岸久子さん(48歳)の場合

000066-a.jpg 「1996年の1月から不正出血が続きまして、病院に行ったのは8月になってからのことでした。翌月に細胞検査の結果が出て、子宮がんと分かり、手術を勧められたのです。

告知された時、これといって動揺はしませんでした。というのも血縁者にがんの人が多くいましてね。その皆が手術後、元気で暮らしているのを見てたからでしょう。子宮を失うにしても、悪いところを取ってしまえば大丈夫という気持ちでいたんです。性格はもともと楽天的で、くよくよしないタイプといえるかもしれません。

それでも手術に際して一つだけ条件がありました。この時、季節は実りの秋の真っ只中。私にとっては職場を離れることのできない季節でもありました。田んぼを持っているスタッフが稲刈りで休みを取るため、人手不足になるのです。『稲刈りの終わる10月半ばに手術を延ばしてほしい』とお願いしました。

000066-b.jpg

手術まで1ヵ月余りの時間ができた時、日本冬虫夏草を譲ってくれた知人がいました。普段、ジュースやお茶などをほとんど口にしないのですが、日本冬虫夏草だけはスンナリ飲め、1か月の間、毎日たっぷりいただきました。

 発病までの3年間を振り返ると、ずいぶん体に無理をかけていたようです。父の介護に始まり、母、姑の介護と次々続きました。二人の母を同時に看ていたときもあります。仕事を続けながらでしたので、睡眠時間は毎日4~5時間程度。ようやく解放されたという時、たまった疲れがこういう形で現れたのでしょう。がん血統というのも思いあたりました。

 10月26日にいよいよ入院。10月28日に前段階の簡単な手術を行いました。子宮以外にどこまで摘出するか判断するため、局所麻酔をかけて患部をはがして調べるのです。

 

がん細胞消失。手術取り止め。

 11月5日、その結果が出てきました。先生は『がん細胞がどこにも見当たらないんだよね』と不思議がっていました。そして『岸さん、帰っていいよ』と言われてしまったのです。それならばと、さっさと退院させてもらいました。薬は一切飲んでないし、治療も一切やってこなかったですからね。退院する際も、薬の処方はありませんでした。

 

【久子さんの経緯】

1996年1月 不正出血有り。   img076_SP0000.jpg
8月 ようやく病院に行く。
子宮がんの診断。
日本冬虫夏草を飲み始める。
10月26日 入院。
28日 組織検査。
11月5日 がん細胞がどこにも見当たらず消失。

 

今度は夫が肺がんに

 平常の生活に戻って1か月半が過ぎ、やれやれといった頃、今度は主人が町の検診でひっかかり、左肺に影が見つかりました。細胞を取って調べると、腺がんで悪性ということが分かりました。2.5cmの大きさでした。主人はお酒をたくさん飲みましたし、タバコを1日に3箱も吸う30年来のヘビースモーカーでしたが、翌日からタバコもお酒もピタリと止め、日本冬虫夏草を飲み始めて、患部近くに擦り込んだり、吸入器で吸入したりもしてました。

 仕事をしながらできる限りのことをして過ごすうち、患部は次第に小さくなっていったようです。3か月が過ぎた頃には2.5cmから1cmまでに縮小していました。1cmになったところで、患部の摘出手術を行いました。左胸の3か所に小さな穴を開けて内視鏡を使って患部を切り取るもので、従来の手術と比べると、体の負担が極めて少ない方法です。

 

もはやがんではなくなっていた。

 切り取られた患部を見せてもらうと、白っぽくカッテージチーズのようでもあり、石灰化していました。痕跡は残っていたものの姿が変わり、もはや『がんではない』と言われたのです。主人も病院の治療は一切やっていませんでした。

 

【ご主人の経緯】

1996年12月 ご主人が肺がんと診断され、日本冬虫夏草を飲み始める。
タバコとお酒をピタリと止める。
1997年3月 患部が2.5cmから1cmに縮小している。
内視鏡手術。患部は石灰化していて「がんではなくなっている」と言われる。

 

000081-d.jpg

久子さんの趣味はお裁縫だそうで、素敵な手作りのエプロンをいただきました。

 がんが消失してから二人とも再発無く元気に暮らしています。私が7年目、主人が6年目に入りました。私が気を付けてる事といえば、食事は常に腹7、8分目に抑えるということでしょうか。

仕事を終えた後、夜中までやっていた趣味を最近は控えて、睡眠時間は6時間以上取っています。以前と比べると体をずいぶん労わっていますね。時には仕事から離れて旅行に出掛け、リフレッシュすることも大事にしている事のひとつです。

朝日ウィル(北燈社)2003年2月18日号より

 

 「再発なく元気で、13年目に入りました。主人は12年目です。この度、主人が肺炎で入院しまして、実は昨日退院してきたばかりなんです。仕事で頑張りすぎたからだと思います。その病院に同じ症状で入院している方が2人、あっという間に次々に亡くなられてこわくなりました。入院すると同時に日本冬虫夏草を毎日飲むようにしました」

 ご主人にお会いしましたが、顔色も良く元気そうなので安心しました。

2008年3月8日お二人にお会いして

 

 「この冬、風邪から肺炎になりました。CT検査したら両肺真っ白で、最終的にはカリニ肺炎という診断でした。入院してすぐに日本冬虫夏草を飲みました。毎日600ccは飲んだと思います。大学病院には私と似たような患者さんがいっぱいいましてね。妻からも聞いていると思いますが、入院中に同じ病気で亡くなった方が2人いたのです。肺炎は油断できません。今は仕事に復帰して元気でおります」

2008年8月30日ご主人のお話より

 

膀胱がんで手術

 「2018年4月26日、膀胱がんの手術を受けました。それは患部だけの摘出で済む簡単なものでしたから、4月30日には退院し、5月6日には職場復帰、その後は何もなかったかのように元気で働いています。(金山町でレストラン・一番纏『いちばんまとい』をご夫婦で経営されています)

 

000081-d.jpg

一つ一つに心も体も満たされる

『一番纏』のお料理

振り返ると、昨年の12月に下腹部のあたりが重苦しい感じがありました。婦人系だろうと思って検査をしましたが、異常はありませんでした。3月に血尿がみられたので改めて病院に行き、膀胱がんの診断を受けたのです。

1996年の子宮がんの消失から、検査のため、大学病院に10年間通いました。いつも異常なしでした。子宮がんの再発とは無縁で20年余りが過ぎていました。

夫が体調を崩し、看病が続き、その過労が原因だったのかなと思います。日本冬虫夏草も意識して飲んでいます。不思議と今年から夫の体調も普通に戻りました。

 

000081-d.jpg

久子さんがミシンだけを用いて作った

かわいい女の子

趣味の裁縫は楽しくて止めることはできませんね。私にとって気分転換になるかけがえのない時間です。

この頃は編みぐるみにも凝っており、様々な動物にトライ中です。また、旅行でリフレッシュすることも忘れていません。仕事から離れて過す時間を大事にしています」

2018年9月21日久子さんのお話より

 

再発無くきれい

 「2月8日に膀胱の検査がありました。とてもきれいな状態で異常無しでした。昨年来、疲れ易くなったという感じはありますが、仕事と趣味、変わらず楽しんでやっています」

2019年2月18日久子さんのお話より

 

【あとがき】
病気になったとき、本人や家族がかかえる不安と動揺ははかり知れません。できることなら静かな気持ちでより良い治療を選択し、原因をつきとめ、生活改善にも取り組んでほしい。そのためには、同じ病気になった人はどのような医療を受け、どのような経緯を辿るのかをよく知ることが前提となるはずです。そのような思いから、自らの経験が役立つのならと貴重な情報を寄せてくださった方々です。特定の治療を推奨したり、特定の治療を否定するものではございません。
体験談の虚偽記載は一切ございません。