異翅亜目

クビオレカメムシタケ

000133.jpg

クビオレカメムシタケ(釜淵産)
Cordyceps pentatomi Koval

発生地:山形県最上郡釜淵
採集年月日:Sept.23,1997

異翅亜目(カメムシ亜目)Heteropteraのカメムシ成虫に寄生する虫草で、ロシアの菌類学者コバールによって1964年、沿 海州より採集され、カメムシ科Pentatomidaeの名をとってCordyceps Pentatomi Kovalと命名された。

それ以前の1958年、日本菌類学者の泰斗、故小林義雄博士によって宮城県七ヶ宿町、稲子ブナ林帯で最初の発見という経緯があった。

カメムシ科トホシカメムシLelia decempunctata MOTSCHULSKYの胸部背側から子実体が発生し、背着型、地生型である。柄は円柱状、やや硬い繊維肉質で高さ4〜4.5cm、表面はネジレがあり黄 褐色を呈する。湾曲した柄の頂部に淡黄褐色の結実部を枕状につける。

胞子果は埋生、洋梨形700-780×230-280μ、2次胞子は3-6×1μである。

本年の8月、山形県の古寺鉱泉にて3例目が発見され、写真は4例目の発見となった。釜淵、農林水産省林業試験場内にある八ヶ岳トウヒの標本林内にて矢萩禮 美子氏により見出され、実に40年振りの採集となった。

写真のクビオレカメムシタケは虫体の腹側右胸部から発生し、子実体の高さ1.0〜2.2cm、柄の太さ0.08〜0.2cm、柄は捩れ、結実部は湾曲す る柄の頂部に生じる。柄の色は黄褐色、結実部の色は淡黄褐色、胞子果は成熟して後、半埋生型に変わり、粒状に密布する。洋梨形、大きさは 380-780×180-280μ。子のう胞子は細長い糸状で、隔壁から分裂して2次胞子(2-5×0.8-1.6μ)となる。越年生で旧年の子実体(ら しい)黒褐色の柄を残す。

感染症 VOL.27 No.6より

カメムシタケ

000132.jpg

カメムシタケ(分生胞子型)
Isaria sp.

発生地:山形県・釜渕
採集年月日:Jun.29,1992

異翅亜目HeteropteraのアオクチブトカメムシDinorhyncuhsdybowskyi Jakovievの成虫に寄生する虫草菌で宿主の体長8〜22mm、地上部の子実体の高さ11cmになる。頂部の結実部には不完全型の分生胞子により世代 を繰り返すイザリアIsaria型の胞子が密布している。

カメムシタケCordyceps nutans Pat.中国名は椿象虫草といわれ、冬虫夏草とは区別され呼ばれている。

カメムシに寄生する虫草菌は子嚢殻peritheciumを有するコルジセップスCordyceps型の子嚢胞子ascosporeで世代を繰り返すの が一般的であり、結実部は鮮紅色で美しく、虫草菌の基本種とされている。本種のような分生胞子の不完全型は自然界では珍しい。

イザリアの他、カメムシに寄生する不完全型の虫草菌にはヒルスウテラHirsutella、 スチルベラStilbellaなどがあり、エダウチカメムシタケは前者の不完全型である。また本種については二次寄生菌 paecilomyces(分生胞子型)であるという説もある。

本種の子実体はミミカキ型、綿棒を思わせる。カ メムシ虫体の胸部から発生し、頂部の結実部は長楕円形、柄は基部から黒色線形で、上部は淡黄色でやや太い部分からなり、やや硬く繊維肉質である。

野外では雑木林など里山に近い森林帯で発見される虫草菌では、多種多様の空中雑菌や土壌菌と共生、またはコンタミしている場合が多く、人工的な純粋培養 は困難を極める。2004年、北海道大学農学部の佐々木史先生らは、30%過酸化水素に浸して殺菌、筆者らは精製水で洗浄後、乾燥してから殺菌灯を被照さ せて人工培養に供し、成功させた。

人工培養菌

1970年、虫草菌の人工培養に初めて試みた記念すべき菌種はカメムシタケC.nutans Pat.であった。

感染症 VOL.35 No.4より

カメムシタケ

000131.jpg

カメムシタケ(中国名:椿象虫草)
Cordyceps nutans Pat.

発生地:山形県・釜渕
採集年月日:Aug.15,2003

異翅亜目Heteroptera、カメムシ科Pentatomidaeの成 虫に寄生するノムシタケ属(=冬虫夏草属)の子嚢菌で、カメムシの胸部腹板からミミカキ型、綿棒状の子実体carpiumを発生させるのが特徴である。

本菌はアオクチブトカメムシDinorhyncuhsdybowskyi Jakovievの成虫に感染し、死に至らしめた最も典型的な昆虫寄生菌の一種である。

カメムシの体長8〜22mm、地上部の子実体は単一は双生、本菌は長さ7.3cmになる。柄は黒色、弾力性ある針金状で、太さ0.4-0.8mm、頭部 に鮮やかな朱橙色の結実部をつくる。結実部の大きさ4-7×1-2mm、繊維肉質で、紡錘形は円柱形、老熟すると橙紅色となる結実部が折れ傾く。

子嚢殻peritheciumは斜埋生で結実部表面に粒点状に密布する。長頸瓶形で頸部は屈曲し、大きさ530-1000×300-570μm。子嚢 ascusは細長い糸状で300-460×7-8μm、子嚢の頭部は径5-6μm。2次胞子sec-sporeは6.5-10×1.4-1.6μm。

深山渓谷の広葉樹、針葉樹の混交樹林帯に発生する。日本、ニューギニア、熱帯各地に分布する。

人工培養

〔追記〕カメムシタケ子実体頭部の子座Stromaは老熟すると、首がうなだれる特性があるのでラテン語のnutansと命名されている。山野の探索に疲 れ果て、鬱蒼たる樹林帯の木陰に色鮮やかなカメムシタケの姿を初めて発見した時の喜びと興奮は忘れがたい体験であり、感動に満ちた一日となった。

感染症 VOL.37 No.4より