クモ目

ミカンイロクモタケ

000175.jpg

ミカンイロクモタケ
Torrubiella aurantia Y.Kobayashi et D.Shimizu

発生地:山形県・釜渕
採集年月日:Aug.20,1978

虫草菌には節足動物であるクモや、ダニに寄生するものがあり、冬虫夏草属菌と同じく子嚢を形成する子嚢菌類の仲間に入る。

一般に虫草属菌は宿主となる昆虫が核菌となり、これに子実体が成長して子嚢を形成する。節足動物に寄生した子嚢菌の場合も、宿主の大部を菌核とし、子実 体の成長とともに子嚢殻peritheciumを形成し世代を繰り返している。

クモ目Araneinaに寄生する虫草菌には、宿主であるクモ体表面に子嚢殻をつくる 気中生型の虫草菌が一般的であり、本菌のようにクモ寄生にはトルビエラTorrubiella型に寄生するのが基本的形態である。

子座stromaが宿主であるクモの体表面を覆い、全体は綿毛状、橙黄色で子嚢殻は着衣型の裸生、中心に突起状不稔の子実体を形成する。

子嚢殻は卵円形、大きさ720-730×300μ、口縁部はわずかに突出し茶褐色、子嚢ascusの太さ4μ、2次胞子sec-sporeは5×1μで空 中に飛散させる。

釜渕の三滝沢にてシダの葉裏に着床しているのを採取した。発見当初コガネイロクモタケ(仮名)と呼ばれたが、別名カンムリクモタケともいわれた。

日本産。発生は希有である。

人工培養(菌株CY142

感染症 VOL.33 No.4より

ツツナガクモタケ

000174.jpg

ツツナガクモタケ(短筒型)
Torrubiella oblonga Y.Kobayashi et D.Shimizu

発生地:山形県・釜渕
採集年月日:Aug.20,1979

虫草属菌には昆虫に寄生する虫生菌が大半を占め、他に地中の土団子菌に寄生する地下生菌と、クモ類の節足動物に寄生するクモ寄生菌に大別される。これは いずれも子嚢菌亜門ASCOMYCOTINAの仲間に入る。

クモに感染した子嚢菌はクモの体部に侵入し、クモの表皮を残して組織、組成を栄養にしながら菌核を形成、その菌核からコルジセップスCordyceps属 の子実体(キノコ)を発生させる。

クモ目Araneinaに寄生する虫草菌には、宿主であるクモ体表面に直接、子嚢殻 peritheciumをつくるトルビエラTorrubiella型の発生が一般的であり、本菌も子実体をつくらない体表面型のトルビ エラ型菌である。その他クモ寄生の分生子型ではイザリア型のクモタケIsaria atypicola Yasudaや、ギベルラタケGibellula aranearum(Sch.) H.Sydowが知られている。

本菌はクモ体表面の子座stroma上に裸生の短筒型子嚢殻をつくり、綿毛状灰白色の菌糸で覆われた着衣型で800-830×275-300μ、先端の口 部は円錐形で先は鋭く、長さは125-150μ、淡褐色であった。

ブナ林帯を流れるサワグルミ、トチノキ、ホウノキ、ミズナラの混交する小流畔で採取された。

人工培養(菌株CY29

感染症 VOL.33 No.5より

サンゴクモタケ

000173.jpg

サンゴクモタケ
Torrubiella rosea Y.Kobayasi et D.Shimizu

発生地:山形県・釜渕
採集年月日:July.19,1980

虫草属菌には昆虫に感染して、虫体の組織や成分を栄養として食餌し、成長するコルジセップスCordyceps型 を主体とする虫草菌と、クモ類などの節足動物に寄生するクモ寄生菌Torrubiella属に分類される。これらはいずれも子嚢菌亜門 ASCOMYCOTINAの仲間に入る。蜘蛛に感染した子嚢菌はクモの体内に侵入し、表皮を残して組織、組成分を栄養にしながら菌核を形成、その菌核から トルビエラTorrubiella属特有の白色菌糸体で覆われた菌座stromaを発生させる。

クモ目Araneinaに寄生の虫草菌には、宿主のクモ体表面に子嚢殻 peritheciumをつくるトルビエラ型の発生が一般的である。

その他クモ寄生の分生子型であるイザリア型のクモタケIsaria atypicola Yasudaや、ギベルラタケGibellula aranearum(Sch.) H. Sydowが典型的な不完全型の虫草菌として知られている。

本菌はクモに寄生した典型的なトルビエラ菌で、気生型か地上生型か、体表面には白色の菌糸膜が覆い、結実部は体の全面に及び、珊瑚のような子嚢殻を部分的 に集合させて発生させる。

子嚢殻は裸生型の卵形で570-650×320-350μ、鮮やかな橙紅色で、子嚢の大きさは4×2.5-3μ、2次胞子sec-sporeは4×1μ であった。

ブナの広葉樹林帯、サワグルミ、トチ、ホウノキ、ミズナラの混交する小流畔で採取された。

人工培養(菌株CY136

感染症 VOL.35 No.2より

クモノオオトガリツブタケ

000172.jpg

クモノオオトガリツブタケ(タマクモタケ)
Torrubiella globosa Y. Kobayashi et D. Shimizu

発生地:山形県・釜渕
採集年月日:Aug.21,1978

クモ目Araneinaに寄生する虫草で、極めて微小なクモの成虫を殺傷し、これに発 生する。

クモの成虫に寄生し、気生型の虫草で、本種の他に釜渕発見のクモ寄生新種にクモノエツキツブタケが記録されている。

他に釜渕発生のクモ寄生の虫草に、ハスノミクモタケ、コガネクモタケ、サンゴクモタケ、ミジンクモタケ、クロツブシロクモタケが記録される。

バッカクキン科、虫草属には大きく分けてコルジセップスCordyceps属、ポドネ クテリアPodonecteria属、主としてクモ、カイガラムシに寄生するトルビエラTorrubiella型に 3分類される。他にイザリア型のクモ寄生の虫草には、トタテグモに寄生する地中生型のクモタケIsaria atypicola Yasudaが代表される。

トルビエラ属の虫草は虫体を菌糸体で覆う菌座の表面上に、子嚢殻peritheciumを裸生状に形成するのが普遍的な特徴である。

本種はタマコグモ体長約1mmに満たない小さいクモに寄生する。子実体を形成せず、綿状の菌糸体が球状の菌座stromaとなり、裸生の大きな子嚢殻を 発生、不完全型の分生子柄synnemaを球状に造るのが種の特性である。

苔に着床し、宙吊り状に発生している。クモの活動状態そのままに感染し、虫体、クモの糸蛋白を分解して栄養源とし、球状の菌糸塊をつくる。

表面には無数の紫色球状の分生胞子をつける。

子嚢殻は長円錐形、裸生型で美しい淡黄色、後にアメ色に変わる。大きさは1000-1300×400μ。

子嚢胞子ascosporeは細長い糸状で、子嚢の太さ3-4μ。頭部は径3-4μ。放出後、隔壁から分裂して2次胞子sec- spore1-1.5×5μとなり、空中へ飛散する。

山地渓畔の流水でえぐられた窪みにある苔、枯草、杉の枯葉、枝などから下垂して発生する。

発生時期:7月末〜8月。日本特産。

人工培養(菌株CY137

註:クモは節足動物・クモ形類、真正クモ目に属し、正しくは昆虫目と区別される。

感染症 VOL.28 No.5より

クモタケ

000171.jpg

クモタケ
Isaria atypicola Yasuda

発生地:京都・北山
採集年月日:July.10,2001

節足動物のクモ目Araneinaに寄生する虫草の中で、最も代表的とされる不完全型 のイザリアIsaria型、虫草菌である。

トタテグモの成虫に寄生し、地中生型の虫草で、地下にある袋の中のトタテグモから子実体が発生する。不完全世代の子実体の頭部には淡紫色の分生胞子 conidioporeが密布し、空中に飛散させて世代を繰り返す。コレとは別に不完全型のクモタケとしてスチルベラ科のギベルラタケGibellula aranearum(Sch.) H. Sydow が普遍的に発生する。

一般にクモ寄生の虫草菌は、クモの身体の背部や足部の体表面に裸生型の子嚢殻peritheciumを造る完全世代のトルビエラTorrubiella型 が基本種としての特徴である。これら代表的クモ寄生の虫草菌にはサンゴクモタケ、トルビエラクモタケなど、他に多くのクモ寄生のトルビエラ種が記録されて いるが、宿主であるクモが地中生型で、イザリア型の子実体を形成するのは本種のみである。

バッカクキン科、虫草属には大きく分けて子実体を造るコルジセップスCordyceps属、ヨコバエに寄生、子嚢果の体表面生ポドネク テリアPodonecteria属、そしてカイガラムシ、主としてクモに寄生するトルビエラTorrubiella属 の3種類に分類される。不完全型にはこれらの分類はない。

本種はトタテグモ体長約10〜15mmの地蜘蛛に寄生。子実体は棍棒状で、大きさ8.5×0.4cm、弾力性ある肉質、地上部は紫色の分生胞子で覆われ るのがこの種の特性である。分生胞子は長楕円形で、大きさ0.9×3.3μ。

発生時期:6月末〜9月。発生場所:神社、寺院の境内、庭園などの照葉樹林内。

註:クモは節足動物・クモ形類、真正クモ目に属し、正しくは昆虫目と区別される。

感染症 VOL.31 No.6より

アカミノオグラクモタケ

000170.jpg

アカミノオグラクモタケ
Cordyceps coccidioperitheciata Y. Kobayashi et D. shimizu

発生地:山形県・最上郡
採集年月日:Aug.20,1983

虫草属菌には昆虫に寄生するもの、菌生虫草といわれる地下生菌(土団子菌)に二次的に寄生するもの、節足動物であるクモや、ダニに寄生するものがあり、 子嚢菌類の仲間に入る。

子嚢菌類には上記の他、有名なものでライムギなど、稲科植物に寄生する麦角菌がある。

一般に虫草属菌は宿主となる昆虫が菌核となり、これに子実体を形成する。対して菌生虫草の場合は地下生菌が菌核となり、この菌核から栄養を摂取しながら 成長する。クモに寄生した子嚢菌の場合も、宿主であるクモの体部を菌核とし、世代を繰り返している。

クモ目Araneinaに寄生する虫草菌には、宿主であるクモ虫体の表面に子嚢殻 peritheciumをつくるトルビエラTorrubiella型の発生が一般的であるが、本菌の場合は子実体がコルジセップスCordyceps型 を形成し、種特異性が顕著に発現している。宿主のクモは枯葉に包まれて明白に確認できない。

子実体は2本で放射状に広がり、頂部に裸生で鮮やかな橙黄色の子嚢殻をつくる。子実体の大きさ2.5-10×0.5-1.4mm、白色、綿毛質である。

子嚢殻は裸生で洋梨形、大きさ500-625×250-275μで、子嚢胞子ascosporeの太さじゃ3μ、子嚢ascus頭部の径2.5μであ る。2次胞子sec-sporeは柵状型で3×1μであった。

山形県最上町管内にて最初、渡部正一氏により発見されて以来、日本各地で採集が記録されるようになったが、発生は極めて稀。

人工培養(菌株CY104

感染症 VOL.32 No.4より