膜翅目

マルミノアリタケ

000162.jpg

マルミノアリタケ
Cordyceps formicarum Y. Kobayashi

発生地:香川県・仲南町
採集年月日:May.16,1999

膜翅目Hymenopteraのアリ科Formicidaeに寄生する虫草 であり、本種は朽木生、マツなどの幹の中に巣をつくるムネアカオオアリの胸部から子実体fructificatioを発生させている。

子実体は太鼓のバチ状で、頭部の結実部はタンポ型。柄は淡黄白色で弾力性ある肉質。高さは12mm×1mm。結実部は一般に卵形、または洋コマ形とされ ているが、本種は淡黄色の球形で直径3mmの大きさであった。

子嚢殻peritheciumはハチタケと同じく斜埋生、細口瓶型で大きさは830×370μ。子嚢ascusは700×4〜5μ。2次胞子sec- sporeは細長い紡錘形で9.8-10.5×1-1.5μ。

発生環境は落葉樹、照葉樹と針葉樹の混交林内に発生し、高温多湿の7〜9月にかけて最盛期であるが、西日本以南では冬季期間にても発生する。日本の他は台 湾でも発見が確認されている。

1999年5月、徳島の村上光太郎先生の御好意により譲り受けたアリタケの一つであり、直ちに寒天培地に接種し人工培養を試みた。その結果、自然界に発 生すると同じ子嚢殻を有する有性型(teleomorph)子実体を発生させることに成功した。

蟻に寄生して発生するアリタケの人工培養において、寒天培地上に自然界と同じ有性型の子嚢殻をつくることに成功したのは、史上初めてである。

人工培養(菌株CY237

感染症 VOL.32 No.6より

ハチタケ

000163.jpg

ハチタケ(中国名:黄蜂虫草)
Cordyceps sphecocephara(Kl.)Sacc.

発生地:山形県最上郡赤倉山刀伐峠
採集年月日:Aug.20,1983

膜翅目Hymenopteraに寄生する虫草で、ハチやアリの成虫に寄生する。 子実体はハチの頸部から発生し、ミミカキ型で長楕円形、または円筒状の頭部と細い柄からなる。地上部は3.0〜10cm繊維様肉質で、淡黄色、クリーム黄 色で、頭部の表面 には子嚢殻が斜埋生型に密布する。

子嚢胞子ascosporeは細長い糸状で、分裂して狭紡錘状の2次胞子(9.0〜1.2×1.7〜2.0μ ) Sec.ascosporesとなり、空中に放出し 、飛翔しているハチに感染して世代を繰り返す。中南米、中国、日本に分布する。

1754年、スペインの宣教師Jose Toorrubiaは西インド諸島にて蜂が草と化して、地上から植物となって(子実体)発生する図を描き、ヨーロッパの人々を驚かした。

昆虫の組織組成を栄養源とし、体組織を構成する有機酸、蛋白質、昆虫表皮のキチン、ケラチン質などの硬蛋白をも分解する酵素、化学成分を含んでいる虫草で ある。

1977年、第16回日本薬学学会東北支部大会(秋田大学医学部)において「冬虫夏草の人工培養と抗腫瘍性について 第一報ハチタケ」と題し、東北薬科 大学第二癌研究所;佐々木健一、斉藤正明らと共同研究、発表する。

ハチタケ人工培養菌(菌株CY4)のEtOH抽 出FractionにおいてマウスのEhrlich腹水癌細胞106個移 植後、i.p.50mg/kg/day5日間投与で約76%の腫瘍増殖抑制率を示した。

感染症 VOL.27 No.1より

コブガタアリタケ

000161.jpg

コブガタアリタケ
Torrubiella collariatus sp.

発生地:福島県飯館村
採集年月日:Nov.5,2006

膜翅目Hymenoptera、アリ科Formicidaeの蟻に寄生する ノムシタケ属(冬虫夏草属)の子嚢菌で、ムネアカオオアリの頭部と胸部結節の間から襟巻状にトルビエラTorrubiella型の結実 部を発生させる。

アリ寄生の子嚢菌の場合はコルジセップスCordyceps型の柄のある子実体 stromataをつくるのが一般的であり、虫体表面に偏平状のトルビエラ型結実部をつくるのは気生型の本種のみである。

アリ虫体の大きさ11mm、黒褐色で胸部結節はブドウ色がかった赤色である。頭部と胸部結節の部分にコブ状、黒褐色の結実部をつくり、子嚢殻 peritheciumの口縁部を微かに突出する。

コブ状結実部の大きさ1.7〜2.7mm、厚さ1.0〜1.2mmで、コブ状塊が2〜3個つらなり、襟巻状に頭部と胸部の結節間の部分を取り巻いてい る。

子嚢殻は埋生、卵形、大きさ800-880×480-560μ。子嚢胞子ascosporaは細長い太針状で多くの隔壁があり、2次胞子に分裂しない。子 嚢胞子の太さは2-2.5μ。

本種はヤマツツジの小枝を移動中、昆虫寄生子嚢菌に感染して息絶えた姿で、まさに巌のような癌細胞に侵されて死の転帰に至ったかのような無惨なアリの姿 である。

発生地はヤマウルシ、イヌシデ、ミズナラ、ハウチワカエデなど林内のヤマツツジの葉柄上に発生する。

1986年、福島県飯館村五郎沢にて貝津好孝氏により初めて発見されたアリ寄生の子嚢菌である。

現在、人工的に半固形培地に培養中で、輝きのある白色針状の菌糸体が放射状に発育している。

人工培養(CY176)

感染症vol.37 No1より