ツチダンゴ目

ハナヤスリタケ

000169.jpg

ハナヤスリタケ(中国名:大団嚢虫草)
Cordyceps ophioglossoides(Ehrh.)Fr.

発生地:山形県・葉山
採集年月日:Sept.3,1989

菌生冬虫夏草属Elaphomycesの一種で、ツチダンゴ(土団子)菌に二次的に寄 生し、完全世代の子実体をつくるコルジセプス型の菌類である。

一般に虫草菌は宿主となる昆虫が菌核となり、これに子実体を形成する。対して菌生冬虫夏草の場合は昆虫ではなく、菌核となる地下生菌を栄養源として成長 し、地上に子実体を発生させる。

地下生菌は大概径1〜3cmの硬い球状で暗褐色の殻に包まれており、表面には粒状の突起が密布して、内部は菌糸層で充実している。

子実体は単一で、まれに2本から数本に分岐する場合もある。長さ3〜15cm、地下に埋まる菌核の深さにより長さはそれぞれを胃にする。菌核の表面から 細い菌糸体が伸び、地上部にいたって太くなり、柄として頭部に子嚢の結実部をつくる。

本種は地下部の2個の菌核から菌糸体がからみ、黄褐色の1本の子実体となったもので、地上部は円柱状で2-8cm×2-7mm、子実体の頭部は棍棒状、 紡錘状で3〜10mm、淡黄褐色から暗オリーブ褐色となる。子嚢殻は埋生で卵形、500-600×200-300μで子嚢胞子の大きさは 400-500×8-10μである。

本種はブナの原生林内で発見採取したもので、比較的水はけの良いブナの葉の堆積した腐葉土上に発見、時間をかけて掘り出したものである。地下に掘り下げる ほど茎根の部分が細くなり、切断しやすくなるので作業に細心の注意を払わなければならなかった。

本種を含め地下生菌はヨーロッパや北アメリカの亜寒帯に発生分布が多いので、北方系の菌類と思われる。ニューギニア、マレーシアにも発見されているが、 高山帯の高地での発生で、垂直分布からすると高緯度の分布圏に発生する菌類であると思われる。

人工培養(菌株CY10

感染症 VOL.32 No.1より

エゾタンポタケ

000168.jpg

エゾタンポタケ
Cordyceps intermedia Imai.

発生地:青森県・十和田
採集年月日: Sept.2,1982

菌生冬虫夏草属Elaphomycesの一種で、ツチダンゴ(土団子)菌に二次的に寄生する地下生菌の一つ、子実体の頭部は扁球のタ ンポ状菌類である。

一般に虫草菌の場合は昆虫を殺害して、虫体を菌核とするのに対して、菌生冬虫の場合は地中の土団子菌を菌核として成長し、地上に子実体(キノコ)を形成 する。

地下生菌は大概径1〜3cmの硬い球状で赤褐色の殻に包まれており、表面 には粒状の突起が密布して、内部は菌糸層で充実している。

子実体は宿主の菌核体上に直接単出で発生し、長さ7-9cm、柄部は円柱状でやや捩れがみられる。柄の太さ4-6mm、色はオリーブ色から黒みがかって くる。ハナヤスリタケC.ophioglossoidesは菌生冬虫の代表とされるが、柄の地下部が下降するにしたがい細まり、髭根を つける点で本菌と基本的に相違する。

頭部の大きさ6-10×6-12mm、表面は黒褐色で子嚢殻peritheciumは完埋生、卵形で450-540×230-260μ 、子嚢胞子ascosporeの大きさ240-300×7-8μである。

2次胞子sec、sporeは3-6×1.5-2μであった。本種はブナの原生林内発見採集されたもので、比較的水はけの良いブナの葉の堆積した腐葉土 上に発見した。高山帯の高地での発生で、垂直分布からすると高緯度の分布圏に発生する菌類であると思われる。

人工培養(菌株CY239)

感染症 VOL.33 No.3より