がんと無縁でいるため重要情報

がんの10年生存率55.5%に上昇(国立がん研究センターの調査)

 国立がん研究センターは28日、2001~04年にがんと診断された人の10年生存率は55.5%だったと発表した。昨年の調査より1.3ポイント上昇した。前立腺がんは90%以上と高い一方で、食道、胆のう胆道、肝臓、膵臓(すいぞう)がんは30%未満と低かった。

 全国がんセンター協議会(全がん協)に加盟する20施設で診断を受けた5万7147人を対象に調べた。今回から計算法を変えたため、生存率は昨年の58.5%より低くなっているが、新しい方法で計算し直すと、昨年の数値は54.2%になるという。国立がん研究センターは改善した要因として、治療効果の高い抗がん剤の開発、放射線治療や早期発見技術の進歩などを挙げている。

 5年生存率の算出は、07~09年に32施設でがんと診断された13万2869人を対象にした。がん全体では67.6%で、1997年の62%から改善した。前立腺がんは100%、乳がんは約94%、甲状腺がんは約92%と高かった。

【 がんの10年生存率(2001~04年に診断された患者)】

全体 55.5%

前立腺がん 92.4%
甲状腺がん 86.0%
乳がん 82.8%
子宮体がん 79.0%
子宮頸がん 69.8%
大腸がん 65.9%
胃がん 64.3%
肺がん 30.4%
胆のう胆道がん 15.2%
肝臓がん 14.6%
膵臓(すいぞう)がん 5.0%

 

2018年3月1日 日本経済新聞より

2015年、世界には10億人近くの喫煙者がいて、640万人がタバコで死んだ

 たばこを日常的に吸う人は、おととし世界全体で10億人近くに上り、640万人がたばこが原因で死亡したと見られることが国際的な研究グループの調査でわかり、多くの人の死を防ぐためにさらなる対策が必要だとしています。

この調査は、アメリカやイギリス、それに日本などの研究者で作るグループが、WHO=世界保健機関などから得られる健康や喫煙に関する2800以上のデータを分析して行い、5日付けの医学雑誌、ランセットに発表しました。

それによりますと、おととし195の国や地域で、たばこを日常的に吸う人はおよそ9億3300万人に上り、喫煙率は男性が25.0%、女性は5.4%となっています。

1990年には、喫煙率は男性が34.9%、女性は8.2%でしたが、たばこの値上げや若者への教育などの対策が進められた結果、多くの国で喫煙率が下がったと指摘しています。

一方で、おととし1年間で心臓の病気や肺がんなど、たばこが原因で死亡したと見られる人は、およそ640万人に上るということです。

国別では、中国が最も多く177万人、続いてインドが74万人、アメリカが47万人などとなっていて、日本は6番目に多く16万6000人となっています。

研究グループは「喫煙率が高いままの国もあり、多くの人の死を防ぐために、より効果的な政策や法制度の整備などの対策を進める必要がある」としています。

2017年4月6日 ニュースより

 

欧米型の食事、乳がんご用心

 肉類やパン、コーヒーなど食生活が欧米型に偏り過ぎている女性は、そうでない女性と比べて乳がんのリスクが1.32倍になることが国立がん研究センターや東京大などの調査で分かった。乳がんは欧米の女性に多く、日本での患者の増加は食の欧米化と関係するのではないかとみられていた。研究グループは「健康的な食生活を心がけてほしい」としている。

肉・パン中心リスク1.3倍  国立がんセンター注意喚起

 研究グループは、1995~98年の間に食生活のアンケート調査に回答した45~74歳だった女性4万9552人を2012年末まで追跡。期間中に718人が乳がんと診断された。

 食生活について、

  ①野菜やいも類、大豆製品、緑茶などの「健康型」

  ②肉類・加工肉、パン、ソフトドリンク、乳製品などの「欧米型」

  ③ご飯、みそ汁、漬物、塩魚・干物などの「伝統型」

に3分類したうえで、134品目の食品や飲料の摂取量から点数化した。

 欧米型の点数が高い順に5グループに分けたところ、最下位のグループは、点数が最も低いグループと比べて乳がんのリスクが1.32倍たっだ。2番目以降のグループでも乳がんのリスクは上昇したが、統計的に有意な差ではなかった。一方で、健康型や伝統型の食生活でも同様に分析したが、乳がんのリスクの上昇はみられなかった。

 ただ、食生活を見直す場合には他の病気との関連も考える必要がある。国立がん研究センターのこれまでの調査で、伝統型の食生活に偏ると、胃がんのリスクが男女とも高くなることが明らかになっている。塩辛や漬物などによる塩分の取り過ぎが原因ではないかとされている。

同センターによると、2015年にがんと診断された患者数の予測では、女性の場合は乳がんが8万9400人で1位、胃がんは4万2200人で4位となっている。予防研究部の井上真奈美特任研究員は「他の病気のことも考えると、健康型の食生活を中心とするのが望ましい。閉経後の女性は肥満が乳がんのリスクを上げることが明らかになっているので、食生活には気をつけてほしい」と話している。

 

【乳がんのリスクを高めるとされる生活習慣】

食生活 欧米型に偏り過ぎると、リスクは1.3倍
喫煙 非喫煙者と比べると、リスクは1.9倍
大量の飲酒 飲まない女性と比べると、リスクは1.8倍
肥満 閉経後はリスクの上昇が確実。閉経前は可能性あり。

(注)国立がん研究センターの資料を基に作成

 

加工肉「発がん性ある」 WHO、過剰摂取に警告

 世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(IARC)は26日、ハムやソーセージなどの加工肉を「人に対し発がん性がある」物質に指定した。赤肉も「恐らく発がん性がある」に分類した。加工肉の摂取量が多いほどがんを患う危険性が高いとしており、過剰な食肉摂取のリスクに異例の警告を発した。

 約800の研究論文を踏まえたもので、加工肉の分類は「十分な証拠を基にしたものだ」と強調している。毎日食べた場合、50グラムごとに大腸がんを患う確率が18%上昇すると結論づけた。どのような加工手段が発がん性を高めるかは、明確には特定していない。

 IARCでは「加工肉」は塩分を加えたり、薫製にしたりした食肉を指す。ハムなどのほかにコンビーフやビーフジャーキーも含む。分類はたばこやアスベストと同じ扱いだが、「発がんの危険性が同じとは限らない」とも指摘している。

 哺乳類の肉と定義する「赤肉」については「限られた証拠から」結論を得た。主に大腸がんが多いが、膵臓(すいぞう)がんや前立腺がんとの関係性も確認した。

 

 IARCは決定が「肉の摂取の制限を求める保健当局の推奨を支持するものだ」と位置付けた。一方、食肉に栄養価があることも認め、評価結果が「各国政府と規制当局がリスクを評価し、危険性と利点のバランスをとった食生活を推奨するのに重要になる」とした。

 WHOの報道官はIARCの発表を受け、「内容を精査する」とコメントした。IARCの評価結果には法的拘束力はなく、近く食肉の摂取に関する勧告などを発する予定もないという。

 食肉とがんについては多くの研究機関が関係を指摘する一方、米国を中心に食肉関連の業界団体などが「生活スタイルなど複合的な要因を配慮していない」などとして反発してきた。

2015年10月27日 日本経済新聞より

食肉を控えた方の話はこちら(高橋光威さんの場合)
食肉を控えた方の話はこちら(河原塚 好光さんの場合)

12年間凍結した卵子で出産 - がん克服の女性、高2当時に採取

 がんの治療で生殖機能を失う恐れがあった当時高校2年の女性(30)から卵子を採取して凍結保存、12年後に解凍して夫の精子と体外受精した受精卵を子宮に戻すことで、今年8月に女性が出産していたことが5日、分かった。

 精子や受精卵に続き、近年、卵子(未受精卵)も凍結保存できるようになったが、国内で10年以上凍結保存した卵子で出産したケースは珍しい。

 この女性の卵子凍結を担当したプロサポートメディカルリサーチセンター(東京都新宿区)の桑山正成博士(生殖工学)によると、女性は2001年に血液のがん「悪性リンパ腫」を発症した。この病気の治療には抗がん剤の投与と骨髄移植が必要だが、抗がん剤の投与で卵子がつくられなくなる可能性がある。

 女性は本格的に治療を始める前に、不妊治療施設で卵子2個を採取、液体窒素で凍らせ、零下196度で保管していた。女性は1ヵ月後に骨髄移植でがんを克服した。

 女性は2013年に結婚。解凍した卵子と夫の精子を体外受精させ、受精卵1個を女性に戻したところ妊娠。名古屋市内の病院で、今年8月に男児を出産した。もう一つの卵子も受精が成功、第2児の出産に備えて再び凍結した。

 卵子凍結をめぐっては、日本生殖医学会が2013年、健康な未婚女性の卵子凍結を容認し、ガイドラインで実施できる施設を決めた。

2014年12月15日 日本経済新聞より

抗がん剤治療後、自然妊娠で出産された方のお話はこちら(佐々木由美さんの場合)
→ 抗がん剤治療後、自然妊娠された方のお話はこちら(今村晴美さんの長男さんの場合)

 

がんの「親玉」たたく新薬 - 慶応義塾大学が臨床で作用確認

 慶応義塾大学の佐谷秀行教授と永野修講師らは、がんを生む親玉とされる「がん幹細胞」をたたく新薬候補の作用を胃がん患者の臨床研究で確かめた。大腸炎の治療に使う薬の成分をがんにも応用したところ、数人の患者でがん幹細胞が減ったという。抗がん剤や放射線が効かず、再発や転移の元凶といわれてきたが、攻略の糸口をようやくつかんだ。数年内にもがんの根治につながる薬の実用化を目指す。

 乳がんや膵臓(すいぞう)がん、舌がんなどでも効く可能性があるという。別の病気で既に使っている薬の成分であり、人体への安全性を確かめやすいのも利点だ。詳細な内容を3日から開く日本癌(がん)学会で発表する。

img_gankan.gif がんは、抗がん剤や放射線を使っても、なかなか無くならない。がん組織の中で、がん細胞を生み出すもととなるがん幹細胞が耐え忍び、再発や転移を引き起こすためと考えられている。最近、がん幹細胞の弱点が少しずつ分かり、がんをもとから絶つ治療研究に注目が集まっている。

 慶応大などは胃がん患者約10人を対象に、がん幹細胞に効く薬の臨床研究を4月に始めた。国立がん研究センター東病院など4施設で、安全に飲める薬の量を調べる。投薬を終えた数人の患者の胃の組織では、がん幹細胞が減っていたという。

 研究に使うのは「スルファサラジン」という成分。研究チームは、この薬ががん幹細胞の表面たんぱく質「CD44v」にくっつき、がん幹細胞の防御能力を弱めて死に導くことを培養細胞や動物を使った実験で解明した。がん幹細胞は細胞内で抗酸化物質を大量に作り、様々な攻撃に抵抗する。スルファサラジンは抗酸化物質の原料を取り込む働きを邪魔するという。

 データが月内に出そろい次第、従来の抗がん剤と組み合わせる治療研究に移る考えだ。

 近畿大学の清水俊雄講師らは、アスベスト(石綿)で発症する中皮腫などのがん幹細胞の増殖を防ぐ薬の治験を、9月から同大学医学部付属病院で始めた。米企業が開発中の薬で、すでに3人の患者に投与したが副作用は出ていないという。

 半年で投与量を増やしながら、10~20人の患者で安全性を調べる。その後治療効果を確かめて、最短3年での実用化を目指す。欧米などで2~3年前から治験が進む。日本人でも同等の結果が得られるかが焦点だ。

 がん研究会の清宮啓之部長は米オハイオ州立大などと共同で、手術が難しい脳腫瘍のがん幹細胞に効く化学物質を発見した。DNAに作用して、がん幹細胞の分裂を抑える。がん幹細胞を脳に植えたマウスに注射すると、病気の進行を抑制した。3年以内に創薬を目指した動物実験に入る。

がん幹細胞

 がん細胞を生み出すもとと考えられている細胞。自ら分裂し、がん細胞に変化する。抗がん剤に強く、がん細胞が死ぬような条件でも生き残る。1997年に白血病で見つかって以来、胃がんや大腸がんなど様々ながんで同じような特殊ながん細胞が確認されている。

 がん幹細胞は生まれつきの遺伝子異常のほか、炎症などによって正常な細胞から変化するとされるが、いかに生まれるのかはよく分かっていない。手術や抗がん剤で除けなかったがん幹細胞が再発を引きおこすという考えが有力だ。血液やリンパ液に漏れ出したがん幹細胞が他の臓器に運ばれて、そこで新たながん細胞を作り出すのが転移とみられている。

2013年10月1日 日本経済新聞より

MRIで初期がん検出

 京都大学や大阪大学の3研究チームがそれぞれ、主に脳梗塞や認知症の診断に使う磁気共鳴画像装置(MRI)で1cm以下の初期がんを見つける技術を開発した。解像度を左右する造影剤をを改良した。がん検査の精度が高価な陽電子放射断層撮影装置(PET)並みになる一方で、検査費用を10分の1程度に抑えられ、被曝(ひばく)の心配もない。動物実験などを重ね、早期の実用化を目指す。

 

検査費用は10分の1

 いすれも造影剤の分子の大きさや形を工夫し、がんに張り巡らせた血管の内皮細胞をすり抜けてがんに集まるようにした。MRIの磁気や電波を受けて細胞が出す電波を増幅し、がんを明るく写し出す。

 京大の近藤輝幸教授らの造影剤は水素と炭素からなる。がん以外の組織が出す余計な電波を100分の1に抑えた。体の表面近くにがんができたマウスに注射、数ミリサイズのがんが写った。

 同じ京大の中条善樹教授らは酸化ケイ素を使い、従来の4分の1以下の数ミリの大きさのがんを写す造影剤を開発した。マウスやウサギで実験して効果を確かめる。

 阪大の菊地和也教授らは、体内にほとんど存在しないフッ素を造影剤に使った。マウスに注射して有用性を確かめた。がん細胞が出す酵素に反応して写るように改良し、解像度の引き上げを狙う。

 1センチ以下の初期段階のがんを見つける装置としては、PETが知られる。ただ、PETの価格は1台約8億円で、1回の検査費も9万~15万円と高い。都市部の大病院を中心に全国に約400台しかなく、地方などに暮らす人は利用しづらい。

 MRIは1台7,000万~4億円程度。中小病院も含め6,000台以上普及している。京大や阪大が開発中の造影剤によって既存のMRIでがんの早期発見が可能になれば、10分の1の費用で検査が受けられる見通し。

 

種 類 長 所  短 所
MRI  主に脳梗塞や認知症の診断に使う。放射線を使わず被曝しない。 がんの場合、造影剤を使っても大きさ1センチ以下は見つけられない。 
PET  大きさ数ミリのがんを見つけられる。  検査費が高く、病院の保有台数が少ない。胸部エックス線の40倍の被曝量。 
CT  検査費が安く、大きさ数ミリのがん発見も可能。  胸部と腹部を検査すれば、胸部エックス線の400倍の被曝量になることも。 

 

img047.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

磁気共鳴画像装置(MRI)

エックス線を使わずに、強い磁石による磁場と電波で体内の画像を撮影する。解像度を高めるには、検査時に投与する造影剤を改良し、電波を増幅する。エックス線で体の断面像を撮影するコンピューター断層撮影装置(CT)や、放射性フッ素を注射して撮影する陽電子放射断層撮影装置(PET)とは原理が異なり、被曝する心配がない。

 

検査で被曝  抑制に期待

 日本では、陽電子放射断層撮影装置(PET)やコンピュータ断層撮影装置(CT)など放射線を使う画像診断装置の普及が進んでいる。CTの台数は1万数千台で、人口当たりの普及台数は世界一(2009年時点)。磁気共鳴画像装置(MRI)より台数が少ないPETも海外に比べると多い。がんの早期発見で威力を発揮する半面、検査の回数が増えると被曝の影響を心配しなければならない。

 04年、英オックスフォード大学は日本でがんにかかる人の3.2%が放射線診断による被曝が原因との論文を発表した。米英など15カ国の中で最も高い数値だった。通常のエックス線検査より放射線量が多いCT検査の普及が進んでいることが影響したと分析した。

近年、がんの生存率は上昇傾向にある。画期的な治療法が見つかったというよりも、画像診断の進歩で早期発見が可能になり、治療成績が上がっているからだ。

 今後も早期発見が、がん治療のカギを握る。京大や阪大の造影剤が実用化してMRIで初期がんを発見できるようになれば、患者だけでなく、医師や技師への被曝の影響を抑える利点も大きい。

2013年7月9日 日本経済新聞より

 

がん幹細胞を叩け

 がん細胞を生み出すもとである「がん幹細胞」を標的とした臨床研究が相次いで始まる。慶応義塾大学などは胃、大阪大学は肝臓が対象で、いずれもがん幹細胞の表面にある物質の働きを抑える。現在の治療でがんが治りにくく再発しやすいのは、がん幹細胞まで叩けていないからだと考えられている。新手法で効果が確認できれば、治療の大きな進展が期待できる。

完治を阻む元凶 「がん幹細胞」

 がんが生まれるもとになっている親玉細胞で、永続的にがん細胞を作り続ける。ハチに例えると、がん幹細胞は女王バチ、通常のがん細胞は働きバチに相当する。がん組織の中で、数%ががん幹細胞とみられる。

 がん幹細胞は1997年に白血病で見つかり、他のがんでも存在が確認された。自分自身を複製する能力も持ち、抗がん剤や放射線による治療でも死滅しにくいため、がん再発や転移の要因になっているとの見方が一般的だ。

2012年9月18日 日本経済新聞より

再発を繰り返し、再発を止めた方々のお話はこちら