嚢胞がん

嚢胞がんを自然消失された方のお話も含まれています。冬虫夏草や自然療法、代替療法にご興味のある方々です。

花田一郎さん(仮名)の場合

000065-a.jpg 63歳になるまで、これとした病気もなく、元気に過ごしてきましたが、2004年12月の検査で、腎に嚢胞が見つかり、嚢胞の中からガン細胞が検出されました。(※嚢胞(のうほう):液体を内容として壁に囲まれた袋状の腫瘍。臓器の中などに発生する)

 医師には『本当にガンかどうかは開腹手術をして、嚢胞の組織を検査してみなければわからない』と言われました。

 今までそのような自覚症状無かったのですが。その結果を受けて2005年1月、健康が第一と考え、入院する準備を始めました。

 ところがちょうどそのとき、息子から日本冬虫夏草のことを聞いたこともあって、翌2月から日本冬虫夏草を飲み始めました。入院は中止しました。

 そして、自分でできることはしようと思いアルコールを控えたり、ストレスなくリラックスして毎日を過ごしたりと、健康に気をつかうようになりました。

 それから4ヶ月後、2005年6月に前回と同様の再検査がありました。ガン細胞がまだあるのではないかとちょっと不安はありましたが、今までの自分がしてきたことに自信を持ち、明るい気持ちで病院に出向きました。検査の結果は異常なし。良かったなという気持ちでいっぱいでした。このまま日本冬虫夏草は続けていくつもりです。

2005年8月のお便りより


【経   緯】

2004年12月
検査で嚢胞ガンのおそれがあるとの診断。
2005年1月
手術入院の準備をする。
2005年2月
日本冬虫夏草を飲み始める。
入院を中止する。
2005年6月
再検査の結果、異常なし。


000065-b.jpg 「今年は例年より暑い夏でしたが、父は夏バテも無かったですし、夏の疲れも出ることなく『この頃は以前よりとても調子がいいよ』と言って秋を満喫しています。『手術をしなくて良かったよ』とも言っていました」

 

 

2005年11月17日 息子さんのお話より

「その後定期的に検査をしていますが、異常はありません。CT検査でも問題ありません。再検査で異常なしの結果が出てから無事に2年が経ちました。日本冬虫夏草は今も続けています」

2007年7月21日 奥様のお話より

「主人は最近、卓球にはまっています。ボーリングもやっています。若い頃、スケートをやっていたことがあって、『スケートをまた始めようかな』とも言っています。食欲は旺盛です。食事はカロリーの少ない和食中心で、お肉はめったに食べません。とにかく元気いっぱいといったところです」

2007年12月19日 奥様のお電話より

「主人はクラシックギターのレッスンに通っています。これまで独学で弾いていたのですが、プロの先生について基本から学びたいということらしいです。いつも前向きな人です。元気にしております」

2008年5月28日 奥様のお電話より

「ガン細胞が見つからず異常なしと診断されてから3年半経ちますが、主人は本当に元気にしております」

「ガン細胞が見つからず異常なしと診断されてから4年半経ちますが、主人は本当に元気にしています」

「この度の血液検査では気になっていたコレステロール値も血圧も正常で、言うことなしの満点。食事はお魚と野菜が中心です。お肉は食べたくないようです。心掛けているというより、食べたいものを食べたらこうなりました。日本冬虫夏草は変わらず飲んでいます。ガン細胞が見つからず異常なしの診断から無事に4年半が過ぎました。クラシックギターも楽しんで続けております」

2009年12月22日 奥様のお電話より

【あとがき】
病気になったとき、本人や家族がかかえる不安と動揺ははかり知れません。できることなら静かな気持ちでより良い治療を選択し、原因をつきとめ、生活改善にも取り組んでほしい。そのためには、同じ病気になった人はどのような医療を受け、どのような経緯を辿るのかをよく知ることが前提となるはずです。そのような思いから、自らの経験が役立つのならと貴重な情報を寄せてくださった方々です。特定の治療を推奨したり、特定の治療を否定するものではございません。
体験談の虚偽記載は一切ございません。

当研究所の技術を真似た偽造品やコピー品にご注意下さい。

ご注意下さい