CASE2 : 治療が打ち切りに。治療がない間にガンが消失…

西村みどりさんの場合

※めまいのお話は末尾にございます。

 「あれは1996年の9月半ばのことでした。血尿が続いたので病院に行くと、子宮頸がんであり、膀胱にも転移していることを告げられました。病院を後にしてタクシーに乗り込むと、車中で黙っていられなくなり、運転手さんに『私、がんなんですって』と打ち明けました。すると思わぬ反応をされたのです。その運転手さんは『アハハハ』と笑い出し『笑ってれば治るよ』と言うのです。私もつられて笑ってしまいました。000067-a.jpg

 家族も深刻になることはありませんでした。母は『不摂生な生活を改めて早く治せばいいのよ』とあっさり言うだけ。食生活では刺激の強い辛いものを好み、お酒もよく飲みましたし、加工食品のお世話になって野菜不足など思い当たることが数々ありました。それにその年の春には、新しい職場に移動になったため、慣れるまでずいぶん神経を使いました。肉体の疲れを感じることも多く、それでも休まず働くだけ働きました。

 翌日、会社に休暇届を出すと、上司は『仕事のことは心配するな。治療に専念しなさい』と励ましてくれました。昼には帰宅。突然降ってわいたロングバケーションという気分。こんな機会は今までもこれからも滅多にないことだからのんびりしようと思いました。そして入院まで3週間の時間があるのだから何か自分でできる療法をやってみようかとも思いました。知人らに事情を話すと、さまざまな自然療法の本が手元に届くようになりました。

 

 血液や体液が汚れると免疫細胞はそちらの掃除に大忙しで、毎日3000~6000個発生するといわれるがん細胞の掃除まで手が回らなくなります。さらに汚れは正常細胞を傷つけてがん細胞に変化させる原因を作ります。体内の浄化のためには微生物の力を借りようと思いました。試すことにしたのは酵母エキス(コーボン)。それに漢方薬を組み合わせて使いました。すると血尿がピタリと止まりました。そして入院後の検査でも予想通 りというか、膀胱の腫瘍はきれいに消失していたのです。

 

  お茶ノ水にあるその病院は『病人にとってストレスがいちばん悪いんだから、病人は自由でなければならない。自由に外出しなさい。土・日は家に帰りなさい。ただしお酒とタバコはダメですよ』という所でした。病院は美味しいレストランが立ち並んでいるので、毎日食べ歩きをして過ごしました。いつもお天気がよくて、お日様の光を浴びながらリラックスして入院生活を送るうち、体重が4kgも増えて、これにはさすがに怒られました(笑)『うちの病院は、がん患者さんに対して放射線治療も抗がん剤治療もがんばりません。自然療法もやりたかったらやってください』という先生のもと、抗がん剤も放射線も治療に入ったものの、体調を慎重に観察してどちらも間もなく打ち切りの判断がされました。 それでも入院して2か月の時点で、MRIと細胞診の結果から子宮頚は改善されているものの、子宮の奥や卵巣、リンパ組織まで浸潤しており、Ⅲ・Bの末期寸前という状態でした。そして手術日が翌月に決まったのです。

 手術までの1か月余りの時間を自宅で過ごすことになってから、新たな微生物の力を借りようと思いました。日本冬虫夏草を使用したのはそれからです。そして一月後、がん細胞が皆消失する不思議を目の当たりにするのです」

朝日ウィル(北燈社)2001年11月13日号より

 

 西村みどりさん(東京都在住)は、手術までおよそひと月の時間を与えられました。

 「一旦退院し、自宅でGJ022_L_SP0000.JPG過ごすことになってから、酵母エキス(コーボン)に加えて日本冬虫夏草を飲み始めました。体液を浄化して免疫力を高めるのにさらなる微生物の力を借りようと思ったからです。 手術まであと5日に迫った頃、友人に誘われて千葉の気功の先生のもとを訪ねました。その世界ではジーパンをはいた神様と呼ばれている有名な方らしいのです。

みてもらっているうちに先生は『あなたのがんは皆消えてますよ』とおっしゃるんです。そして『手術したらもったいないですよ』とさえ。そう言われても、わずかひと月前にはⅢ・Bの末期寸前と言い渡されたのですから、この短い間に悪いところが全て無くなるとはとても信じられる話ではありませんでした。この期間、病院の治療は一切やっていなかったわけですし、薬剤も一切服用していませんでした。

 

どこを探してもがん細胞が見つからない

 1997年1月24日。予定通り、子宮、卵巣、リンパ組織の摘出手術を行いました。摘出部はすぐに病理検査にまわされました。そして返ってきた検査結果 は、がん細胞がどこにも見つからないというものでした。そんなはずはないので必死に探したけれども、摘出部のどこをきざんでもきざんでもがん細胞は出てこなかったというのです。担当の先生からは『追加治療の必要はありません。再発の心配も多分無いでしょう。退院してください』と言われました。気功の先生の言う通 りのことが現実に起きていたのです。

 あれから毎日元気で再発もなく、5年が経とうとしています。会社は丸々3年休みました。現在は営業から事務の仕事に変わって、肉体的にはずいぶん楽になりました。通 勤のため毎日1時間は歩いています。当時は職場を移動したばかりで、長期休暇を取るのは大変不本意なことでした。でも、治療しながら仕事をしても全力投球できずに周りに迷惑をかけますし、今にしてみれば潔く休んでよかったと思っています」

 

 がんになられた方の中には、仕事を続けながら同時に治療にも挑むという人が少なくありません。自分がいないと会社や組織が動かないと思い込んで他人に任すことができず、なんでも自分でやらないと気がすまない人たちです。そしてそれを生き甲斐といって、生き甲斐が無くなったら病気も悪化すると考えています。がんはもともとこういったがんばりやさんに取りつく病気ですから、ちょっと仕事から離れて時間を作り、静かな気持ちで病気と向き合い、これまでの生き方を反省し、情報収集して静かな気持ちで治療を選び取っていった人の方が良い結果 を導いているように思います。本人の心配をよそに会社や組織は大概はうまく動くもので、早く治して復帰し、さらに良い仕事をやればよいのです。

  

 「現在も酵母エキスや日本冬虫夏草は続けています。これまでの経験を生かし、病気で悩んでいる人がいれば、アドバイス役を買って出ることもあります。便秘をしないで、かつ血液とおしっこがきれいだったらがんにはならないという持論を持っています。毎日気分良く笑って暮らし、高い免疫力を維持することも持論の一つです 」

 西村さんは、いつどんなときも明るくハツラツとなさっていて、それがごく自然で、本当に不思議な方です。だいたいは私の方が西村さんから元気をもらっています。

朝日ウィル(北燈社)2001年12月18日号より

 



 2002年3月4日放送『解決!クスリになるテレビ』に西村さんが出演し、発病から治るまでの経緯を語りました。西村さんは相変わらずお元気です。

2002年3月5日

 

 3月に病院で検査を受けてどこも悪いところは無く、お元気ということでした。それから、おいごさんと札幌まで旅行に出かけ、大変楽しい時間をすごされたということです。

2002年3月10日

 

  「私の周囲にがんになる人も多いのですが、皆良くなっているのは不思議です。現在の私の姿を見ると不安な気持ちがが飛んでいって免疫力が上がるからでしょうか。今年でがん消失から11年が経ちました。最近仕事が忙しいですが、美味しいものを食べたり、お酒をいただいたりするのは気分転換になります。スイーツを食べるのがストレス解消という女性も多いですが、私は甘いものはニガテで食べられないんです。辛党なんですね。変わらず元気でおります」

2008年5月24日のお話より

 

 「会社の同僚が皆、新型インフルエンザワクチンを接種してる中、私は断り続けています。自分は大丈夫という妙に自信があるから不思議です。日本冬虫夏草を飲み始めてからインフルエンザも風邪もひいたことがありません。旬の野菜をたっぷり摂るということも健康のために心掛けてることのひとつです」

2009年12月13日のお話より
 

 

めまいとの付き合い

 

 「2011年からめまいに悩まされてきました。そのために病院通いを40日間続けました。毎日の習慣だった飲酒も休まざるを得ませんでした()。結局、原因は分からずじまいで、治ることはありませんでした。

  便秘をしないで、かつ血液とおしっこがきれいだったらがんにはならない』という持論を以前お話したことがありますよね。この頃は油断して手を抜いていました。めまいはがんではないですが、血液を変えてみようと思いました。年末から取り組んだのが血液をサラサラにする食材を摂るということでした。納豆とオニオンスライス、お魚(大抵はお刺身で)を毎日食事に摂り入れました。

 

 

IMG_1036_SP00022.jpg

そしたら、ここ2~3年、100~101を推移していた中性脂肪値が68まで低下したのです。肝機能の数値も改善されました。これは長い休肝日があったからかな。骨密度も低かったのが、標準レベルまで高くなりました。

 

 

納豆にはサラサラ成分のナットウキナーゼの他に、骨を強くするビタミンKとイソフラボンも含まれているそうですね。毎日の食事の積み重ねってバカにできないですね。その逆もあって体を壊す方もいるということですね。めまいも12月にあったきりで約3か月間治まっています」 

                                                                                                                                         

2013年3月18日のお話より

 

   

 「2012年5月。再びめまいにおそわれました。朝目覚めた途端、天井がぐるぐる回り、職場に向かうことはもはや不可能。治まるまで3~4日かかりました。この月はこんなことが2度ありました。

8月も2度のめまいにおそわれました。6~7月はウソのように平常通り過ごしていました。8月の1度目の時、日本冬虫夏草とは違う別の菌類を集中して飲んでみることにしました。この月はいつもより回復が早まりました。

 

 

めまいから解放

 私はあることに気が付きました。めまいの出現には周期があるのではないかということです。2011年の5月、8月、12月と2回ずつ、2012年の5月と8月に2回ずつ起きています。私の場合、季節が大きく変化するとき。気圧が変化するとき。気候的変化が引き金になってるかもしれない。となると、次にやってくるのは12月と予想しました。案の定、9~11月は平常通り過ごせました。12月に入る前から例の日本冬虫夏草を集中して飲みました。

 年末に友人から『めまいはどう?』という電話をもらいました。私はすっかり忘れていました。何も起きていなかったのです。それからさらに4月まで無事に過ごし、昨年の9月から数えて8か月間、めまいとは無縁で過ごせております」

2013年4月21日のお話より

  「鬼門の5月も無事に過ぎました。忙しくしております」

2013年6月9日のお話より

 「あのひどいめまいとは無縁でとても元気です。不思議です。発がんした当時、いろんな方達から守られてるという安心感がありました。病院や地名、先生の名前に縁起の良い漢字が必ず入っていたり、乗り合わせたタクシーの運転手さんから最高のアドバイスをいただいたり、矢萩先生の本の編集を友人が担当してたりと偶然と思えないようなことが重なったのです。まるで用意されてたような。がんが消失してから18年が経過しました」 

2015年4月24日にお会いして

「めまいがうそのように無くなりました。元気でおります」

2016年8月28日のお話より

 

河原塚 好光さんの場合

HB144_L_SP0000.JPG 「あれは、1995年の夏の出来事でした。電気工事の仕事がかち合って人手が足りなくなり、経営者である私も率先して現場に出ていました。その年はとりわけ暑くて、30度を超える日は連続して38日。そのうち猛暑日が23日。ヒトの体温と変わらない36度を超える日は7日間もあったのです。

 7月、誰もいない工場での天井付近の高所作業は、まるでサウナ風呂に入ってるかのよう。汗ぐっしょりになって水をゴクゴク飲み、またそれが汗となって吹き出るという繰り返し。次第に体力が消耗していくのを感じていました。そして、その頃から少しずつ咳も気になるようになっていきました。

 8月に入ってからも、ゆっくり休むことはできませんでした。伯父が亡くなったことや、町内会の区長代理で行事に参加しなければならず、土日の休日も返上で動き回っていました。8月下旬の炎天下での防災訓練では、とうとう立っているのもしんどくなって、テントの日陰で休ませてもらいました。さすがにこれは尋常じゃないなと思い始めたのは、打ち上げのときでした。タバコの煙に気持ち悪くなり、ビールは苦くて口をつけられないのです。それまでは、タバコは日に15〜16本、お酒も人並み以上に飲めてましたからね。それからが、病院から病院への漂浪の始まりでした。4軒巡っていずれも『夏風邪でしょう』の診断。体調は一向に良くならず、診断に納得できないまま時間だけが過ぎていったのです。

 8月の末、頭の芯までズキズキするひどい頭痛に襲われました。咳も続いていて、痰には赤い血が混じることもありました。ソファで休んでいると、『仕事にまだ行かないのか?』と父の声。フラフラしながら体温を測ると、39度の高熱。5軒目となる個人病院に駆け込みました。ここで初めて血液検査とレントゲン検査を行いました。『先生、これ大変です!』と看護師さんの声が聞こえました。先生は、すぐに肺ガンだとピンときたようです。写真には肺が真っ白に写っていました。そして医師会でやっている大宮の病院を紹介されたのです。

 

img_001.jpg紹介された病院では、先の検査を踏まえ、さらに痰検査を念には念を入れて3度行いました。その結果 、いずれもガン細胞が検出され、肺ガンが決定的になりました。家族には、『肺の中葉部にガン組織があり、肺腺ガンで手術は不可能、余命3ヵ月の末期』と報告がありました。家族は担当医と話し合って、当人には真実を伏せておこうと決めたそうです。

そういうわけで私に告げられたのは、マイコプラズマ型の肺炎という病名でした。私はといえば『肺炎ぐらいだったら自宅療養させてください』とごねて、『ひょっとしてガンなんでしょうか!』と問い詰める始末です。『こじれた肺炎ですから』と説明するのが精一杯だったように思います。

 

 入院して2、3日安静にしていると落ちついて、少しずつ食欲が戻ってきました。間もなくして弟があるものを携えてやってきました。そして体力をつけるものだから毎日飲むようにと差し出したのです。それが私と日本冬虫夏草との出合いでした。  実は、弟は妻を大腸ガンで亡くしています。末期で手遅れでした。それでも痛みはなくて安らかな最後を迎えたのを彼はつぶさに見ていたのです。私は、日本冬虫夏草を使っていたのを聞いて知っていました。私にガンを連想させないようにごまかして渡してくれたのでした。同じものとは気付かず、勧められるまま飲み始めました。1日700ccは飲みました」

朝日ウィル(北燈社)2004年4月27日号より

 

000040-c.jpg 「今思えば抗ガン剤だと思うのですが、身体に入れた瞬間に大変痛い薬剤がありました。痛みを訴えると『辛かったら止めましょう』と言ってくれたので、すぐに中止してもらいました。それでも合計で2本半は投与したと思います。

 

 

 

 

がん消失。黒いレバーのような塊を口から排泄。

 入院から12〜13日目のことです。咳き込むと同時にどす黒いレバーのような固まりが口から出てきたのです。このようなことは3回ありました。その後はつかえていたものが取れたようにスッキリと感じました。そして入院から14日目のこと。ファイバースコープで肺の中を調べる検査がありました。

先生はモニターを見ながら不思議そうに『おかしいなぁー。ここにあるはずなんだけど何もないなぁー』って言うのです。がんが跡形もなく消えてしまったのです。それでも先生は、告知してない私に『がんが消えた』とは言えない。全てのいきさつを家族から聞けたのは退院後のことです。その後、同部屋(入院時)だった人たちに再会する機会がありました。『こういうわけだ』と打ち明けると、皆が『肺がんだって知ってたよ』と言うのです。先生の態度や言葉の端々から読み取れたということでした。退院後の治療は一切ありませんでしたが、先生は『何かあったらすぐに来るように』と1年間は大変心配してくれていました。1ヵ月おきの検査が2ヵ月おきになり、3ヵ月おきになってなって、5年で無罪放免になりました。日本冬虫夏草は量 を減らしながらも5年間飲み続けました。

 

【経   緯】
1995年9月4日 
入院。肺がんで余命3ヵ月と家族に知らされる。氷枕、点滴、午前と午後2回の吸入。
9月6日 
食欲が出てくる。
9月8日 
日本冬虫夏草を飲み始める。
9月11日 
熱がすっかり下がり、平熱に。
9月16日 
咳とともにどす黒いレバーのような塊が吐き出される。
9月17日 
同じく吐き出す。
9月18日 
ファイバースコープで検査。あったはずのがんが見つからず消失。
9月20日 
退院。

 

 それまでの私は、経営者としての責任もありましたし、ずいぶん体を痛めつけて生きてきたと思います。それを振り返って生き方を変えなければまた再発ということになりかねません。40代の頃は、1週間、夜寝ないで働いても大丈夫でした。電気工事は、工場や店舗では夜中に集中して行うため、そういうことも度々でした。

そんな体力も年齢とともに落ちていくのが当たり前なのに、同じようにできると過信していました。つまずいてみて初めて気付かされます。体は自然物だからその自然の流れに逆らえば、その無理は必ず病気となって現れます。年齢とともに仕事のやり方も変えていかなければ...。

思い切って電気工事部門を縮小しました。そして新しい仕事に着手しました。できる限り指示を出すだけの役目に徹し、社員に働いてもらうことにしたのです。不思議なもので仕事は次々と舞い込んでくるようになりました。おかげさまで会社の経営は大変順調にいっています。町内会の区長代理と地域の企業協会の事務局長も辞任しました。がんにならなかったら現在の穏やかな生活はなかったかもしれません。

000040-d.jpg 健康のためにやってることがあるとすれば、犬が3匹いるので朝晩の散歩でしょうか。自宅では他にジュウシマツやインコ、卵を食べて体力をつけるようにと友達がプレゼントしてくれた烏骨鶏がいます。動物とのコミュニケーションは何にもましてリラックスして幸福な気持ちにさせてくれます。食事はあっさりした和食を好んで食べていますね。魚は食べますが、動物性の肉は嫌いになり、食べられなくなりました。自然とこういう食事になっていきました。病気をしてからはタバコの煙がダメになりましたし、お酒も前のようには飲みたいと思わなくなりました。

 周囲にがんの人がいれば、自分の経験を話させてもらっています。すると皆、不思議と治っているのです。これもがんにならなかったら得られなかった喜びですね」

朝日ウィル(北燈社)2004年5月25日号より

 


 

 「がんが消失してから、再発なく元気に今年で10年を迎えます。仕事は忙しいですが、この夏も無理せずできるだけ体をいたわるように心掛けています」

2005年6月26日のお電話より

 

 「埼玉では、本日、気温37度・湿度75%を記録いたしました。職場はまるでサウナに入ったようです。私の身体もすっかり丈夫になり、暑さにも負けずに頑張っております」

2006年6月28日のお便りより

 

 河原塚さんよりご自身で栽培した見事なジャガイモが届きました。「毎日が慌ただしく過ぎていきますが、もうサクランボの季節だったんですね、img_002.jpg私も毎日元気に暮らしておりますのでご安心ください。最近、庭に小さな畑を作り、野菜を育てて楽しんでおります。この度ジャガイモを収穫いたしました。完全な無農薬の有機栽培ですので安心してご賞味いただけますようお届けさせていただきます」

2007 年7月1日のお手紙より

 

 「4月下旬には、卒業から50年目の中学校の同窓会がありました。久しぶりに合った懐かしい友も皆、お爺さん・お婆さんになり白髪頭に禿げ頭が目立ってきました。皆、私生活にゆとりの生まれる時代に入り、私にも良い友が1人増えましimg_003.jpgた。連休には、岐阜に転勤している息子家族が帰宅いたしました。今までは恥ずかしがりやの孫娘も2歳と4ヶ月になり一層可愛さも増し、楽しい日々を過ごしました。体力も弱くなった昨今、仕事はやめようかと思いましたが、周囲から『続けた方がいいよ』との助言もあり、ペースダウンして続けております。ストレスを貯めないよう慌てないでゆったりと過ごしております」

2008年5月15日のお手紙より

 


 

 「連日の暑さは、発病した1995年当時を思い起こさせます。当時と違うのは、無理な仕事はしてないということです。ゆったりと過ごしております。再発なく元気に15年が経とうとしています。

 この頃は余裕ができた分、飛べなくなった野鳥を自然界に返すというボランティア活動(県の委託受けて)をしています。世の中には野鳥を不法飼育してる人がいます。野鳥を捕獲するのも飼育するのも犯罪です。被害にあった野鳥は飛ぶことも自分で餌をとることもできなくなっています。それをリハビリによって復活させるのです。元に戻すまで約1年の時間を要します。

DY048_L_SP0000.JPG

まずは、狭いカゴに入れられて飛ぶ力がなくなってしまった鳥を徐々に広い小屋に移しながら大空を飛ぶことが出来る様に。そして、野外ではカラスなどの外敵の餌食にされぬ様、素早い行動が取れる様に。人工の餌に慣れてしまった野鳥を虫やミミズなどの自然なものが食べられる様にとリハビリを施していきます。

 

コツは過保護にしないことですね。自然は厳しいですから。自然の中で本来の生活をするのが彼らにとって一番の幸せですからね。私にとってもその門出を見届けるのが何よりの幸せです。

しかしながら全てが野生に戻れる訳ではありません。翼を失ったもの、体が変形したりで野生に戻れずに当家が終の棲家になり、終生飼養になる鳥類の多数いる事に心が悼みます。世話になった世の中に、何かの形で恩返しをしたいという気持ちでやっております」

2010年8月11日のお話より

 

 「2012年6月の中旬に亡き母の一周忌の法要が、親戚・隣組・母の友人など大勢のご臨席を頂きしめやかに執り行われました。命日は7月3日ですが、土日の良い日という事を考慮した結果の日程でした。

葬儀が終わってからも中々外出する気になれないで居りましたが、是を機に母の冥福と家族の健康を願い、坂東三十三観音霊場めぐりを行いました。FN158_L.jpg

神奈川県の杉本寺が圏内最古の寺で、札所の1番寺となっております。この先、埼玉・東京・群馬・栃木・茨城・千葉と回り、中間に番外ですが巡礼の寺とされている銚子の満願寺を参拝して、結願寺の33番札所は千葉県の館山にある那古寺です。 どの寺も、歴史ある堂々とした佇まいで空気が清々しく、心洗われ、まるで別世界にいるような気がいたしました。

 この旅は単なる観光ではなく、母が無事極楽浄土に行ける様、私が健康で、家族・家庭の安泰を願い、そして社業がますます繁栄するようにと願いを込めた巡礼の旅といたしました。寺院ではまず手水所で自分を清め、般若心経・観音経を唱え、ご本尊である観音様に願い事をいたしました。観音様といっても一人ではなく寺院によって様々です。多く目立つのは十一面観世音菩薩が多く、次いで聖観世音菩薩、千手観世音菩薩です。正観世音菩薩、延命観世音菩薩が一箇所づつでした。

行程は電車・バス・タクシー・車・駅から歩きでと様々で、ガイドブックを片手に、行く先々では地元の皆様に丁寧に道案内をしていただき本当に助かりました。

CR168_L.jpg栃木の大谷観音は、大谷石の岩壁に何体もの仏像が浮き彫りにされて、その岩壁に寺院の建物が建立されておりました。茨城の楽法事では、孔雀が3,4羽放し飼いにされていて参拝客の間を自由に歩いておりました。また、千葉の満願寺の近くには、地球が丸く見える丘公園があり、360度水平線と地平線が見渡せ、『本当に地球は丸い!』と印象的でした。

 1995年に、私が体調を崩して肺がんになったのを機に、町内会の区長代理と地域の企業協会の事務局長を辞任いたしました。それから、間もなく1年が経とうとする頃、父親が末期のがんで闘病生活に入り、昼は母、夜は私が病院に詰めておりました。普段は頑固な父親でしたが、すっかり気弱になり仕事先に『すぐに来て』と頻繁に電話が入るようになりました。弟と妹が居りますが、気難しくて対応ができないみたいでした。日本冬虫夏草を飲ませようとしましたが、体に入っていきませんでした。

7月の町内の祭礼(当時年行事)の翌日。『今日はずっと此処に居るよ』と言ったところ、安心したのでしょうね。安らかな寝息が聞こえてきました。その後、しばらくして痰が絡むようになり、喉がゴロゴロ鳴り出しました。心配になり先生に診察して頂いた所、胃液が逆流して肺の組織を侵している危篤状態とのこと。家族・親戚に連絡を取り父の元に戻ったのが夜の7時過ぎ、昏睡状態でした。

家族・親戚等が身守る中、『爺ちゃん、みんな来てるよ、良くがんばったね、もういいよ』と耳元で囁くと、まるでローソクの火が消えるように静かにスーと息を引き取りました。

 その後、相続問題、社業の方向転換等相当な試練がありました。電気工事でお世話になっているお客さんの所で最新式の効率の良い機械に入れ替えることになり、従来の機械を戴けることになりました。理由は機械の修理・調整を自社でできるので、後々の世話をしないですむからだそうです。この機械はポリエチレン袋の製袋機でスーパー・お店で買い物したときにレジで渡す袋を作る機械です。1台また1台と増え、何時しか一番若く、小さい外注先だった我社が他社に勝るとも劣らぬ会社になりました。

それから数年経ち、親会社の周りには住宅が立ち並び、騒音による苦情が出始めました。市街化区域に指定され、税金の高騰もあり、会社の移転もやむなしとなってしまいました。。親会社は系列の宮城県にある仙台工場と統合されることとなり、当社は埼玉方面のセンター工場となり、材料・資材の中継をすることになりましたが、国会でレジ袋削減の法案が通ると一気に受注が激減してしまいました。当社の機械はレジ袋専用機のため、他の仕事に転用できず廃業に追い込まれました。その後は、アパート・駐車場の運営・管理をしながら電気工事の仕事をしています。

 こうして、仕事が一段落した頃、母を連れて良くドライブに行きました。車で出かけるのはすごく楽しいようでした。『今日は暇?』と尋ねる母に『何処か行く?』と聞くと、『うん』と答えて子供のように喜んでくれました。

そんな母も一昨年体調を崩し通院していましたが、大正生まれの我慢強さが災いして、正直に症状を言わないので病気を見つけられず、判った時には消化器全般にがんが広がり、手術も出来ないほどでした。腸を切り詰め、人工肛門にし、お腹には膿を排出するチューブを挿入された姿を見たときには言葉を失いました。主治医から余命半年と告げられました。

傷口がきれいになり退院する事になりました。施設に行くか自宅に帰るかの選択を求められ、私たちは、訪問介護を受けながらの自宅療養を選びました。少しで間長く傍に居てあげたい。自分のベッドで寝かせてあげたい。どんな看病でもする覚悟で、家族みんなで頑張りました。もはや日本冬虫夏草を飲むことは出来ませんでした。

 ちょうど私の仕事が一段落したときに、二人とも永眠したんですね。このタイミングは仏様の引き合わせでしょうか。悔いることなく看取ることが出来ました。二人とも痛みはなく、安らかな最期でした。

 

img_004.jpg 坂東三十三観音巡りは、10日間ぐらいでしたが、山の上にあり参拝も大変でした。家内と娘を連れて行きましたが、両者とも1日でリタイヤでした。良く結願出来たと我ながら感心しております。幼馴染は『あんたはお母さん子だったからね』と笑っていました。

 

 

 

 私のがんimg_005.jpgが消滅してからすでに17年が経ちますがまだまだ元気でやっております。元気の秘訣は散歩です。毎日朝・夕2回愛犬と歩いております。黒の豆柴です。家では番犬ですが、散歩の時はかわいいワンちゃんです」

2012年11月18日のお手紙より

 

 

 

 

 「今年の3月で同窓生は満70歳(古希)を迎えます。昨年の10月頃より計画しておりましたが、年明けと共に計画が急ピッチで進んでいます。同窓生・恩師を合わせて120名余りおります。目下、『幹事さんご苦労様。楽しみにしております』のメッセージを頂き、十数名の役員と増々張切って準備をしております。会長とは名ばかり。スタッフの皆様方の協力に掛けております」

2013年2月3日のお手紙より

 「庭の甘柿がたわわに実りました。ちょうど食べ頃です。主人にもいでもらって送らせていただきます。家族皆元気でおります。」

 2013年11月9日の奥様のお話より

 とても甘く美味しい柿でした。ご馳走さまでした。

 「地元の神社の要請を受けて、まつりばやしの伝承をすることになりました。子供たちに笛、太鼓、鉦(かね)等の演奏を指導するのです。子供たちと楽しい時間を過ごしています」

2014年7月23日のお話より

 「天候の良い日を選んでお寺巡りをしています。主人はいつも元気に出かけて行きます。がんの消失から19年が経ちました」  

2014年11月20日の奥様のお話より

 「スポーツ吹き矢を始めました。体も鍛えられています。肺活量も増えました。風邪もひかなくなり、すこぶる元気でおります」 

2015年6月19日のお話より

 「スポーツ吹き矢の競技会に頻繁に参加しております。賞品もいただいてきてるようです。プレハブ小屋の2階に練習場を作りました。車4台分が入るスペースで、以前は倉庫として使用してた所を片づけたのです。肺が丈夫でなければできない競技です。余命3か月の肺がんだった人とは思えません」

2015年11月15日の奥様のお話より

 「スポーツ吹き矢に変わらず元気に取り組んでおります」

2016年6月22日の奥様のお話より

  「スポーツ吹き矢の練習は、12時半から15時までほぼ毎日やっています。この2時間半は休みを取らずぶっ続けです。午前中は『一日休むと大変になるから』と言って、庭の掃除や草取り、剪定も毎日欠かすことはありません。8月に白内障の手術をしてから、良く見えるようになり、これまで以上に的に命中するようになりました。来年10月で75歳になります。ますます元気でやっております」

2016年11月18日の奥様のお話より

遠藤清さん(80)の場合

000051-a.jpg 秋田県井川町の遠藤清さん(80)は、肝臓がんを克服されて今年で6年目を迎えます。遠藤さんの肝臓にミカン大の腫瘍が見つかったのは1995年の暮れのことでした。それは、7つある大腸ポリープの摘出手術をするために入院した時、たまたま発見されたものでした。

 「それまでの生活は、決して楽ではない農作業の中で、タバコを1日に2箱、3度の食事の時と10時と3時のお茶の時間にコップ酒を飲むのが楽しみで、その習慣が長い間のうちに消化器系や肝臓に無理を重ねることになったのでしょう。毎年、大腸ポリープの手術を繰り返して3年、半年前には喉のポリープ手術も行っていました。大腸ポリープは取っても取ってもまた現れるモグラタタキのモグラのようでした。

 日本冬虫夏草を使用したのは肝臓がんの診断が下ってすぐ。病院側には「番茶を飲んでる」と応えました。病院での治療はカテーテルを用いて肝臓に直接抗ガン剤を注入するもので、1回30分の治療でした。しかし、ちょうど入浴が災いして風邪をひいたこともあり、吐き気や発熱の症状が出たため、これは2度目で打ち切りとなりました。それ以外の治療はやっていません。
 

肝臓がん消失

飲み始めてから1ヵ月後、CTで検査すると、ミカン大あった腫瘍は100円玉 大に縮小していました。このとき主治医の先生は、肝臓がんがこのように劇的に縮小するのは滅多に無いことと頭をかしげて大変不思議がっておられました。大学病院の先生にこのことを報告させてくださいともおっしゃっていました。そしてそれから1ヵ月後、ついに腫瘍はきれいに消失してしまったのです。

 そこで後回しにされていた大腸ポリープの手術に、ようやく取りかかることになりました。しかし内視鏡で、あるはずの患部を探してもどこにも見つからないのです。こちらも7個全てが消失していました。以前手術したところは穴のような跡が残っているのに、今回の自然消滅した場所には何の痕跡もなくなめらかでした。

 悪いところは皆消えて晴れて退院する時、毎日飲むようにと抗ガン剤を渡されました。治っているのにどうしてという気持ちと、タバコやお酒であれだけ腸や肝臓を痛めつけてきたのに、いまさら化学合成薬で痛めるわけにはいかないという思いから服用はしませんでした。

 当初、私は肝臓がんの告知はされておりませんでした。家族にだけ知らされたようです。家族は、入院中も一向に喫煙を止めようとしない私を見かねて、病名を教えることにしたそうです。わがままな頭と、治そうとしてる体とがバラバラでは、治るものも治らないと考えた末のことでした。病名を知ってからというもの、自分を管理するようになりました。今までの生活に原因があるとするならばと生活を一転させました。アルコールやタバコを一切排除して、仕事の心配もできるだけしないように心がけました。なるようになると割り切るようにしたのです。あれから再発もなく、毎年悩みの種だった大腸ポリープの出現もなく、6年の月日は流れました。日本冬虫夏草は現在も続けています」

 秋になると遠藤さんの育てた新米が私のところに届きます。その美味しさには、惜しみなく注がれた手間暇と、稲作にかける熱意が込められていて、遠藤さんの人柄がしのばれます。

 今年の7月の酷暑が続く中、久しぶりにお電話すると娘さんが出られて「父は田んぼに出てます」というお話。「この暑さの中大丈夫ですか」と心配になりましたが「あれ以来、体の方は何事もなく元気で、周りから驚かれています」という返事。タバコもお酒も以前の量 に及びもしないが、最近は少したしなんでいるということでした。それはちょっと気になりますが、それも元気の証拠でしょう。今年も遠藤さんの美味しいお米が無事に実ることを祈っています。 

朝日ウィル(北燈社)2001年8月21日号より

 


 

 遠藤さんご夫妻と、息子さんにお会いしました。
清さんは再発もなくお元気で、今年で8年目をむかえられ、83歳になられるということです。毎朝3時に起きて田んぼの水を見に出かけ、バイクで走り回っているということです。「何にも束縛されずに、自由にゆったり暮らしている。それがいいんでしょ」清さんの言葉でした。

2003年6月10日


【あとがき】
病気になったとき、本人や家族がかかえる不安と動揺ははかり知れません。できることなら静かな気持ちでより良い治療を選択し、原因をつきとめ、生活改善にも取り組んでほしい。そのためには、同じ病気になった人はどのような医療を受け、どのような経緯を辿るのかをよく知ることが前提となるはずです。そのような思いから、自らの経験が役立つのならと貴重な情報を寄せてくださった方々です。特定の治療を推奨したり、特定の治療を否定するものではございません。
体験談の虚偽記載は一切ございません。

当研究所の技術を真似た偽造品やコピー品にご注意下さい。

ご注意下さい