胆管がん

何傑さん(かけつ 北京市在住)のお父様の場合

 「2015年6月12日のことでした。実家のある江蘇省南通市の病院から連絡が入ったのです。83歳の父が胆管がんで『このままだと一週間の命』という知らせでした。北京から空路で父のもとへ飛びました。面会すると、痩せて黄疸が出ていました。

 

img_kaketsu_001.jpg

 『このところ、何を食べても砂を噛んでいるようでまずいんだ。食事をする気になんかならないよ』とボヤいています。そこで私は、父に日本冬虫夏草を差し出しました。

 

 実はさかのぼること8か月前、私は肺の腫瘍摘出手術をしていました。日本冬虫夏草は術前から飲み続けていました。検査入院した病院では、肺がんの患者さん3人と知り合いになりましたが、1年経たないうちに皆亡くなって、自分だけピンピンしていたのです。何傑さんご本人のお話はこちらです。

 

img_kaketsu_002.jpg

 『飲みたくない』と子供のように駄々をこねる父に、『日本からいろんな人の手を介して届いたものなんだよ。苦労したんだよ』と説得し続け、口にしてもらいました。傍らで看護していた弟は、半信半疑といった様子でした。

 

 医師は、『黄疸の数値が165ではもうここでは何もできないよ』と言いました。そして、上海の病院に転院させる方針でした。一方、日本冬虫夏草を飲ませることには賛同してくれました。そんな医師の言葉を聞いて弟の態度も変わっていったのです。

 

黄疸が治り、手術が中止に。

 受け入れ態勢が整い、上海の病院に移ったのは6月28日です。そこは、肝と胆の専門病院でした。黄疸の数値は135に低下していました。すぐに手術に入ることになりましたが、私は、『2日、待ってほしい』と願い出ました。というのも、年齢的に手術はリスクが大き過ぎると思ったのです。医師も理解を示してくれました。その2日間は、日本冬虫夏草を1日700cc飲ませました。すると数値が110まで低下し、運よく手術が中止になったのです。

 

 医師は、『がんだったら、数値は上昇していくしかないから不思議だ』と言いました。そして、ついには胆管がんも小さくなって胆汁が通るようになり、食事もおいしく食べられるようになっていったのです。そして、7月15日にはめでたく退院の運びとなったのです。

 

 実家に戻った父は、お粥は自分で作って食べていました。スープは友人のレストランからいただいて来るようでした。常に油抜きの食事を心がけていました。それ以外は普段通りの暮しです。

 

img_kaketsu_003.jpg

 父は文化人で器用な人でした。書道の腕前もすごかったし、編み物も出来て、私と弟にセーターとズボンを編んでくれたことがあります。まっすぐで勤勉な人でした。『国のお金を頼りにしてはいけないよ。自分の力で頑張るんだ』と常に私たちに言い聞かせました。

 

 2016年に入って間もなく、トイレで倒れて入院するアクシデントがありましたが、すぐに退院して普段の暮らしに戻っていました。

 

そして再び2016年4月5日にトイレまで歩いて行って、戻るところで倒れました。弟が心臓の鼓動が止まってるのに気付いてすぐに心臓マッサージを施すと、脈を打ち始めました。そのまま救急車で病院に運びましたが、どうしても血圧が50から上がらず、翌朝8:46に心肺停止となりました。

 

多くの人の手が最高のゴールに導いてくれた

img_kaketsu_004.jpg

 父は痛くも無く、苦しくも無く、見事な最期を迎えました。幸せな最期と言っていいでしょう。前日まで、美味しく食事をして、排泄も自分で出来て、心地よく眠れてましたからね。一流企業に勤めていたのに、離職して父を見守り続けてくれた弟に感謝しています。

 

 また、父のために日本冬虫夏草を運んでくださった方々、食事をサポートして下った方々、息子の私の提案に敬意を払ってくださった病院の先生方など、多くの人の手が父をこのゴールへと導いてくれたのだと思います。心より感謝申し上げます」

2017年6月4日のお話より

 

【あとがき】
病気になったとき、本人や家族がかかえる不安と動揺ははかり知れません。できることなら静かな気持ちでより良い治療を選択し、原因をつきとめ、生活改善にも取り組んでほしい。そのためには、同じ病気になった人はどのような医療を受け、どのような経緯を辿るのかをよく知ることが前提となるはずです。そのような思いから、自らの経験が役立つのならと貴重な情報を寄せてくださった方々です。特定の治療を推奨したり、特定の治療を否定するものではございません。
体験談の虚偽記載は一切ございません。

当研究所の技術を真似た偽造品やコピー品にご注意下さい。

ご注意下さい