発しない記録をこれから先ものばしていきたいと思ってます」

朝日ウィル(北燈社)2002年4月16日号より

 

【経緯】

1966年 19歳
肺結核の手術。輸血あり。
肺結核は完治。
1977年 30歳
輸血から肝炎ウィルスに感染したことを知る。
ウィルスの型は非A非B型とされた。
1992年 45歳
C型肝炎ウィルスのキャリアーと確定。
1996年6月 49歳
肝臓に2cmの腫瘍。
9月17日
1回目の手術。切除。
12月20日
インターフェロン投与開始。
1997年3月
C型肝炎ウィルスがなくなり、陰性。
6月20日
インターフェロン投与終了。
9月2日 50歳
肝臓に5つの腫瘍。
「手術は最後、3度目はできないよ」と言われる。
9月6日
日本冬虫夏草を飲み始める。
10月7日
2回目の手術。
切除した5ヶ所のうち3ヶ所からガン細胞見つからず。
1998年〜2000年
その後も1年ごとに腫瘍発生。
肝動脈塞栓術、エタノール注入、放射線治療で対処。
塞栓術では抗ガン剤も使用するが、副作用がとても少なくスケジュール通りの治療ができたことにビックリされる。
2001年6月 53歳
5〜6ミリ大の腫瘍発生。
食事を健肝食に変更。
飲んでいた日本冬虫夏草の内容を変える。
9月
MRI検査で腫瘍消滅。
この腫瘍に限り病院の治療一切なし。

 


 

「腫瘍が消失してから再発なく5年8ヶ月が経過しました。仕事人間の主人も来年3月で定年を迎えます。元気でやっております」

2007年5月30日奥様のお電話より

 

「6年以上再発がなく、定年まで残り1ヶ月となった2008年2月。CT検査で2cmの腫瘍が見つかり、5月にラジオ波での治療を行いました。これはお腹を切る必要がなく、ラジオ波の熱でもって患部を焼く治療です。(エコー画像を見ながら)患部まで針を通す必要がありますが、痛みはなく、1時間で終了しました。

 時代とともにさまざまな治療法を試してきました。外科手術に肝動脈塞栓術(ガンの兵糧攻め)、エタノール注入に放射線照射。肝臓ガンの治療法は進歩を続けていて、ラジオ波は現時点で最先端の方法といえます。

 先生は『焼き残しがあるかな』と何度か言ってましたけど、2008年10月のCT検査ではきれいに消失していました。2009年1月末の検査ではγ-GTPの数値が高い以外は肝機能のデーターは全て正常、腫瘍マーカーも正常です。

 振り返ると再発の直前には必ず大きなストレスがありました。休日も携帯で呼び出されることは珍しくなく、休みなく働きました。2008年3月に定年を迎えてからも同じ職場に通い、仕事を手伝っていますが以前とは全く違います。責任が外れて精神的にずいぶん楽になりました。ようやく肝臓に良い環境となりました。

 先生からは『あなた2回死んでてもおかしくないよ』と言われています。仕事しながらここまでこれたのは、事あるごとに日本冬虫夏草が側にあったからでしょうか。今は不思議なくらい疲れないし、何の自覚症状もなく元気で働いています」

2009年2月1日のお電話より

 


【あとがき】
病気になったとき、本人や家族がかかえる不安と動揺ははかり知れません。できることなら静かな気持ちでより良い治療を選択し、原因をつきとめ、生活改善にも取り組んでほしい。そのためには、同じ病気になった人はどのような医療を受け、どのような経緯を辿るのかをよく知ることが前提となるはずです。そのような思いから、自らの経験が役立つのならと貴重な情報を寄せてくださった方々です。特定の治療を推奨したり、特定の治療を否定するものではございません。
体験談の虚偽記載は一切ございません。

当研究所の技術を真似た偽造品やコピー品にご注意下さい。

ご注意下さい