鱗翅目

ミノムシタケ

000145.jpg

ミノムシタケ
Isaria sp.

発生地:茨城県・相川
採集年月日:Oct.6,2005

鱗翅目Lepidptera、ミノガ科Psychidaeの蛾の幼 虫に寄生する分生胞子型の虫寄生菌である。

鱗翅目に寄生する菌類の中では大半を占める子嚢(しのう)胞子型Cordyceps typeと、数種類の分生胞子で世代を繰り返すIsaria typeの虫寄生菌群に大別される。さらに分生胞子型のIsaria typeはハナサナギタケisaria japonica型と、コナサナギタケIsaria farinosa型 とに分けられる。

本菌は、顕微鏡観察の結果は胞子の形がハナサナギタケと同じ楕円形であることを確認した。子実体は形態的にコナサナギタケ(胞子は球形)に類似してお り、採集当初、分生胞子は球形であろうと想像したが、中央部の窪んだ楕円形であった(ことからハナサナギタケに近いと思われた)。分生胞子の大きさは 5-7-×1.5-2.0μm。

子実体は11個を発生、高さ3-7mm、結実部は子実体柄の下部に及び、白色の分生胞子を密布させる。追培養により子実体は15mmまで伸張させることが できた。

繭の代わりに蓑に包まれたミノガサを剥いでみると、ウジムシ型(雌)の幼虫が観察された。虫体の大きさは12mmになる。

ミノムシに寄生した冬虫夏草属菌は過去の記録にはなく初めての発見となった。

人工培養

感染症vol.36 No3より

ミジンイモムシタケ

000144.jpg

ミジンイモムシタケ (TY-262)
Cordyceps sp. Y.Kobayashi

発生地:山形県・羽黒
採集年月日:Sept.29,1988

鱗翅目Lepidoptera、ヤママユガ科Saturnaiidaeの 幼虫に寄生する最も美麗な大型の虫草菌である。

鱗翅目に寄生する虫草は中国の冬虫夏草Cordyceps sinensis Sacc.を初めとして広い世帯を持つ虫草菌群であり、本菌は本邦最大の蛾の幼虫であるヤママユガAntheraea yamamaiの イモムシに寄生する。他にイモムシに寄生する代表的虫草としてトサカイモムシタケが知られているが、本菌に比較すると一回り小さく、色合いも朱色、暗朱色 で子実体の美しさを異にする。

イモムシの頸部、背部、ときには尾部より鮮やかな紅橙色の美しい子実体を発生させる。地生型の虫草で、発生周囲の植物層にはタニウツギ、オオカメノキ、 クヌギ、コナラ、クリ、カシワ、ヌルデ、ツバキ、高木ではマツ、ホウノキが生育し、この樹層を囲んで樹齢30年以上の杉林が並んでいる。近くに鉄分を含ん だ赤サビ色の水溜まりが散在し、流れを作っている。

宿主である虫hostの大きさ4〜7cmになる。

子実体stromaは棍棒型、ときに不規則偏平型となり、結実部の表面には子嚢果ascomaを密布、発生させる。柄は白色、後に淡黄色、捩じれ状でや や柔らかい肉質、基部は複雑に絡み、子実体は大小約3〜16本叢生、高さ1〜11cmに及ぶ。

子嚢殻peritheciumは細かく、裸生型で、頭部の子嚢果表面に粒点状に密布する。卵形、または楕円形で大きさ 400-420×180-200μ。

子嚢胞子ascosporeは細長い糸状で、空中に放出後、隔壁から分裂して冊状の2次胞子sec.ascosporeとなる。大きさ 3-8×0.8-1.2μ、子嚢胞子頭部cap of asciは球形2.0×1.6μ。

日本特産 人工培養

感染症 VOL.29 No.1より

フデノホスズメガタケ

000143.jpg

フデノホスズメガタケ(学会未記録種)
Cordyceps sp. nov.

発生地:山形県・山刀伐峠
採集年月日:Aug.20,1985

鱗翅目Lepidoptera、スズメガ科Sphingidaeの 成虫に寄生する虫草で、本種は水飛沫の上がる水量の多い岩場の苔上に発見された学会未記録種の虫草菌である。

鱗翅目の昆虫に寄生する虫草菌は鞘翅目と同じく多くの種類、世帯を有している虫草菌群である。しかも鱗翅目に限り成虫に寄生する虫草が多く発見されてい る。ガヤドリナガミノツブタケ、ガヤドリキイロツブタケ、アメイロスズメガタケなどがある。

本種は1985年の夏、山形県は北東部の栗駒高原に入る山刀伐峠の山麓で発見された虫草菌で、子実体が筆の穂の形態からフデノホスズメガタケと命名され た。

俳聖・芭蕉が曾良と共に山越えした奥の細道、登山道の入口には樹齢300年を越す樹林帯が広がり、鬱蒼とした茂みは緑濃い視界に包まれ、薄暗い足元には 清らかな小川が太古の時を刻んで今に流れている。

植生相はタニウツギ、ムシカリ、カシワ、サワグルミ、ミズナラ、トチノキ、ホウノキ、ブナなどが繁茂している。

子実体stromaは筆穂状、高さ18-19mm、太さ2.0-4.3mm、頭部は子嚢殻部peritheciumを裸生型に密布する。

人工培養 

〔追記〕1985年以来、幾度となく同じ場所を訪れているが、未だ2体目の発見は記録されていない。そのため子嚢殻、子嚢胞子の大きさ未だ計測不能となっ ている。

感染症 VOL.30 No.6より

ハナサナギタケ

000142.jpg

ハナサナギタケ
Isaria japonica Yasuda

発生地:山形県・釜渕
採集年月日:Jun.29,1992

鱗翅目Lepidpteraの蛾の幼虫、蛾に寄生する虫草菌で、不完全世代の分生胞子 で世代を繰り返すイザリアIsaria型の虫草菌である。

地上部の子実体stromaは1〜20個、根本から叢生し、樹枝状、ホウキ状、またはサンゴ状に中途の多数の分生胞子を浸ける。子実体の柄は円柱状で、ときには平たく偏平して淡黄色を帯びる。地上部の高さ約5〜40mm、風や雨の刺激を受けると粉状となって空中に飛散する。

分生胞子は楕円形、大きさ1.5×2.7μmで、コナサナギタケIsaria farinosa(Holm.)Fr. の胞子の球形と異にする。

発生時期は虫が活動する夏の最盛期6〜8月が最適で、11月の中頃にまで及ぶ。発生場所は高温、多湿の広葉樹林帯で、河川の流れる氾濫台地の樹陰地帯が 発生の候補地となる。一般に里山の雑木林、山地の落葉樹林内の地上、苔の生える岩面に固着発生する。

人 工培養菌。I.japonica培養液は免疫増強作用、および抗腫瘍作用のあることをin vivoの動物実験で 証明し、日本薬学会第123、124年会で発表した。
〔追記〕ノムシタケCordyceps属の菌類には子嚢胞子で世代を継承する完全世代型の子嚢菌群と、分生胞子で世代を繰り返す不完全 世代型の子嚢菌群の虫草菌群がある。その代表的な菌類の不完全世代型にIsariaがあり、鱗翅目の昆虫の他、鞘翅目の甲虫類、クモ、 セミ、カメムシ、カイガラムシ、アブなどに寄生する。またクモ、鱗翅目の昆虫に寄生するGibellulaがあり、鱗翅目と鞘翅目の昆 虫に寄生するPolycephalomyces、トンボ、スズメガ、ハエ、アリなどに寄生するHymenostilbe がある。他にもHirsutellaStilbellaCephalosporiumSynnematiumな どの昆虫に寄生する不完全世代型の菌類が知られている。

感染症 VOL.34 No.4より

ハナイモムシタケ

000141.jpg

ハナイモムシタケ
Isaria martialis sp.

発生地:山形県・肘折
採集年月日:Oct.22,2001

虫草属菌の中で鱗翅目Lepidopteraの幼虫や蛹、成虫に寄生する虫草菌は最も多く発見されている。代表的な虫草菌にサナギタ ケC.militaris、トサカイモムシタケC.maritialis、ウスサナギタケC.takamontana、 蛾の成虫ではスズメガタケC.tuberculosumがあり、いずれも子嚢胞子ascosporeを空中に飛散して昆虫に感染し、世 代を繰り返すコルジセップスCordyceps型の虫草菌である。

これに対して分生胞子conidiumをつくり、昆虫に感染させて世代を繰り返している不完全型の虫草菌がある。サナギタケの不完全型はコナサナギタケI.farinosaで あり、ウスサナギタケの不完全型はハナサナギタケI.japonicaであるとされている。

虫草菌類学の泰斗、小林義雄氏は分生子柄が束生し、シンネマSynnemaを造る形態はカビの仲間であるパイシロマイセスPaecilomycesと本 質的に異なり、これらの不完全型をイザリアIsaria型の虫草菌であると区別 している。

本菌はトサカイモムシタケの不完全型で蛾の幼虫であるイモムシに寄生し、同じ鱗翅目の不完全型であるハナサナギタケと形態を相違にする。

本菌の分生胞子を顕微鏡で観察すると球形で、大きさは直径2〜2.5μ 、極めて小さい。ハナサナギタケは長楕円形、または鎌状型で3.2-5×1.5-2μ と大きく、柄の色調は淡黄色である。本菌は根元が淡黄褐色でハナサナギタケの子実体とは異なり、形態学的に分生胞子はコナサナギタケに近いのが特徴であ る。

ブナの原生林の中にV字型の渓谷が走り、タニウツギ、トチノキ、ミズナラ、オオカメノキなどが生育する広葉樹林帯内の氾濫台地にて発見する。

人工培養

感染症 VOL.33 No.1より

ハトジムシハリタケ

000140.jpg

ハトジムシハリタケ(学会未記録種)
Cordyceps sp.

発生地:山形県・釜淵
採集年月日:Aug.16,1978

鱗翅目Lepidpteraの小さい蛾の幼虫に発生する完全世代型の冬虫夏草属菌で、 子嚢胞子で世代を繰り返すコルジセップスCordyceps型の昆虫寄生菌である。地下生菌で、マユ(繭)の代わりに二枚重ねの葉の間に生息する蛾の幼虫 に感染寄生した珍しいキノコ(菌蕈)である。

地上部の子実体(キノコ)は細針型で、単一かまれに双生する場合がある。高さ3〜8cm、太さは0.8〜1mm、色は淡黄褐色で、弾力性ある繊維状のや や硬い感じの革質である。子実体上半部の結実部には、裸生型の子嚢殻peritheciumをまばらに発生させ、先端は細まる。子嚢殻の形態は卵形、茶褐 色で、本種の子実体はクリナスcrinalis特有の典型的なハリタケ型を呈する。

子嚢殻の大きさは420-480×270-320μm、2次胞子sec-sporeは7-8×1-1.5μm。

本種は深山渓畔の氾濫台地、枯葉堆積上にて採集、周辺の植物層はトチノキ、カツラ、ミズナラ、ホオノキ、サワグルミ、イタヤカエデ。

日本特産 人工培養

〔追記〕:コルジセップスCordyceps typeの子実体の形態には棍棒型を代表として、タンポ型、ミミカキ型、ハナヤスリ型、 ハスノミ型、クビオレ型、ハリタケ型などがあげられる。なかでも鱗翅目の幼虫に感染し発生する冬虫夏草属菌の子実体にはハリタケ型も多く、コツブイモムシ ハリタケC.crinalis Ells ex Lloydが、ハリタケ型の典型的な子実体の形態としてクリナリスCrinalis型 といわれる。

感染症vol.36 No6より

トサカイモムシタケ

000139.jpg

トサカイモムシタケ
Cordyceps martialis SPEGAZZINI

発生地:山形県 肘折
採集年月日:Aug.27,1978

鱗翅目Lepidptera、蛾の幼虫に寄生し、胸部や頸部、口器より子実体(キノコ)を発生させる。

自然界の驚異というべきか、写真は羽化の寸前に感染し、羽化の最中に足を出したままの昆虫の生命を奪い、昆虫の組織、組成を栄養源として摂取、見事に落 ち葉を突き通して子実体を発生させている。

これらの虫草菌は植物に寄生する木材腐朽菌等(キノコ)と異なり、昆虫の組織等、動物性蛋白を分解し、栄養源として成長する特殊の生理活性作用を持って いる。

中国の冬虫夏草C.Sinensis SACC.は古来吉祥のしるしとされ、夏は植物(陰)で実を結び、冬は虫(陽)と化して輪廻を繰り返す。天地自然が万物を育むという神仙思想が今に伝えら れる。植物が虫に変わる。虫が植物に変わる。中国では正しく自然界の怪奇現象の一つとしてとらえられた。

本菌は地生型の虫草で、地上部の子実体は不規則にゆがんだ棍棒状か、長楕円形、高さ3〜7cm、単一か、ときに2〜3個を束生させる。偏圧され、不規則に 分岐したトサカ状か、丸みのしわひだのある子実体をつくる。色調は淡黄褐色から淡朱色、柄の基部は細まり暗褐色で全体はやや硬い繊維肉質である。

子嚢(しのう)殻peritheciumは斜埋生で不規則粒点状に密布し、孔口は暗褐色でややあらく突出する。

子のう果ascocarpiumは細口ビン形、650-700×280-300μ、子のう胞子ascospora350×3-4μ、頭部ascisの径 は3μ、2次胞子Sec.sporeは5-7×1μ。人工培養

分布:日本、中南米、ロシア沿海州。7〜9月頃、ブナ林床の原生地上に発生する。

感染症 VOL.28 No.3より

サナギタケ

000138.jpg

サナギタケ(中国名:鱗蛹虫草)
Cordyceps militaris(Vuill.)Fr.

発生地:山形県最上郡釜淵鶴ヶ田沢
採集年月日:July.28,1977

鱗翅目Lepidopteraの蛾や蝶の蛹、幼虫に寄生する虫草で、子実体は棍棒状、スリコギ棒状で地生型に発生する。頭部は朱黄 色、淡朱橙色で、柔らかい肉質、柄は淡色で地上部の高さ1.3〜6.5cmである。上部に半裸生型の子嚢殻 Perithecialを形成し、先端が粒点状に細かく突出する。

胞子果は卵形450-670×230-370μ。二次胞子Sec.ascosporeは短冊状で、子のうAscospore400-420×3-4μに 内包する。

発生期は7〜8月の夏が最盛期で、写真はブナの葉を食すブナアオシャチホコ(Desmeocraerapunctatella Motschulsky)の蛹に寄生したものである。

1951年、英国、グラスゴー大学教授Cunninghamは、サナギタケから低分子化合物である核酸Cordycepinを単離し、枯草菌、抗酸菌に 効果 のあることを発表している。

1983年、第22回日本薬学学会東北支部大会(岩手医科大学歯学部)「サナギタケ、コサナギタケの培養とその抗腫瘍成分について」と題して発表した。 元東北大学薬学部・近藤嘉和助教授、東北薬科大学第2癌研究所・佐々木健一教授、石川正明助教授らと共同研究(1982)。

サナギタケに含有するステロイド骨格のErgosterol peroxide(5α、8α-Epidioxy-5α-ergosta-6,22-dien-3β-ol)を単離した。エルゴステロール・パーオキサイ ドはin vitro、33μg/mlでマウスのHepatocellular carcinoma cell lineの増殖を完全に抑制した。

感染症 VOL.27 No.2より

コツブイモムシハリタケ

000137.jpg

コツブイモムシハリタケ
Cordyceps crinalis Ellis ex Lioyd

発生地:山形県・釜渕
採集年月日:Aug.10,1988

鱗翅目Lepidptera、蛾や蝶の幼虫に寄生する虫草で、本種はミズナラ、アカシ デ、サワグルミ、トチノキ、オオカメノキ、ブナなどの広葉樹林内の流畔に発見された地生型の虫草菌である。

主にイガラ科Heterogenの蛾の幼虫に寄生する虫草菌で、近縁種にイラガツブタ ケC.cochlidiicola Y.Kobayasi et Shimizuがあり、イラガ科の蛾の硬い繭から子実体を発生させる点で本種と形態を相違する。

子実体stromataは針ケタ型、単一、または数本を虫体の頭部、腹部、尾部から発生させる。柄の上半部には取り巻くように結実部をつくり、裸生型の 子嚢殻peritheciumを不規則に結実させる。

子実体の高さ5〜8cm、太さ0.3〜1mm。円柱形で、淡灰褐色の弾力性あるやや硬い革質、不規則に屈曲する。

子嚢殻は卵形で、大きさ300-330×225-250μ。暗褐色、先端は半円形である。子嚢頭部ascusの径は4μ。2次胞子sec-sporeは 4-5×1μで、細長い短冊様の長方形である。

アメリカ、アフリカ、日本に分布。

人工培養

〔追記〕本種の唯一の発生地であったブナ樹林帯(民有林)がチップ用に切り出され、以来、自然の生態系は戻ることなく、本種の発見は記録されていない。

感染症 VOL.35 No.5より

クキジロサナギタケ

000136.jpg

クキジロサナギタケ
Cordyceps militaris f.sp.

発生地:山形県・戸沢村角川
採集年月日:Sept.15,1980

鱗翅目Lepidopteraの蛾の幼虫、蛹に寄生する完全世代型の虫草菌で、結実部 より下の茎の部分が根元まで純白なのでこのように命名された。世界的に分布が広く、平地から高山帯まで発生する標準型のサナギタケC.militaris(L.:Fr.)Fr. は、子実体が全体的に朱紅色で、ウスキサナギタケC.takanomontana Yakusiji et Kumazawaの場合も地上部の子実体は淡黄色、老熟すると暗色となる。

1949年に超一級クラスの稀品に相当するシロサナギタケが、秩父天目脊稜の長沢山から発見されていることが虫草菌の泰斗、故清水大典先生によって伝え られている。

本種は、山形県戸沢村角川の山奥に秘湯として知られている今神温泉のブナの原生林にて発見された。サナギタケとしては第2の稀種にあたる新しい色彩型の虫 草菌である。

大小二つの子実体、高さ3.5cmと2.7cm、頭部の結実部はカバ色の混じる美しい鮮黄色で、大きさ幅4mm、茎の部分は純白色、サナギタケと比べて やや硬い肉質である。子嚢殻peritheciumは半埋生の卵形で、450-670×230-370μ、子嚢ascusは400-420×3-4μ、2 次胞子sec-sporeは2-3.5×1μ。

感染症 VOL.35 No.3より

ガヤドリナガミノツブタケ

000135.jpg

ガヤドリナガミノツブタケ(スズメガタケ)
Cordyceps tuberculata(Leb.) Maire f.moelleri(Henn.) Y.Kobayashi

発生地:山形県・釜渕
採集年月日:Aug.3,1980

鱗翅目Lepidoptera、主にスズメガ科Sphingidaeの 蛾の成虫に寄生し、まれにカラスアゲハの成虫に発生する。

成虫に寄生する虫草には、ハチタケ、ハエヤドリタケ、アリタケ、カメムシタケ、ヤンマタケなどが知られている。虫草が寄生する宿主hostとして幼虫 に、また虫草菌の種類は異なるが成虫にも寄生する虫草は鱗翅目の昆虫のみである。

子実体は不整形、不規則の太針円柱状または棍棒状で、白色綿毛質、やや硬い肉質。高さ3〜10mmである。虫体の腹部、背部より1〜20本に及び、叢生 する。

結実部の子嚢殻peritheciumは主に子実体の中央部から上部に集まり、ときには体表を覆う菌座上にもまばらに発生する。裸生型で卵形または楕円 形、美麗な黄色を呈する。老熟すると黄褐色に変わる。大きさは460-560×200-250μ。ツブタケ型。

子嚢胞子ascosporeは細長い糸状で、子嚢頭部の径は5×5μ。放出後、隔壁から分裂して2次胞子sec-sporeとなり空中へ放射状に飛散する。

2次胞子の大きさは3.5-8.5×1-1.2μである。気生型で、山地の渓畔に近い林内の倒木上、葉、立杉の根元、日陰崖の壁面にまれに着生する。

1941年に発見、記録され、世界的に分布は広い。発生時期は6月末から9月末に及ぶ。

人工培養

感染症 VOL.28 No.4より

カマブチオオハリタケ

000134.jpg

カマブチオオハリタケ
Cordyceps sp.nov

発生地:山形県・釜渕
採集年月日:Aug.3,1980

鱗翅目Lepidoptera、主にスズメガ科Sphingidaeの蛾の 成虫に寄生し、まれにカラスアゲハの成虫に発生する。

成虫に寄生する虫草には、ハチタケ、ハエヤドリタケ、アリタケ、カメムシタケ、ヤンマタケなどが知られている。虫草が寄生する宿主hostとして幼虫 に、また虫草菌の種類は異なるが成虫にも寄生する虫草は鱗翅目の昆虫のみである。

子実体は不整形、不規則の太針円柱状または棍棒状で、白色綿毛質、やや硬い肉質。高さ3〜10mmである。虫体の腹部、背部より1〜20本に及び、叢生 する。

結実部の子嚢殻peritheciumは主に子実体の中央部から上部に集まり、ときには体表を覆う菌座上にもまばらに発生する。裸生型で卵形または楕円 形、美麗な黄色を呈する。老熟すると黄褐色に変わる。大きさは460-560×200-250μ。ツブタケ型。

子嚢胞子ascosporeは細長い糸状で、子嚢頭部の径は5×5μ。放出後、隔壁から分裂して2次胞子sec-sporeとなり空中へ放射状に飛散する。

2次胞子の大きさは3.5-8.5×1-1.2μである。気生型で、山地の渓畔に近い林内の倒木上、葉、立杉の根元、日陰崖の壁面にまれに着生する。

1941年に発見、記録され、世界的に分布は広い。発生時期は6月末から9月末に及ぶ。

人工培養(菌株CY77

感染症 VOL.28 No.4より