トンボ目

タンポヤンマタケ

000166.jpg

タンポヤンマタケ
Cordyceps odonatae Y. Kobayasi

発生地:茨城県笠間町七会
採集年月日:Oct.6,2005

トンボ目Odonata、トンボ科Libel luridae、またはヤン マ科Aeschnidaeの成虫に寄生する完全世代型の虫草菌である。

自然界の昆虫に寄生する菌類は普通、完全世代型であるテレオモルフ(有性生殖型)の子嚢菌類Cordycepsが 主流をなしている。これは麦角菌Claviceps purpureaと同じ子嚢菌類であり、子嚢殻peritheciumに内包する 子嚢ascisを有しているのが特徴である。子嚢が分裂して子嚢胞子ascosporeを空中に飛散させ世代を繰り返している。

自然界では、トンボに寄生する虫草菌は不完全世代型のアナモルフ(無性生殖型)が一般的で、イザリア型Isaria typeとして発生し、分生胞子conidio-sporeの形で世代を繰り返すのが一般的である。発見当初、ヤンマ科のトンボに寄生した虫草菌であった ためヤンマタケ(不稔型)と命名された。

本菌はトンボの胸部から数本のタンポ状子実体stromaを発生させ、頂部に白色のハスのつぼみ状結実部をつくり、白色菌糸体で包まれた半埋生か埋生の 子嚢殻を形成させる。柄の部分は淡橙白色でやや硬い肉質、長さ2.0〜2.5mm、太さ0.8〜1.0mm、頂部の結実部の大きさは1.5〜2.0mmで あった。

子嚢殻は細口瓶形、または長楕円形、色は淡黄褐色、大きさ100-115×30-35μ。子嚢の径は8μ、頭部は亀頭型10×7μ。2次胞子は長方形 5×1μで隔壁が見られる。

尾部の結節部よりHymenostilbe不稔型の子実体を発生させる。柄の大きさ2.5〜6.0mm。硬い肉質で淡橙白色、分生胞子の大きさ 0.5×1.0μ。

人工培養(菌株CY242)

〔追記〕ヤンマタケHymenostilbe odonatae Kobayasiは無性生殖型で、本菌は同じ場所で採取された真性の有性生殖型の完全世代型虫草菌である。菌蕈学の泰斗、故小林義雄先生はニューギニアの 西イリアンで発見し、Bull. Natn. Sci. Mus.7(1):6(1981)に発表している。

日本では本菌に子嚢殻perithecium、子嚢ascusが顕微鏡観察で確認され、今回が初めての発見となった。

感染症 VOL.36 No.2より

ヤンマタケ

000167.jpg

ヤンマタケ
Hymenostilbe Odonatae Kobayashi

発生地:山形県・釜渕
採集年月日:Aug.28,1977

トンボ目Odonata、トンボ科Libelluridae、また はヤンマ科Aeschnidaeの成虫に寄生する不完全型の虫草菌である。

不完全型の虫草菌には属特異性があり、鱗翅目の昆虫に寄生するイザリアIsaria型、 主にクモに寄生するギベルラGibellula型、カメムシ寄生のHirsutella型、トンボ、スズメガ、ハエ に寄生するTilachlidiopsisなど十数種に及ぶ諸属がある。

自然界の昆虫に寄生する菌類は、一般に完全世代である子嚢菌類Ascomycetesが主流をなしている。これは麦角菌Claviceps purpureaと同じく子嚢菌で、子嚢ascisを有しているのが特徴であり、子嚢胞子asco-sporeを空中に飛散させて自分たちの世 代を繰り返している。

不完全世代の昆虫寄生の菌類では、主に分生胞子conidio-sporeの形で自分たちの世代を繰り返すのが一般的である。

発見当初、ヤンマ科のトンボに寄生した虫草でヤンマタケの名が与えられた。

結節部より不完全Hymenostilbe型の子実体を発生させる。柄の大きさ2.5〜 6.0mm。硬い肉質で淡橙白色、分生胞子の大きさ2.50.5×1.0μ。

気生型の本菌の特徴として、雪深い北国にては圧雪や、風雪のため止まり木の枝葉が虫体と共に落下崩壊し、完全世代としての子嚢胞子を造れず、不完全世代の 分生胞子として世代を繰り返すものと思われる。

自然界では空中に飛翔するトンボに分生胞子として感染し、生きているトンボを殺傷、その生体の組織組成である昆虫蛋白を栄養源として自分たちの子孫を残 すために世代を繰り返している。

本写真はヤンマタケ菌に感染し、運動神経が侵されてカヤツリグサ科の葉に着床し、死に絶えた姿である。

近年、茨城県筑波山において菌類写真家の伊沢正名氏により、長年待望された子嚢胞子果peritheciumのある完全世代のヤンマタケを追培養で成功 させた。

人工培養(菌株CY79

感染症 VOL.29 No.2より